やめた方がいいよ・・・その「太りやすい」食べ方。

やめた方がいいよ・・・その「太りやすい」食べ方。

美味しくからつい食べちゃう・・・
食べ方も特に考えてない・・・
そんな女子は多いはず。

でも、その「食べ方」が太る原因なのかもしれません。
自分ではなかなか気付かないその危険な「食べ方」
まとめてみました♪

view180

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「よく噛んでゆっくり食べなさい」

  •  

    誰もがお母さんに言われたことがあるであろうこのセリフ。実はこの食べ方は、太りにくい食べ方でもあるのです。逆に、太る食べ方は、「ながら早食い」。テレビを見ながら、仕事をしながら、など食事に意識をあまり向けずに一気に早食い、という食べ方はまさに太る食べ方で、「早食いは太る」という世間一般の常識は、本当なのです。

    引用)http://microdiet.net/diet/000106.html

  • むぅ~・・・ゆっくり食べてるかどうかなんて、なかなか自分では・・・アナタはどうですか?

  • 「満腹になった」という信号が脳に届くのは、食べ始めて15分~20分後と言われています。この信号が届く時間には個人差があって、太りやすい人は信号が届くまでに普通より長い時間がかかるそうです。これにより、早食いすると、つい量を食べ過ぎてしまうというのがこれまでの定説。確かにそれも事実なのですが、早食いの人が太りやすいのは、それだけが原因ではありません。早食いで一気に食べてしまうと、その分、血糖値が急激に上昇します。すると、血糖値の上昇を抑えるためにすい臓からインスリンが分泌されます。インスリンには脂肪を作り、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、過剰に分泌されすぎると肥満の原因ともなってしまいます。よって、早食いはただ単に食べ過ぎてしまうというだけではなく、その行為そのものが肥満の要因になるとも言えるのです。
    出典 :太る食べ方と太らない食べ方の違いは? - マイクロダイエットネット(microdiet.net) -
     

    早食いが肥満の原因になる理由がここに・・・!

  • 「3食きっちり規則的に食べなければ、健康によくない」という「健康志向食べ」

  •  

    健康志向の強い方や、栄養学的IQの高い人によく見られる食べ方です。3食きっちり決まった時間に、栄養バランスのとれた食事を食べないといけないと信じこんでいるため、お腹がさほどすいていなくても、頭で考えて無理に「きっちり」食べてしまうのです。カロリー計算までしっかりできる人はいいのですが、ほとんどの人が「きっちり食べている」つもりが空腹感を無視して食べているため「カロリーオーバーな食事」になってしまっています。そして、そのオーバー分がじわじわと脂肪と化して体に蓄積していっているのです。

    引用)http://joshi-spa.jp/89119

  • お~っと・・・これは女子にありがちなパターン!どうですか?思い当たるフシは?

  • 食後のデザートが・・・楽しみ!

     

    それも太る原因かも?

  • デザートを食後に食べていませんか?1日の疲れを癒すのにデザートがないと物足りないこともあるでしょう。ですが、ケーキ・クッキーなどのバターを使うお菓子は高カロリーで高脂肪の太るデザートです。そんなデザートを脂肪がたまりやすい夜に食べれば、太るのも当然なのです。しかも、高脂肪の食べ物は胃が消化をするのが大変で時間がかかります。すると、あなたが眠る時間になっても胃は消化が終わらずに働かなければなりません。眠る時間に胃腸が休まらないと質のよい眠りができなくなり、疲労感がとれないのです。あなたの体をきちんと休めて疲労回復をするためにも夜のデザートは控えましょう^^
    出典 :太る夕食の食べ方:女性のための体の不調・婦人科の病気を撃退!体質改善☆保健室
     

    口は美味しくても、胃腸が困っちゃうんですね・・・グスン。

  • 太りやすい食べ物にも注意してみる

  • 太りやすい食べ物の特徴を考えて見ましょう。太りやすい食べ物は、当然のことながら、カロリーの高い食べ物です。それでは、カロリーが高い食べ物はどのようなものを指すのか考えてみましょう。まず、1つめに「少量でカロリーが高いもの」。これは「油脂類」があげられます。人間のエネルギー源になる三大栄養素は、炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質(油脂類)が知られています。炭水化物とたんぱく質は1gあたり4kcalのエネルギーを作り出すことができるといわれていますが、脂質は1gにつき9kcalのエネルギーを作り出すことができるといわれています。そのため、油脂類は炭水化物や炭水化物よりも、少量でもカロリーが高くなります。油脂類はバター、マーガリン、サラダ油、ごま油、オリーブオイルなどさまざまな種類がありますが、油脂の性質が違うため、健康に対する影響はさまざまありますが、作り出すエネルギー量はすべて同じ9kcalです。カロリーの面から見ると、どの油が優れていて、どの油は体に悪いということは言えないのです。
    出典 :覚えておきたい! 太りやすい食べ物とタイミング [肥満・メタボリックシンドローム] All About
     

    油脂類の取り過ぎに注意!

  • 「とても美味しそうだから」「珍しいから」「上等な食べ物だから」今食べとかなきゃ!

  • という「目で見て食べ」グルメの人や食い意地の張っている人に多い食べ方。「この料理は絶品だから食べておかないともったいない」「滅多に食べられない高級料理だから、無理してでも食べておかないと!」「すごく美味しそうな菓子だから、どんな味か食べてみたい」などと、視覚による誘惑や食い意地によって食べてしまいます。お腹がすいていようがいまいが、おかまいなしに胃袋に入れてしまうのです。その結果、余剰なカロリーはどんどん脂肪に化けて体にしつこくへばりつくことになるのです。
    出典 :【太りやすい食べ方・トップ5】健康志向もグルメも危ない | 女子SPA!
     

    これも女子には良くあるケース!でも・・・許して欲しい気も(苦笑)

  • その他、イライラしたり口寂しいからって色々自分で気付かないうちにつまんでいたり・・・そんなことも太る原因です!あなたも自分の「食べ方」を見直してみませんか?