動脈硬化の治療は、病院以外でもできることがあるのでしょうか?

動脈硬化の治療によって、他の病気の予防にもなるので、とても重要です。

view88

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 動脈硬化の治療をするにあたって、家での食生活などにおいて気を付けることとはいったいなんでしょうか?

  • DHAやEPAは摂取すると頭が良くなるという性質が良く知られていますが、血液の流れを改善し生活習慣病を防ぐ性質も併せ持っています。
    出典 :【動脈硬化予防に最適な食事】|食物の見直しで改善しよう!|動脈硬化の全て
     

    青魚などに豊富に含まれている不飽和脂肪酸を積極的に摂取することによって、動脈硬化の改善が期待できるようです。動脈硬化の治療と併用しながらおこないたいですね。

  • 緑黄色野菜に多く含まれているカリウムがとりすぎた塩分排出の役に立ってくれます。
    出典 :動脈硬化改善に野菜の食事 :動脈硬化 予防・改善
     

    動脈硬化の治療において、普段気を付けなければならないことは、塩分の過剰摂取を控えることです。塩分を摂り過ぎてしまっても、摂取してしまった塩分を排出することが大切なのです。

  • 動脈硬化は、どういったことが原因で起こってしまうのでしょうか?

  • 脂質異常症、高血圧、肥満、糖尿病、喫煙などが原因
    出典 :動脈硬化 | 動脈硬化は肥満が原因? : 予防・治療 - セルフドクターネット
     

    動脈硬化の原因は、生活習慣によっておこる場合が多いようです。野菜や青魚を中心とした食生活を続け、タバコをやめられるのであれば、やめたほうがいいでしょう。

  • 動脈硬化の最大の原因は、「高脂血症(脂質異常症)」です。
    出典 :動脈硬化の原因とは?動脈硬化を引き起こす原因について解説〜高齢者の生活習慣病
     

    高脂血症だけではなく、高血圧、糖尿病、肥満、痛風などの病気や、喫煙、食べ過ぎ飲み過ぎによる摂取エネルギーの過剰摂取とコレステロールの過多や動物性脂肪の多い食生活、ストレス、運動不足などの生活習慣、さらに加齢、A型性格、遺伝なども動脈硬化の原因となります。

  • 動脈硬化の治療は、何歳くらいから始める人が多いのでしょうか?

  • 中高年になってからの病気と思われていますが、実は子供の時から注意が必要です。
    出典 :血管年齢と動脈硬化と子供 :動脈硬化 予防・改善
     

    生活習慣病であるため、中高年の人たちに多いと思われがちですが、最近では、子供でもコレステロールが高い子がいるため、子供でも動脈硬化の治療をほどこすことがあるようです。

  • 動脈硬化の症状とは、どんなことが挙げられるのでしょうか?

  • 動脈硬化症とは動脈が肥厚し硬化したり、動脈血管の内膜にコレステロールが蓄積されて血管内腔が狭くなってしまう状態です。
    出典 :動脈硬化症とはどんな病気?:動脈硬化症
     

    血管が狭くなってしまうのを改善するためには、コレステロールが血管の内膜に蓄積されないようにすることが重要のようです。

  • アテローム性動脈硬化症 - YouTube

  • 動脈硬化にも種類があるのでしょうか?

  • 血液中の余分なコレステロール(LDL)が血管の内壁に沈着して、アテロームという黄色いドロドロとした粥状のかたまりができ、血管内腔が狭くなる状態です。
    出典 :動脈硬化症とはどんな病気?:動脈硬化症
     

    アテローム性動脈硬化とは、アテロームというどろどろした塊とコレステロールの影響で起こるもののようです。

  • 血管壁の老化などに伴い、動脈の弾力性がなくなって硬くなる症状。
    出典 :動脈硬化症とはどんな病気?:動脈硬化症
     

    こちらは、細動脈硬化症とよばれている症状ですが、年を重ねることで、動脈に弾力性がなくなってしまうことが原因のようですね。