膀胱がなくなっちゃうかも?膀胱がん治療のまとめ

もしかしたら膀胱がなくなってしまうこともある!膀胱がん治療をまとめました。膀胱は温存できるのか?また手術は必要となるのか?など疑問点を解消してみて下さい。

view119

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱がん治療のまとめ

  • 膀胱がんは再発しやすいがんのようで、病状によっても治療方法が変わってきます。早期に発見できれば内視鏡で一部取り除く方法もあります。

  • 膀胱がんと診断されても必ずしも膀胱を取らなければならないわけではありません。癌の根が深く、顔つきが悪い場合には、膀胱を取る手術(膀胱全摘除)を視野に入れて治療を検討することになります。
    出典 :膀胱がん - 泌尿器科の疾患と治療:東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 泌尿器科学教室
     

    膀胱がんと診断されても直ぐに取るわけではないようです。

  • まずは内視鏡手術で部分的切除を

     

    最初から膀胱すべて取るのではなく、体に負担が少ない内視鏡で一部だけ取り除き、予後を判断しながら治療が進められます。

  • 表在がんでは,尿道から膀胱鏡を挿入してリング上のワイヤーに高周波電流を流し,病巣部を切除する経尿道的腫瘍切除術(TUR)に,結核ワクチンのBCGを膀胱内に注入するBCG膀胱内注入療法を併用する方法が標準治療となっています。
    出典 :膀胱がん・がん治療
     

    まだ進行が浅いなら、内視鏡のみで治療が可能なことも。

  • 膀胱全摘除術

     

    がんが転移する可能性がある場合では、膀胱をすべて取り除く手術が選択されることもあります。

  • 膀胱およびがんを含むすべてのリンパ節、隣接器官を摘出する手術です。この手術は膀胱がんが筋肉壁に浸潤している場合、または表在性がんが膀胱の大部分に浸潤している場合に行われることがあります。
    出典 :膀胱がん|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)
     

    切除の際には膀胱とその周辺の組織も取り除くことがあるようです。

  • 膀胱がんの予後は?

  • 初発の膀胱がんの約70%はがんが粘膜層にとどまっている表在性がんで,膀胱を全摘出せずに治療することが可能です。
    出典 :膀胱がん・がん治療
     

    早期に発見されれば予後は良いみたいです。

  • 禁煙をしてみる

     

    膀胱がんの予後を良くするためには、リスクを高めるタバコを止めるのも良いとされています。

  • 膀胱がんにかかったあともタバコを吸い続けると再発の危険性が高まり、また悪性度の高い癌へ進行する場合が少なくないとされています。
    出典 :膀胱がん - 泌尿器科の疾患と治療:東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 泌尿器科学教室
     

    膀胱がんと診断されたら禁煙しましょう。

  • ドライクリーニング店

     

    ドライクリーニングで使用される薬剤は膀胱がんリスクを高めてしまいます。

  • 消費者がその影響を受けるかどうかはまだ検証はされていないが、ドライクリーニングは極力避け、代わりに刺激性の少ない石鹸で手洗いし、陰干しにする方法を専門家は推奨している。
    出典 :ガンの7割、生活習慣を変えれば予防可能 - (大紀元)
     

    消費者としては不明ですが、極力避けたほうが良いかもしれません。

  • まとめ

  • 膀胱がんが進行してしまうとすべて摘出してしまうこともあるため、早めの検査や治療が一番でしょう。早期に処置できれば予後はよく、生存率も高いといわれているようです。