歯ぎしりの治し方を紹介

view240

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯ぎしりは寝てる時に無意識に行ってしまうもの
    ですがそれが長期に続くと歯や歯茎に重大な損傷を与えてしまう事もあるのです
    歯ぎしりの治し方はあるのでしょうか?

  • 歯軋り(歯ぎしり、ブラキシズム)とは?

  •  
  • 歯軋り」と言われる行為は、専門的には以下の3つに大別されます。

     
     

    1.グラインディング
    「ギリギリ」と歯を擦り合わせる歯軋り。
    一般的に歯ぎしりと呼ばれているのは、主にこのタイプです。

    2.クレンチング
    「ググッ」と上下の歯を強く噛み合わせる歯軋り。
    音が出ないので気づかないことも多いですが、これも歯ぎしりの一種です。

    3.タッピング
    「カチカチッ」と歯を打ち鳴らす歯軋り。
    歯ぎしりの中ではまれなタイプです。

  •  
  •  
  • 歯ぎしり&食いしばりが歯に与える悪影響

  •  
     

    睡眠中の歯ぎしりの力はものすごく強いのです

  •  
     

    長期的な睡眠中の歯ぎしりは歯茎にとても負担をかけるのです

  •  
  • 歯軋りの問題点

     
     

    ・肩こり、偏頭痛、アゴの疲れ、目の奥の痛みなどの原因となることがある。
    ・歯が削れたり、割れたりすることがある。
    ・歯科治療で入れたセラミックなどのクラウン(被せ物)が割れることがある。
    ・歯周病が進行しやすくなる可能性がある。
    ・顎関節症が悪化する可能性がある。
    ・横で寝ている人の迷惑になることがある。
    ・睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている。

  • 歯ぎしりの治し方で有効なのはマウスピース

  •  
  •  
  •  
  •  
  • 歯ぎしりをしているかチェックする方法

  •  
  •  
  •  
     

    もし常に歯をかみしめている傾向があるのであれば、それは歯ぎしりの原因となります。なるべく早くマウスピースなどの治療を始めると良いでしょう。