赤ちゃんによく見られる、赤あざの原因は何?

赤ちゃんに赤あざができることは珍しいことではありませんが、どんなことが原因で赤あざができるのでしょうか?
病気のサイン?いずれ消えるの?など、パパやママの不安の種になることは間違いありません。
このような赤あざの原因は、主に5つあります。

view69

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤あざの原因は病気!?

  • 赤ちゃんのあざには、赤あざや青あざだけでなく茶あざ、黒あざ、白あざ、黄あざなど様々なあざがあります。
    あざの色に関わらず、我が子にあざがあったらママにとっては大きな不安要素となってしまいますよね。
    それぞれのあざには違った原因がありますが、赤あざの場合はどんなことが原因と考えられているのでしょうか?

  • 赤あざとは、他の青あざ、黒あざ、茶あざなどとは異なる先天的な「血管腫」による障害です。
    出典 :あざ・打撲の治療法【赤あざの特徴・原因について】
     

    赤ちゃんに赤あざがある場合、それは生まれ持ったあざと言えるでしょう。
    生後すぐに赤あざがある場合もあれば、数日から数ヶ月後に症状が表れる赤あざもあるようです。

  • 血管腫とは血管内皮細胞の異常増殖によって起こる良性腫瘍の事を言います。
    出典 :【痣.com】〜赤あざ・青あざ・病気・治し方〜
     

    この血管腫という病気が、赤あざの原因とされています。
    腫瘍と言っても悪性ではないため、体への影響に関してはそれほど心配する必要はありません。
    しかし、赤あざは目立つことから様々な心配をしてしまいますよね。

  • 赤あざの原因である5つの血管腫

  • このように、赤あざの原因は良性腫瘍である血管腫と言われています。
    血管腫と言っても、いくつかの違った症状があります。
    その症状や発生部位で5つの血管腫に分けられています。
    赤あざの原因となるそれぞれの血管腫の特徴について見ていきましょう。

  • 単純性血管腫
    赤ワインのような鮮やかな色をした血管奇形に分類されるもので、ポートワイン血管腫とも呼ばれています。
    出典 :【痣.com】〜赤あざ・青あざ・病気・治し方〜
     

    単純性血管腫が原因の赤あざは、成長とともに薄くなることがありません。
    つまり、大人になるにつれて赤あざが原因でいじめにあう可能性もあるのです。
    そのため、単純性血管腫が原因ならば何らかの治療が必要になります。

  • 主に顔面や頭部において、隆起しないピンク~深紫色をした斑点が出来ます。
    出典 :【痣.com】〜赤あざ・青あざ・病気・治し方〜
     

    赤ちゃんの顔周辺に赤あざがある場合には、単純性血管腫が原因と考えられます。
    赤あざが出来ている皮膚が盛り上がることは無いようです。

  •  

    こちらが単純性血管腫が原因の赤あざです。

  • サーモンパッチ
    薄いピンク色の斑点が出来る血管奇形で、産卵期の鮭の体表面のような色をしていることからサーモンパッチと呼ばれています。
    出典 :【痣.com】〜赤あざ・青あざ・病気・治し方〜
     

    顔にある赤あざでも、このような特徴がある場合にはサーモンパッチが原因と言えるでしょう。
    赤ちゃんの20%から30%に見られる、先天性の赤あざです。

  • ひたい、みけん、目のまわりなどにできる、境界のはっきりしない赤あざ。色の濃淡には個人差があります。
    出典 :赤ちゃんのあざの基礎知識/青いあざ・赤いあざ | もっと知りたい!妊娠&育児のこと
     

    顔の中でもこれらの部位にできるという特徴もあります。

  •  

    サーモンパッチが原因の赤あざは、体が温まった時に症状が出やすいようです。
    そのため、お風呂に入ると症状が悪化します。
    また、子供の場合興奮状態で泣いている際に体温が高くなります。
    そのため、泣いている時は赤あざがはっきりと表れることがあります。

  • ウンナ母班
    毛細血管が拡張してできるあざで、うなじや後頭部にできるのが特徴。
    出典 :赤ちゃんのあざの基礎知識/青いあざ・赤いあざ | もっと知りたい!妊娠&育児のこと
     

    ウンナ母斑も顔周辺にできる赤あざの1つですが、主にこのような部位にできると言われています。
    髪の毛に隠れて見えづらい位置にできます。

  • サーモンパッチと色や形が似ていますが、サーモンパッチよりも消えにくく、約半数は成人まで残ることもあります。
    出典 :赤ちゃんのあざの基礎知識/青いあざ・赤いあざ | もっと知りたい!妊娠&育児のこと
     

    ウンナ母斑が原因の赤あざは、確実に消えるとは言い切れません。
    しかし、目立たない位置にあるため、治療をしなくてもそれほど支障をきたすことはないようです。

  • 苺(イチゴ)状血管腫
    赤い斑点が隆起する血管腫で、いちごのような形状をすることから苺状血管腫と呼ばれています。
    出典 :【痣.com】〜赤あざ・青あざ・病気・治し方〜
     

    赤ちゃんに見られる赤あざの原因の多くは、この苺状血管腫です。
    赤あざの表面がぷっくりとしていることが苺状血管腫の大きな特徴と言われています。

  • 生後2〜3週間から真っ赤になり、大きく盛り上がってくることも。5〜6才までには自然に治るものがほとんどですが、大きなものは皮膚のたるみやしわが残る場合があります。
    出典 :赤ちゃんのあざの基礎知識/青いあざ・赤いあざ | もっと知りたい!妊娠&育児のこと
     

    苺状血管腫の見た目から、治療を考えるパパ・ママが多いかと思います。
    しかし、苺状血管腫が原因の赤あざは自然治癒が基本なので、子供のうちは特に治療は行わないことが多いようです。

  • 海綿状血管腫
    赤紫~青紫色のあざが体の至る場所で発生する血管奇形で、柔らかくつる状に伸びた盛り上がりを見せます。
    出典 :【痣.com】〜赤あざ・青あざ・病気・治し方〜
     

    海綿状血管腫による赤あざは、赤というより紫に近い色をしているようです。
    このあざの色が大きな特徴と言えます。

  • 稀に脳内に発生することもあり、場所によっては麻痺や言語障害などの障害が生じる場合もあります。
    出典 :【痣.com】〜赤あざ・青あざ・病気・治し方〜
     

    珍しいケースですが、赤あざが原因で脳に障害が残ってしまうようです。
    赤あざが脳内にできるなんて聞いたことがない人も多いのではないでしょうか。

  • 上記にまとめた5つの血管腫が赤あざの原因と言われています。
    赤あざの症状がどの血管腫に当てはまるかによって治療をするかどうかが分かれます。
    そのため、まずは専門医で赤あざの原因を調べることが大切と言えるでしょう。