歯ぎしりの治し方を紹介

歯ぎしりは寝てる時に無意識に行ってしまうもの
ですがそれが長期に続くと歯や歯茎に重大な損傷を与えてしまう事もあるのです
歯ぎしりの治し方はあるのでしょうか?

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯軋り(歯ぎしり、ブラキシズム)とは?

  • 歯軋りとは、上下の歯をギリギリとすり合わせたり、グッと食いしばったりすることを言い、専門用語では「ブラキシズム」と呼ばれます。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
  • 歯軋り」と言われる行為は、専門的には以下の3つに大別されます。

     

    1.グラインディング
    「ギリギリ」と歯を擦り合わせる歯軋り。
    一般的に歯ぎしりと呼ばれているのは、主にこのタイプです。

    2.クレンチング
    「ググッ」と上下の歯を強く噛み合わせる歯軋り。
    音が出ないので気づかないことも多いですが、これも歯ぎしりの一種です。

    3.タッピング
    「カチカチッ」と歯を打ち鳴らす歯軋り。
    歯ぎしりの中ではまれなタイプです。

  • 歯軋りは、ストレスを解消するために行われていると考えられています。そのため、歯ぎしりの最大の原因はストレスだという説が現在最も有力です。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
  • 噛み合わせが原因で歯軋りが起こるという話もよく耳にしますが、かみ合わせが歯軋りの原因だという科学的根拠(エビデンス)は無く、現在ではかみ合わせと歯軋りの関連性はほぼ否定されています。また、歯ぎしりは子供にもよく見られますが、これは歯の生えかわりや骨の発育に必要なものであり、ほとんどの場合自然に治ります。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
  • 歯ぎしり&食いしばりが歯に与える悪影響

  • 普段の食事で咀嚼する際に上下の歯にかかる力はそれほど強くありません。しかし、睡眠中の歯ぎしりや、食いしばり時に歯にかかる負担は相当なものです。その結果、上下の歯がすり減って形状が変化してしまうことや、歯の表面のエナメル質が破壊されて知覚過敏になってしまうといったことが起きてしまいます。
    出典 :歯ぎしり&食いしばり治療について | 顎関節症&噛み合わせ治療オーク銀座歯科クリニック監修サイト
     

    睡眠中の歯ぎしりの力はものすごく強いのです

  • 歯ぎしりや食いしばりの負担は、直接こすり合わさっている歯のみならず、歯周組織にも影響を与えてしまいます。
    出典 :歯ぎしり&食いしばり治療について | 顎関節症&噛み合わせ治療オーク銀座歯科クリニック監修サイト
     

    長期的な睡眠中の歯ぎしりは歯茎にとても負担をかけるのです

  • 通常、歯茎は歯周病菌が繁殖しにくい環境になっていますが、歯ぎしりや食いしばりによって血液循環が悪くなったり、血管網が破壊されたりすることによって歯茎が退縮したり、より重症化すると歯周病菌が局所的に繁殖するようになり歯周病が悪化することもあります。
    出典 :歯ぎしり&食いしばり治療について | 顎関節症&噛み合わせ治療オーク銀座歯科クリニック監修サイト
  • 歯軋りの問題点

     

    ・肩こり、偏頭痛、アゴの疲れ、目の奥の痛みなどの原因となることがある。
    ・歯が削れたり、割れたりすることがある。
    ・歯科治療で入れたセラミックなどのクラウン(被せ物)が割れることがある。
    ・歯周病が進行しやすくなる可能性がある。
    ・顎関節症が悪化する可能性がある。
    ・横で寝ている人の迷惑になることがある。
    ・睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている。

  • 歯ぎしりの治し方で有効なのはマウスピース

  • 歯ぎしりの治療にマウスピースが必要な理由は幾つかあります。ご想像の通り、歯ぎしりは歯にかなりの負担をかけます。通常人間の歯は、リラックスした状態の時は噛みあわされていません。ところが歯ぎしりの場合は寝ている間、つまりリラックスしている時も歯が噛みあわさった状態になっています。
    出典 :歯ぎしり治療を行なうためのマウスピースと意識改善 | iGotit
  • そのため、歯のすり減りが早く、歯が割れてしまうこともあるのです。マウスピースはこのようなことにならないように歯を守ってくれます。
    出典 :歯ぎしり治療を行なうためのマウスピースと意識改善 | iGotit
  • また他にも歯ぎしりが原因で歯の付け根にくぼみができてしまったり、虫歯は無いはずなのに歯がしみるようになったり、虫歯治療の時に詰めた詰め物が割れてしまう、などの症状がみられる場合があります。このようなことを防ぐためにも、マウスピースによる治療が必要となるのです。
    出典 :歯ぎしり治療を行なうためのマウスピースと意識改善 | iGotit
  • 歯ぎしりはストレスが原因で起こります。ですから歯ぎしりは、常に体が緊張しているという証拠です。マウスピースは装着した人に安心感を持たせ、ストレス軽減になると言われています。歯ぎしり治療にマウスピースを使う理由には精神面を安定させるという目的もあるようです。
    出典 :歯ぎしり治療を行なうためのマウスピースと意識改善 | iGotit
  • 歯ぎしりをしているかチェックする方法

  • 普通に口を閉じた時に、上下の歯が触れていないなら正常な状態です。逆に上下の歯が触れてしまっているのであれば、歯ぎしりの傾向があるのかもしれません。頻繁に自分で確かめてみましょう。
    出典 :歯ぎしり治療を行なうためのマウスピースと意識改善 | iGotit
  • パソコンなどを操作して集中している時、通勤で電車や車に乗っている時、掃除や包丁を使って料理している時、読書やゲームをしている時、ゴルフや野球などのスポーツをしている時に歯が上下触れ合っていないかをチェックしてみましょう。
    出典 :歯ぎしり治療を行なうためのマウスピースと意識改善 | iGotit
  •  

    もし常に歯をかみしめている傾向があるのであれば、それは歯ぎしりの原因となります。なるべく早くマウスピースなどの治療を始めると良いでしょう。