稽留流産後に妊娠 不安が希望に変わるまとめ

稽留流産後に妊娠できるかどうか、また出産までたどり着けるのかどうか不安になりますよね。流産の中でも、一番気持ちの整理がつきにくい稽留流産ですが、その後の妊娠は、自分の心身への気配り次第で順調に運ぶことができるんですよ。

view639

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 稽留流産をした・・・これから妊娠ができるの?

  • 掻爬手術を浮けた場合、子宮が綺麗な状態になっているので着床しやすくなるため、「流産後は妊娠しやすい」と考えることができるようです
    出典 :流産後の妊娠【マンガ流産のベイビーライオン】
  • 流産したという事は、無精子症や両側卵管閉塞、全くの無排卵症といった絶対的な不妊原因がないという事です。これは今後の妊娠に向けて明るい材料です
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】Q&A 「流産の後は妊娠しやすい」というのは本当なのでしょうか?
  • 確かに、流産するということは妊娠したことが証明されているわけですから、今後妊娠する可能性は大いにあると考えられますよね。

  • 稽留流産をしたことで「流産を繰り返すのでは」と不安になる人も多いのですが、
    流産したことによって、次回の妊娠から流産の確率が高くなるということはありません
    出典 :稽留流産,繋留流産|子宝ひろば
  •  

    流産は染色体異常などの異常児の出産を防止するために必要な現象で、実際には非常に多くの人が染色体異常児妊娠を経験し、大部分は早期流産であるために気づいていないことが多いのです。

  • たまたま流産と診断されたことで、ショックが大きくなり過ぎてしまうのかもしれませんね。本当は、もっと多くの人が、流産を生理と勘違いしてしまっていると思うと、少し気持ちが楽になりませんか。

  • 稽留流産後の心身のケアが次の妊娠に繋がる!?

  • 稽留流産後の妊娠については、最低2ヶ月はあけましょうという考え方も
    あるのですが、妊娠から出産までの母子の健康を考えると、
    次の妊娠に備えて身体が整うには半年から1年かかるといわれています
    出典 :稽留流産,繋留流産|子宝ひろば
  • 赤ちゃんを受け入れるには準備期間が必要です。体と心を休めるためにも必要な期間です。
    出典 :稽留(けいりゅう)流産
  • 稽留流産したことをきっかけに、積極的に身体を整えれば、次は無事に妊娠・出産できる可能性が高くなる
    出典 :稽留(繋留)流産後の妊娠
  • 子宮がキレイに丈夫になり、よい卵子を作れるようにすることが、次の妊娠に繋がりそうですね。

  • 稽留流産後に妊娠するために・・・

  • 焦らず前向きに、赤ちゃんが育ちやすい身体作りを心がけましょう
    出典 :稽留流産,繋留流産|子宝ひろば
  • 排卵をつかさどるホルモンの働きを良くするため冷え性改善や睡眠やウォーキングなどの 軽い運動をするなど、生活習慣を見直す
    出典 :妊娠しやすく、流産しないための体づくりを
  • 卵巣や子宮は冷えのダメージを受けやすい器官ですので、冷え性を改善する
    ことによって妊娠しやすい体質にしていきましょう
    出典 :冷え性|あなたのための冷え性チェック
  • 子宮組織の代謝が悪くなるもっとも大きな原因は冷え、ストレス、運動不足などに
    よる血行不良と言われています
    出典 :稽留流産,繋留流産|子宝ひろば
  •  

    血流をよくすることは、妊娠の有無だけでなく、心身の健康を良好に保ってくれることに繋がります。脂質の多い食品は控えるようにし、温野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

  • 老化の原因となる 体の酸化を防止してくれる抗酸化作用の強いものを日常的に摂取する
    出典 :妊娠しやすく、流産しないための体づくりを
  • ルイボスティーなど、ノンカフェインで身体によい飲み物を積極的に摂取するのもいいですね。多めの水分摂取は、血流改善にも役立ちますよ。

  • 不安がストレスになり、自律神経が乱れますと、かえって赤ちゃんが出来にくく
    なりますので、自分の身体と赤ちゃんの生命力を信頼しつつ出来る努力をしていきましょう
    出典 :稽留流産,繋留流産|子宝ひろば
  • 少しでも早く身体を回復させる(=少しでも早く生理が来る)には自分自身が精神的に安定することが大切なのだと考え、自分なりに色々と気分転換を図りました。
    出典 :稽留流産後の過ごし方や妊娠について教えてください。 - Yahoo!知恵袋
  • 稽留流産後に妊娠すると、様々な不安が募るのは当然のことですよね。でも、何より大事なのは自分自身の身体と心を正常に保つこと!生活を振り返り、自分自身を安定させることで、自然と妊娠に対する希望と喜びが増えていくのではないでしょうか。