不妊改善に効果のある食事

不妊には生活習慣が大きくかかわっていることは周知の事実ですが、今回は、食事から不妊にアプローチする方法をまとめてみました。

  • lotta 更新日:2014/03/28

view176

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なかなか妊娠しないという方の多くに共通する点が冷えと血行不良です

  • 薬食同源
    出典 :::: 不妊と漢方〜妊娠力アップレシピ☆仙臺薬局 :::
     

    山芋・里芋・ほうれんそう・にら・松の実・レーズン・プルーンなど、体を温める食べ物と、トマト・きゅうり・なす・苦瓜・セロリ・香菜といった、体を冷やす作用のある食べ物があり、自分の体にあった食べ物を食べることは、薬を飲むことと同じくらい大切です

  • 体を温める食べ物を積極的に摂ること

  • 温める食べ物と冷やす食べ物、それぞれに特徴がありますので、覚えておくと便利です。
    出典 :不妊治療,不妊症,冷え性を考える(食事編)
     

    からだを冷やす食べ物の色    紫・青・緑・白
    からだを温める食べ物の色    赤・橙・黄・黒

  • からだを温める食べ物にはこんな特徴があります

     

    *北方の食べ物 
    北方に住む人は、からだを温めようとします。そのため、その地方でとれる食べ物も、からだを温めるものが育ちます。
    *硬い食べ物 
    白くて柔らかいものは冷やす作用がありますが、それとは逆に硬い食べ物は温める性質を持っています。
    *塩の多い食べ物 
    自然塩はからだを温め、新陳代謝を促す性質を持っています。
    ただし、化学塩(精製された食卓塩)は厳禁です。これは薬品と同じで、近頃専門家の間でも、白砂糖、食卓塩の危険性が指摘されています。

  • からだを冷やす食べ物にはこんな特徴があります

     

    *水分が多い 
    水はからだを冷やす作用があります。
    体内に余分な水分がたまり、体外に排泄できない状態を、「水毒」と呼びますが、からだを冷やし、様々な不調を起こします。
    *南方の食べ物 
    南方に住む人は、毎日暑くてしかたがありません。暑さが体力をうばうこともありますので、そこでとれる食べ物は、自然にからだを冷やすようにできているのです。
    *白っぽい食べ物 
    青白い色の外観をした食べ物は、からだを冷やします。
    *柔らかい食べ物 
    パン・バター・マヨネーズのように、柔らかいものは、水分か油を多く含んでいるので、からだを冷やす性質があります。

  • 手を加えて体を冷やさない食べ方をする

  • 冷やす性質のあるものでも、調理や加工の方法で性質が変わるものがあります。

     

    たとえば…塩漬け・発酵・干し物・煮詰めたものなど、ナスや大根、白菜の塩漬けやぬか付け、切干大根、干し柿、トマトピューレ・番茶・ほうじ茶などがそれにあたります。
    また、野菜は生ではなく火を通し、塩味をつけて食べるといいでしょう。生活の知恵ですね。

  • 火をとおして温かくして食べること
    出典 :::: 不妊と漢方〜妊娠力アップレシピ☆仙臺薬局 :::
     

    あたたかいものを食べると、体は温まりますもんね!

  • からだを冷やす白米もひと工夫

     

    「白米はからだを冷やす」といっても、玄米では、手がかかるし、時間もかかる…。という場合は、五穀米や黒米を一緒に炊いたり、ごま塩をかけて食べるのも一つです。
    いろいろ、試してみてはいかがでしょうか。

  • 添加物や精製食品を避けること

  • 化学薬品、化学塩、白砂糖、添加物など、これらのものはからだを冷やします。
    出典 :不妊治療,不妊症,冷え性を考える(食事編)
     

    逆に自然塩はからだを温め、新陳代謝を促す性質を持っています。

  • 不妊症と調理済み食品の関係
    出典 :不妊治療,不妊症,冷え性を考える(食事編)
     

    アメリカのある研究結果です。

    調理済み食品をえさに使った猫と、そうでない猫を3世代に渡って比較しました。
    調理済み食品を使った猫は、2世代目にはすでに異常が現れ、3世代目には生殖機能に異常をきたし、血統が絶えてしまったということです。
    それに比べ、普通の食材をえさに使った猫には異常が現れませんでした。

    更に、生殖機能に異常をきたした生態を元に戻すには4世代かかるのだそうです。

  • 食べる前にひと手間で取り込まない

     

    ・ハム、ソーセージなど
    数秒間お湯に通すだけで、保存料や添加物はかなり落とすことができるそうです。 炒め物をする前も、さっと湯通しした方がよいでしょう。

    ・魚肉、練り製品など
    ちくわ、蒲鉾などの練り製品は、下ゆでしてから使うとよいでしょう。

    ・漬物など
    食品のパッケージ内の水溶液に多く含まれるので、しっかりと洗い流しましょう。 数回水洗いしてから水に5分以上漬け込んで、できるだけ色を落としましょう。

  • 食べてしまったら出せばいい!

     

    <その1>よく噛むこと
    唾液に含まれる「ペルオキシターゼ」という酵素には、添加物の毒性を解毒してくれる働きがあるそうです。

    <その2>食物繊維をたっぷり摂ること
    食物繊維も食物に混ざった添加物やダイオキシンなどの毒物を吸収し排出してくれる働きがあるそうです。インスタント食品やコンビニのお弁当など、調理済み食品は確かに便利ですが、常食は避けて、できるだけ自然の食材から調理するようにしたいものです。

  • 腹八分を心がけること

  • 人間は、栄養状態が悪いと、自分の健康よりむしろ、「子孫だけは絶やすまい」と言う本能が働き、任孕力(にんようりょく)が高まると言う生理的側面があるのです。
    出典 :女性の悩み
     

    逆に、個体の栄養過剰は、任孕・生殖力を低下させます。
    アフリカや東南アジア、中南米などの発展途上国では、子供が大勢いるが、逆に、欧米先進国や日本では、不妊症に悩む夫婦が多いのです。

  • 草食動物は子供の数が多く、肉食動物は子供が少ないようです。この点から考えても、穀菜類の和食を中心に、良く噛んで腹八分に食べることが、不妊症を改善する前提のようです。
    出典 :女性の悩み