幼児が「たんこぶ」を作った時の取るべき行動は?我が子が怪我した時の対応の仕方

幼児が「たんこぶ」を作った時の対処法のご紹介です。額を打った時などにすぐ確認することがあります。優しく頭を触ったり凹んだりしていないかチェックします。強く打って脳内出血や血が広がると状態が悪化する場合があります。

view73

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 幼児が「たんこぶ」を作った時の対処法のご紹介です。

    先日、保育所へ息子を迎えに行くとおデコの真ん中に「たんこぶ」を作っていました。保育所の先生によれば、息子が「ブランコのそばで遊んでいるときに足をつまずかせ、近くの柵でおデコを打ちました。」と。

    幼児のたんこぶについて対応方法は調べていたつもりですが帰宅して調べなおしました。
    頭を打ったときにすぐに泣くのは、まだ良いと思います。怪我をして意識が無くなったり、腫れて血が出たりして、泣かない場合や何も感覚がないと病院へすぐ連れていく必要があります。

  • ◇確認

  • 額を打った時などにすぐ確認することがあります。優しく頭を触ったり凹んだりしていないかチェックします。

    強く打って脳内出血や血が広がると状態が悪化する場合があります。少しの間、休ませ経過を観察するのがよいでしょう。

    保育所で額や頭を打ちたんこぶが出来ていたら、職員室などで経過を見守ります。

  • ◇「たんこぶ」とは

  • 内出血が原因の腫れです。たんこぶの中身は血液やリンパ液などです。
    筋肉などがない頭は毛細血管も多いので外からの衝撃で血が出やすくなっています。
    打撲してアザができるぐらいの怪我で終わる足やなどに比べて頭を打ったときは、皮膚の厚さが違うので腫れやすくなります。

  • ◇対処法

  • 意識もあり凹みも無ければ打った所を冷やします。
    とても冷たくした保冷剤などを軽く患部に当て、すぐに冷やします。
    この時、時間をかけずに瞬時に冷やすようにしましょう。
    冷やすのは痛みを緩和するために行います。

    もし出かけている時にたんこぶを作るとすぐ冷やすことは難しいでしょう。ただ何もしないよりもタオルやハンカチを使って冷やすと効果があります。
    もし切り傷や出血があれば、消毒をして絆創膏などで傷口をふさいだ後に冷やしましょう。

  • ◇経過

  • たんこぶ(内出血)は1~2日後に血液が下の皮膚へと広がっていきます。
    腫れもひいていきます。たんこぶの中身ですが内出血をして血管の外へ出たちは血管に吸収されます。これを「吸収作用」と呼んでいます。

    内出血の量が少しの場合は、血液が少なくなって治る頃にはアザになる場合があります。
    この現象は血液の量が多いと青色などになり、量が少ない場合は緑色などに見えます。
    アザがおりてくれば内出血は良くなります。

    もし少しの出血でも一般的には自然治癒力が働きますが、少しずつ出血の範囲が大きくなる危険性がありますので経過観察を行いましょう。

    まず、おでこや頭を打った時に異常がない場合は大きな心配はありません。
    もし、2~3日後にもう一度確認して異常がなければさらに心配はありません。

    2、3日後に異常があれば脳内出血が悪化している可能性があります。

    血液が膨らんで固まるといつまでも残る危険性もあります。こぶのまわりに線維があらわれ肉「芽種」と呼ばれるものに変わり残ることもあります。

    もし脳障害を起こす危険性があればたんこぶをメスで切り開いて血を抜く場合や注射器で抜く場合もあります。

  • ◇病院へ行く目安

  • 一般的には頭痛、嘔吐などです。

    また声をかけても反応が少ない場合や、頭がボーっとしている場合は手足をつねることをしましょう。もし痛がらない、腕なでの動き鈍い、目の動きが正常ではない、痙攣などがあればすぐに病院へ連れて行きましょう。

  • ◇病院では

  • ◇病院では
    問診・全身の様子を確認・手足の反射の状態・CTスキャンもしくはX線検査などをします。

    頭を打って脳神経外科に行きもし異常が見つからない場合は、それ以上検査を行わないケースよくあります。小さい子供の検査は、動いたりするときちんの検査できないことも少なくありません。

    しっかり検査する場合は全身麻痺を使うこともあります。
    異常がなければ怪我の様子を見守ります。

  • 親子で学ぶケガ・転倒予防教室

     

    たんこぶ防止対策

  • まとめ

  • 幼児のたんこぶの危険性をすこし甘く見ていましたが、息子もたんこぶを作ってから3日目まで様子を観察していました。それから1〜2週間くらい経ちますがアザも回復していますので心配は無いと思っています。