意外と知らない人も?出産手当金の申請方法とは?

1年以上継続して勤務している方、妊娠した時にもらえる出産手当金の申請方法は知っているでしょうか?出産手当金の制度を知って、妊娠した際に補助を受けられるようにしておきましょう。

view208

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 1年以上働いている女性が対象?

  • 出産手当金は勤務先の健康保険に1年以上継続して加入している女性で、産休後も仕事に復帰したいと希望している場合、誰でも受けとることができる助成金のことです。
    出典 :出産手当金の手続き - 出産手当金ナビ
  • 産休とは出産休業のことで産前42日・産後56日の休みを指します。一般的に産休中は給料が出ないことがほとんど。産休中の生活を支えるために、勤め先の健康保険から支給されるのが出産手当金です。
    出典 :出産手当金-妊娠出産のお金大辞典-
  •  

    出産手当金がもらえる期間は、最長98日間となります。

  • 産休中に収入がなくなってしまう際に、ある程度カバーしてくれるのが出産手当金です。
    ただし、実際にお金をもらえるのは産後56日経過以降になります。また、産休中は社会保険料の負担も必要になるため、産休中のお金のやりくりを事前に考えておくようにしましょう。
    出典 :出産手当金と 育児休業給付金 [妊娠&出産に役立つお金ガイド] All About
  • 出産手当金は基本的に勤め先の会社で手続きしてくれますので総務課などに相談するとよいでしょう。
    もしも会社で手続きできない場合は、管轄の社会保険事務所から申請書を取得して自分で手続きすることも可能です。
    出典 :出産手当金の手続き - 出産手当金ナビ
  •  

    色々と揃えなければいけない書類が多いため、会社で書類一式をもらうのが良いでしょう。

  • ただし、会社員でも会社の保険が国民健康保険の場合は×。国民健康保険組合の場合はもらえる可能性がありますから、会社の担当者に聞いてみてください。
    出典 :出産手当金-妊娠出産のお金大辞典-
  • 働いているママ達の強い味方でお得な制度「出産手当金」は支給を受けるために適切な手続きが必要ということになっています。
    その適切な手続きについて少し説明しておきます。
    出典 :出産手当金の申請手続き|出産手当や産休の基礎知識
  • 出産手当金の申請方法

  • 出産手当金の支給を受けるためにまず専用の申請用紙が必要になります。産休に入る前に会社か会社を管轄する社会保険事務所からもらうようにしましょう。出産手当金の申請には当然医師の証明が必要になるので入院する際は用紙を忘れずに用意してください。
    出典 :出産手当金の申請手続き|出産手当や産休の基礎知識
  •  

    申請には、「健康保険出産手当金請求書」が必要となります。
    会社または、加入している健康保険組合や社会保険事務所からもらうことができます。

  • 出産後その産院の窓口に問い合わせて用紙の必要事項を担当医に記入してもらいましょう。
    退院するまでには記入してもらえると思います。この時文書料として数千円必要となることがありますから確認してくださいね。
    出典 :出産手当金の申請手続き|出産手当や産休の基礎知識
  • 【申請に必要なその他の書類】
    ・出産予定日について書かれた医師または助産師の意見書
    ・出産したことを証明できるもの
    ・多胎妊娠の場合は、医師の証明書
    ・印鑑
    ・振込先口座
    ・健康保険証

  • 出産手当金の提出する申請用紙には会社が記入する欄があるので会社に持参するか郵送して記入してもらう必要があります。必要事項が全て記入できたら会社の健康保険の窓口か会社管轄の社会保険事務所へ提出する必要があります。
    出典 :出産手当金の申請手続き|出産手当や産休の基礎知識
  • 出産手当金でもらえる金額

  • 出産手当金は、出産日(出産日が予定日より遅れたときは予定日)前42日目(多胎の場合98日目)から、出産日の翌日から56日目までの範囲で会社を休んだ日数分が支給されます。
    出典 :出産手当金の上手なもらい方 [出産・育児費用] All About
  • 日給の60%が日数分産後にまとめて振り込まれます。
    (計算式) 月給÷30=日給(※月給とは総支給額のことを指します)
          日給×2/3×日数分=もらえる額
    出典 :出産手当金-妊娠出産のお金大辞典-
  •  

    出産予定日がずれた場合などには、出産手当金が変わります。

  • 日給の3分の2×休んだ日数分。月給25万円の人なら、およそ57万円。
    出産予定日が前後して産休日数が変わった場合はもらえる金額が変わる。
    出典 :出産手当金と 育児休業給付金 [妊娠&出産に役立つお金ガイド] All About
  • 最後に

  • このページを見て「わたしももらえたのでは?」という人もいるかもしれません。もし、産休開始の翌日から2年以内ならあきらめないで!産休開始の翌日から2年以内なら、出産手当金が全額請求できます。2年たつともらえる金額が98日分から毎日1日分ずつ減っていきますが(98日分の出産手当金を請求できる場合)、請求の権利はあります。
    出典 :出産手当金-妊娠出産のお金大辞典-
  • ただし、2年+98日経過後は残念ながら1円ももらえません。出産手当金をもらえる条件をクリアしていたのにもらい忘れていた人は、会社の健康保険窓口か社会保険事務所へすぐ問い合わせしてみてください。
    出典 :出産手当金-妊娠出産のお金大辞典-