【スポーツに多いケガ】高見盛関も青山選手も苦しんだ!膝靭帯損傷の治療法

高見盛関やサッカー日本代表青山選手も苦しんだ膝靭帯損傷の治療法についてまとめています。スポーツ選手に多い膝靭帯損傷。もしかしたら膝の痛みの原因かもしれません。膝の痛みにお悩みの方、要チェックです。

view211

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 膝靭帯損傷とは

  • 靭帯に大きな外力が作用すると、部分的にまたは完全に切れてしまうことがあり、これを膝靭帯損傷といいます。
    出典 :膝靭帯損傷の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    膝には合計4本の靭帯が存在しています。

  • 4本の靭帯が膝を支えている

     

    ・内側側副(ないそくそくふく)靭帯
    ・外側側副(がいそくそくふく)靭帯
    ・前(ぜん)十字靭帯
    ・後(こう)十字靭帯
    の4本があります。

  • 靭帯損傷は、靭帯が少し傷んだ程度の軽度のものなら一時的な膝の痛みが見られる程度ですが、靭帯が完全に切れてしまう「靭帯断裂」の場合、断裂時に激しい痛みを伴い、その後、階段の上り下りや正座時などにも痛みを感じます。
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『靭帯損傷(じんたいそんしょう)』について
     

    断裂してしまうと、激しい痛みを伴うようになります・・。

  • 歩行が困難になることも

     

    膝が不安定になり、骨がズレるような感じや、歩行中に突然膝が抜けるような”ひざ折れ・ひざくずれ”などが現れる場合もあります。

  • 高見盛関も・・・

  • 右膝前十字靭帯断裂

     

    振分親方こと高見盛関も、現役時代膝靭帯を損傷、断裂しました。

  • 若の里戦で右膝前十字靭帯断裂という大ケガ
    どうにか治り、再発の恐怖との戦い。本人いわく根が小心者で、体が戻って再び土俵に上がっても、足が震え、立っているのがやっと。とても相撲が取れる状態じゃなかった。
    出典 :ひざの前十字靭帯断裂、損傷したスポーツ選手と芸能人
     

    ケガの深刻さが伺えますね・・。

  • サッカー日本代表、青山選手も

  • 左膝前十字靱帯断裂

     

    ザックJAPANに代表入りした青山選手。青山選手は左ひざの靭帯を損傷、断裂しました。

  • 2年目の2005年5月22日、サテライトリーグ対ヴィッセル神戸戦にて左膝前十字靭帯を断裂、シーズンを棒に振った。
    出典 :青山敏弘 - Wikipedia
     

    シーズンを棒に振ってしまう程、深刻なケガなのです。

  • 膝靭帯損傷はスポーツに多いケガ

  • 野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、ハンドボール、スキー、格闘技など
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『靭帯損傷(じんたいそんしょう)』について
     

    これらのスポーツに膝靭帯損傷が多いとされています。

  • 接触時や急な旋回時に多い

     

    相手と接触したときや急な方向転換をした時に膝に負荷がかかり、靭帯を損傷してしまいます。

  • 膝靭帯損傷の治療法

  • 靭帯損傷の治療は症状の重さに応じて、「手術」と、手術をしない「保存療法」に分けられます。
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『靭帯損傷(じんたいそんしょう)』について
  • 保存療法

     

    損傷が軽度の場合や回復の早い成長期、ケガしてあまり時間の経っていない場合であれば保存療法が用いられます。ギプスやサポーターなどの装具で固定し、安静にしていればほぼ治ります。

  • 手術

     

    靭帯が完全に切れた「靭帯断裂」、複数の靭帯が損傷したり半月板などの周辺組織も損傷しているような「複合損傷」とケガが重症の場合は手術になるケースが多いようです。また保存療法では膝の不安定さがなくならない場合も手術を行うことがあります。