あげる前にご一読下さい☆離乳食にヨーグルトをあげる時の注意点まとめ

離乳食にヨーグルトと考えた時、気になるのはアレルギーのこと。
また、たくさんの種類が売られているけれど、どれを選べばいいのでしょうか?
そういった、離乳食にヨーグルトをあげる際の注意点をまとめてみました。離乳食にヨーグルトを始める前に、是非ご一読ください!

view84515

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヨーグルトは、生後いつから与えてもよい?

  • 牛乳アレルギーがなければ、生後5~6ヶ月頃からOK。
    出典 :ベビーダノンについてよくあるご質問| ダノンのヨーグルトサイト
  • ヨーグルトは乳酸菌も豊富なので、赤ちゃんの消化機能をサポートしてくれます。
    ですから、離乳食初期のヨーグルトは、与えても何の問題もありません。
    出典 :離乳食初期のヨーグルトはあげても大丈夫?
  •  

    やはり気になるのは牛乳アレルギーがあるかどうかのようです。牛乳アレルギーがある場合は、ヨーグルトどころか、乳製品すべてダメですもんね…。心配な場合は、早いうちに牛乳アレルギーがあるかどうか調べてあげたら安心ですね!
    無ければ離乳食初期から、ヨーグルトを与えても大丈夫のようです。消化機能をサポートしてくれるのであれば、積極的に食べさせてあげたいですね。
    また、離乳食にヨーグルトは、ママの強い味方なのでぜひとも取り入れたいもの!!

  • でも、一体どれぐらい食べさせていいのかわからないというママも多いのではないでしょうか?ヨーグルトは口あたりが良いですし、赤ちゃんにとって大好きな食べ物です。また、離乳食初期の頃の赤ちゃんは満腹中枢が発達していないので、あげればあげるだけ食べてしまうかも…。

  • プレーンヨーグルトの場合、7ヶ月で50g程度なので、5~6ヶ月頃はこれを超えないぐらいの量が目安です。
    出典 :ベビーダノンについてよくあるご質問| ダノンのヨーグルトサイト
  • とは言っても、グラムを量るのはなかなか大変なことなので、赤ちゃんのうちは4個パックなど、少量がパックになっているものが便利かもしれませんね!

  •  

    ベビーダノンは、赤ちゃんが大好きなベストセラー商品!!赤ちゃんにベストの量で小分けになっていますし、フルーツだけではなく、野菜のピューレがかかっているタイプがあるのも嬉しい!

  • でも、ベビーダノンをはじめとし、このタイプの赤ちゃん用ヨーグルトは、普通のヨーグルトに比べるとお高いのが難点…。普通のプレーンヨーグルトならば、500gでも特売で100円台で売っている時がありますもんね~。

  • 野菜や果物との相性も良く、離乳食に混ぜて使っても良いでしょう。
    出典 :ベビーダノンについてよくあるご質問| ダノンのヨーグルトサイト
  • バナナやいちごなどを細かく刻んで、プレーンヨーグルトをちょっと混ぜてあげてもいいですね!野菜になると、なかなか組み合わせに悩みそうですが、ほうれん草や小松菜など、クセが少ない野菜なら大丈夫そうです。

  •  

    フルーツとヨーグルトの組み合わせは、大人が見てもおいしそうに感じますね~!また、離乳食に慣れてきたら、ヨーグルトのパンがゆもおすすめですよ!

  • そのように、離乳食の強い味方であるヨーグルトですが、もしも牛乳アレルギーじゃなくても、何かしらのアレルギー体質の赤ちゃんは少し注意した方が良さそうです。

  • アレルギー・アトピー体質の可能性がある赤ちゃんや、家系にアレルギーの方がいる場合には、早くても1歳以降をおすすめします。
    出典 :離乳食の進め方のウソ! ホント! (食物アレルギー予防のために…) | アレルギーにやさしい生活をめざして… - 楽天ブログ
  • 離乳食初期はアレルギーが出やすいので、与えすぎには注意が必要です。
    消化器官が十分に発達していないうちに乳製品を与えすぎると、そのせいでアレルギーが出てしまうことがあります。
    出典 :離乳食初期のヨーグルトはあげても大丈夫?
  • 1歳未満の赤ちゃんは、腸の吸収も未熟。そのため、アレルギーが出やすくなってしまうようです。特に、パパやママがアレルギー体質の赤ちゃんは、慎重にあげたいところですね。

  • ですから、ヨーグルトをあげる場合は、離乳食をちょっと手抜きしたいとき、同じメニューが続いてしまうときなどに限定した方がいいかもしれません。
    出典 :離乳食初期のヨーグルトはあげても大丈夫?
  • 最初は平日の昼間にあげてね。

     

    離乳食ではじめての食材を与える時の基本ですが、ヨーグルトも同じく。
    また、最初はアレルギー症状が無かったとしても、たくさん食べることによって出てしまうことがあるようです。
    与えてから赤ちゃんの様子を観察し、なにか症状が出るようであれば、すぐに病院に行くことができる平日の昼間にしましょう!

  • 1歳を過ぎれば、そのような心配はほとんど無くなるかもしれませんね。卒乳すると、カルシウムなどが不足してしまうので、おやつにヨーグルトをあげて補ってあげると良いでしょう!

  • アレルギー以外の注意点3つ

  • 必ず無糖ヨーグルトにして下さい

  • 離乳食初期では、砂糖などをあげるのはよくありません。
    ですから、無糖のプレーンヨーグルトをあげましょう。
    出典 :離乳食初期のヨーグルトはあげても大丈夫?
  • ただ、酸味が強いので、赤ちゃんにとっては食べにくいかもしれません。そんな時は、いちごやりんごを加熱して、ジャム状にしたものを加えてあげるといいですね。また、飲み込みにくそうだったら、ミルクで伸ばしてあげるといいでしょう。
    出典 :離乳食初期のヨーグルトはあげても大丈夫?
  • シンプルな素材でできているヨーグルトを

  • よく3つで100円で売られている、カップにはいったヨーグルトは、
    砂糖も多めですし、「ゼラチン」(豚の脂)、安定剤などほかの色んな添加物も入っているため、控えたほうがよいとの事でした。
    出典 :離乳食 ヨーグルト | 育児のQ&A【OKWave】
  • スーパーで売られているヨーグルトには食品添加物が含まれているものも多いので、購入するときにはシンプルなものを選ぶようにしましょう。生協でも食品メーカーでも、無添加ヨーグルトが販売されていますので、比較検討し、より安心なものをあげたいですね。

  • 冷蔵庫から出してすぐだと冷たいかも

  • 冷蔵庫から出してすぐだと、冷たすぎると感じるかもしれないので、ちょっと時間をおいてからにするといいですね。
    それでも、慣れてくれば、冷たさも気にならなくなりますから、そのままあげて大丈夫です。
    出典 :離乳食初期のヨーグルトはあげても大丈夫?
  • ヨーグルトの温度は、ちょっと盲点ですね~!ほとんどのママは、冷蔵庫から出してそのままあげてしまっているのではないでしょうか!?
    とは言っても、梅雨時や夏場などは短時間でも出して置いておくのは嫌ですよね…。そのあたりはあまりこだわらずに、臨機応変で良いかもしれませんね!