ほうれい線を消す方法

年齢を重ねるとどうしても気になるほうれい線。ほうれい線が見えるだけで10歳も老けて見える?!
ほうれい線を消して若返りを目指そう!ほうれい線を消す方法についてご紹介していきます。

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ほうれい線の出来る仕組み

  • まずはほうれい線の原因を探っていきましょう。

  • ほうれい線は見た目の若さに直結します。口元で若さを判断する一番のポイントはやはりほうれい線になります。年齢を重ねると徐々に現れてくるほうれい線はどのようにしてできるのでしょうか。

    年齢を重ねる毎に表情筋は細くなってきて顔コリが発生した状態になり皮膚のはりが保てなくなってきます。この状態が長く続くと皮膚は垂れ下がりほうれい線が
    徐々に現れてきます。表情筋を活性化させない限り表情筋の衰えは止まらないため更に細くなりほうれい線はますますこくなります。

    ほうれい線が目立つようになってた表情を見て「私ももう。歳かしら?」なんて思ってしまう女性が多いかと思いますが、ほうれい線とは年齢関係無く、幼少の時期からあるものなのです。ならば少しでも目立たなくしたいものだと考える女性が多いと思います。目立たなくする為にもまずは、ほうれい線の原因を追求する必要がありますね。

    ほうれい線の原因は大きくわけて3つあります。

    失われていくハリと弾力

    赤ちゃんのお肌はタップリの水分を含みプルプルの状態です。段々と年齢を重ねていきますと水分量も減少していきお肌が下がってしまいます。このお肌の水分低下がハリの低下やタルミを生み出します。

    お顔の筋力の衰え

    私たちのお顔の表情を作ってくれるお顔の筋肉は、普段全体の3割程度しか活躍していません。このように、お顔の筋肉は活躍していない筋肉の方が多いとわかりますね。体の筋肉と同じで使用しない筋肉は皮膚を持ち上げる事ができなくなり、その皮膚は下がってしまいます。しかも、活躍しない筋肉を放置しておきますと、再生細胞の働きも低下し老廃物を溜め込んでしまう環境ができてしまいます。

    生まれもってのお顔の作り

    親から譲り受けた骨格や筋肉のつき方が原因です。このようなパターンですと幼少期から、ほうれい線が目立つというお悩みを抱えてしまうケースが多いです。

    上記に挙げたほうれい線の原因以外にも、紫外線や空調などから受ける乾燥や、喫煙。そして「お肌はお顔を映す」というように過度のストレスも関係してくるといわれています。

    このように、ほうれい線の原因を突き止めることができましたので、予防・防止を心がけ、以前のような若々しい表情を取り戻しましょう。
    出典 :ほうれい線ができる仕組み
  • ほうれい線は年齢に関係なくできるものなんですね。若いからと言って油断大敵ですよ!

  • ほうれい線と骨格の関係

  • ほうれい線が目立つ原因は、女性なら是非知りたい話題のひとつですね。

    今では各メディア等で取り上げられてますので、把握されている女性は多いと考えられます。

    その中でも、原因の一つである「骨格が関係している」と言われていることに注目してみましょう。

    なぜ、ほうれい線が目立つと言うことが骨格に関係しているのかと言いますと、骨格の上に筋肉(表情筋)が形成される。ということがあるからです。ですから年齢関係無く若い頃からほうれい線が目立ってしまっている方も多いのではないでしょうか?そのような方は、実年齢より若干老けた印象を与えてしまいますので損した気分ですよね。骨格は親から受け継いだものですからなんとも不公平な感じです。

    しかし、このように、ほうれい線と骨格の密接な関係も理解できると逆に予防の近道も見えやすいですね。

    何よりも骨格、筋肉(表情筋)と重なって表面は皮膚であるということも、念頭に置いていただければ良いかと思います。そのことから、普段から皮膚にハリと潤いを与えることが大事になります。

    食や化粧品などで水分の摂取を欠かさないことです。

    そして、現在では整形などの高額なお金をかけなくても整体で骨格を整えたり、ご自分でできるマッサージなど、ほうれい線の対策に様々なアプローチがありますので色々な方法を試してみてはいかがでしょうか?
    出典 :ほうれい線と骨格の関係
  • ほうれい線と骨格が関係しているなんて!?

  • ほうれい線に効く!お手入れ方法!

  • ほうれい線を消すことは難しいと思われがちですが、毎日のスキンケアで十分効果を出すことができるんですね。あきらめずにまずはお手入れをしてみましょう!

  • ほうれい線は一日二日で消えたり薄くなったりはしません。毎日スキンケアを続けることによって効果があらわれます。

    ほうれい線ができていることに気づいても放っておくと、ほうれい線はどんどん深くなっていきます。ほうれい線を見つけたら、できるだけ早くお顔全体のケアを始めましょう。

    ケアを始めれば、今お顔にあるほうれい線も目立たなくなり、予防にも役立ちます。ほうれい線対策はなるべく早くケアするのがポイントですね。

    ほうれい線の消し方を7つのポイントにまとめてみました。

    マッサージ
    リンパマッサージなど小顔効果のあるマッサージをすることで、フェイスラインを絞り、小顔になるのはもちろん、各リンパ節への刺激で、たるみやシワにも効果的に働きかけ、ほうれい線が目立たなくなるといわれています。

    エクササイズ
    口周りの筋肉を口輪筋といいます。口輪筋を鍛えると頬筋などの表情筋も同時に鍛えられます。ここを鍛えるとほうれい線の予防になるだけでなく、新陳代謝が活発になり肌荒れ・にきびなどのトラブルも起こりにくくなるといわれています。

    紫外線対策
    紫外線はお肌の奥の弾性繊維を破壊するだけでなく、お肌の老化を早めてしまいます。過度の紫外線からお肌を守ることでほうれい線の出にくい若々しい肌を保つことができるといわれています。

    保湿
    肌のハリの低下によって、頬の筋肉を支えきれなくなって垂れ下がり、ほうれい線が生じ、ハリがさらに低下することによって、ほうれい線がはっきりしてくるといわれています。普段からしっかり保湿することが大切です。

    食生活の改善
    ほうれい線が深かったり、お肌の老化が早い人はストレスが多く、悩みやすかったり、栄養のバランスが悪いことが多いといわれています。お肌に良い栄養バランスの整った料理を規則正しく食べることが大切です

    生活習慣の改善
    喫煙はもちろん過度な飲酒の習慣はお肌の大敵です。また、睡眠不足、過度なストレスも同様です。喫煙・飲酒は控えて、睡眠をよくとり、ストレスをため込まず上手に発散することが大切です。

    美肌クリーム
    毎日のほうれい線対策にくわえて美肌クリームを使いましょう。ほうれい線ケア専用の美肌クリームがおすすめです。
    出典 :ほうれい線ケア 7つのポイント
  • ほうれい線に効果的なケア、それは肌のお手入れとマッサージ!両方を行うことでほうれい線を撃退しよう!

  • 次にほうれい線に効くマッサージ方法を動画でご覧ください。

  • たった1分でほうれい線ケア!マッサージ方法をご紹介!

  • 《簡単セルフケア》日常に取り入れてほうれい線を撃退!! - YouTube

  • どのマッサージも手軽に行えそうですね。早速試してみましょう!