肋骨はひびが入りやすいところ。その肋骨のひび治療はどう行われるのでしょうか?

肋骨は細い骨が連なっているので、ひびが入りやすい箇所。肋骨のひび治療はどのように行われるのでしょうか?入院などの必要は?

view122

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 激しい咳に注意!!それだけで肋骨にひびが入ることも…

  • 肋骨は咳(せき)などちょっとしたことでひびや骨折のしやすい骨だといわれています。
    出典 :肋骨のひび・骨折について
  • 転倒したりすることになどにより胸部を打撲または強く圧迫したときなどに肋骨が骨折したりひび(ヒビ)が入りやすかったりするのですが、咳(せき)をしすぎたり、ゴルフのスイングをしすぎたときなどにも起こることがあります。
    出典 :肋骨のひび・骨折について
  • そのように、肋骨はちょっとしたことでもひびや骨折してしまうそうです!!ゴルフやスポーツだけではなく、咳でもありうるのが恐ろしいですね…。咳がひどい風邪をひいた場合は、肋骨にひびが入らないように、早めに内科を受診しておきましょう!

  • 肋骨にひびが入りやすいのは、その構造にあるようです。

  • 肋骨というのは骨折やヒビの入りやすい骨です。一つ一つは弱い骨が細かく何段にも並べられて心臓や肺を守っています。
    出典 :肋骨の骨折(ヒビ)について・・・肋骨にヒビが入ってるのかな... - Yahoo!知恵袋
  • 肋骨のひび治療の方法は?

  • では、肋骨のひび治療の方法を見ていきましょう。仕事や学校があると、気になるのは入院の有無ですよね…。入院や手術の必要はあるのでしょうか?

  • 肋骨の骨折やひびなどの治療は骨折のずれの程度にあまり関係なく、胸部をばんそうこうやバンドで2~3週ほど幅広く固定する、塗り薬・湿布、痛み止めなどを飲むなどです。
    出典 :肋骨のひび・骨折について
  • 肋骨のひび治療は、ほとんどの場合は入院の必要はなく、通院治療で大丈夫だそうです。
    では、仕事や学校に行ってもOKなのでしょうか!?

  • 安静にするのは、早く癒合させるというよりも、痛みが起きない様にするためです
    痛くない範囲で動いても構いません
    出典 :肋骨にヒビが入ったと診断されましたが安静の必要はないのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
  • 痛みが強くないのであれば、通勤さえ気をつければ仕事に行ってもOK。でも、それはデスクワークのみ。立ち仕事や、重い物を持つお仕事の場合は、思い切って休みをもらいましょう!

  • 症状の程度によっても当然治療期間は異なってきますが、小さなヒビ程度の疲労骨折の場合は、通常2~3週間程度安静にしていると症状は緩和してきます。
    出典 :肋骨疲労骨折の症状【完治までの治療期間】
  • 肋骨のひびや骨折は、1ヶ月かからずに治ることがほとんど。その間は不自由で辛いかもしれませんが、あっという間です。なるべく安静にして過ごしましょう!