妊娠8ヶ月の便秘は半端じゃない?妊娠後期の便秘とは

妊娠8ヶ月の便秘は誰でもなりやすく、半端じゃないといった声もあります。そんな妊娠後期の便秘について、まとめてみました。

view397

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠後期の便秘は半端じゃない?

  • 妊娠後期は8か月~と定義されていますが、そのころには誰から見ても大きくなり、妊婦さんと分かるようになります。
    出典 :妊娠後期における便秘の原因と解消法!
  • しかしそれに伴い、妊娠後期は非常に便秘になりやすくなります。
    主に妊娠初期と後期がなりやすくなりますが、妊娠後期の便秘は半端じゃないです!
    出典 :妊娠後期における便秘の原因と解消法!
  •  

    今まで便秘にならなかった妊婦さんも、この時期にひどい便秘を経験することが多いようです。

  • 「妊娠中の便秘は仕方ない…」と諦めていませんか??
    妊娠中は確かに誰でも便秘になりやすくなります。しかしその反面、妊娠中の便秘を解消する方法もないわけではないのです。
    出典 :妊婦さんの便秘先生.info〜お通じをドッサリ!ラクラク便秘解消法〜
  • 妊婦さんは妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期と経過と共に妊婦の便秘の原因が変わってきます。
    その原因を知ることで自分に合った便秘解消法を見つけたいものです。
    出典 :妊婦さんの便秘先生.info〜お通じをドッサリ!ラクラク便秘解消法〜
  • 妊娠8ヶ月の便秘の原因とは?

  • 妊娠後期は、初期と中期に比べて運動時間の低下が目立ちます。早産や子宮口の開き具合によっては病院で、絶対安静を指示されることもあります。そうなると運動はできません。
    出典 :妊娠後期の便秘
  • 妊娠後期の便秘の原因とは、以下のものになります。

  • ・お腹の赤ちゃんが腸を圧迫して機能低下。
    ・腹部に力を入れないようにしてしまう。
    ・安静にする時間が増えて運動不足。
    ・鉄剤による便秘。
    出典 :妊娠後期の便秘
  • 赤ちゃんは、妊娠後期で一気に成長します。体重も増えて、足でお腹を蹴ると、ママのお腹の表面がグニッと動くほどです。妊娠初期と違い、体を伸ばさなくてもお腹がパンパンになるほどの大きさです。
    出典 :妊娠後期の便秘
  • 赤ちゃんが大きくなれば、胎のうの上の胃腸は押し上げられます。胃が押し上げられると、ゲップが出るような感覚におちいります。腸が通常の場所から圧迫されると、腸の働きが鈍くなります。
    出典 :妊娠後期の便秘
  •  

    腸が圧迫されて便が溜まりやすくなり、便の水分が抜けてカチカチになることで、酷い便秘になりやすくなってしまいます。

  • 妊娠8ヶ月の便秘対策

  • 便秘を解消するためには、食べ物もとても大切です。
    この時期になるとほとんどのママがつわりは終わっていると思いますので、便秘のことを意識した食事を摂取していきましょう。
    出典 :妊娠後期の便秘で腹痛がひどい!何とかしたい方にお勧めの解消法
  • 妊娠後期の便秘は規則正しい生活とスムーズな排便を促すために、トイレを我慢しないことと便をやわらかくしたり便の材料となる食品を積極的に摂ると共に、オリゴ糖など腸内環境を整えるのに役立つ食品も摂るよう心がけてみましょう。
    出典 :妊婦さんの便秘先生.info〜お通じをドッサリ!ラクラク便秘解消法〜
  •  

    オリゴ糖は、食事や飲み物に入れるだけで簡単に摂取でき、便秘にも効果があります。

  • ★妊娠後期の便秘対策!
    ・朝起き抜けに1杯の水を飲む。
    ・オリゴ糖で腸内環境を整える
    ・水溶性食物繊維を摂取し、結腸を刺激し蠕動運動を促す
    ・ウォーキングなどの適度な運動をする

  •  

    水溶性食物繊維は、妊娠後期の便秘に効果があります。
    リンゴ、ミカン等の果物、芋類、キャベツや大根等の野菜類 、こんぶやわかめなどの海藻類 、大豆やカラス麦等の麦類などに含まれています。

  • その他、豆乳を飲む、スムージーを飲む、便秘用ハーブティーを飲むなど様々な方法がネットで紹介されていますが、自分にあった方法を探してみましょう。
    どうしても自力で便秘解消できない場合は、早めに医師に相談し診断を受けるようにしましょう。

  • 最後に

  • このように妊婦は妊娠経過に伴い便秘になりやすいものです。
    自分に合った方法を見つけて便秘知らずなマタニティーライフを送り元気な赤ちゃんを出産しましょう。
    出典 :妊婦さんの便秘先生.info〜お通じをドッサリ!ラクラク便秘解消法〜
  • また、頑固な便秘で医師が薬の服用を進めてきた場合には、妊娠中だからと過度の心配をしすぎずに薬を服用することも大切です。