特に疲れやすい人は注意!【筋無力症】その症状と治療法

風邪、過労、ストレス、禁忌薬などにより悪化するため注意が必要な【筋無力症】。
重症化すると難病なため、早期治療が鍵となる。

view274

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 筋無力症ってどんな病気か?原因は?

  • 筋肉と神経のつながりの部分に異常が生じ(神経筋接合部異常)、筋肉の力が弱くなって疲れやすくなる病気です。疲れると症状が悪化し、休息すると症状が改善します。
     さまざまな症状が現れますが、症状が眼だけの場合を眼筋型(がんきんがた)無力症と呼び、全身に現れる場合を全身型筋無力症と呼びます。
    出典 :筋無力症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 主に疲労などが原因だが、詳しい原因は不明とされている。
    神経の末端で筋肉に接合する部分(神経筋接合部)の伝達不良によって筋力低下が起こるメカニズムが明らかにされています。

  • 症状の現れ方と治療法

  • 筋無力症では、最初に外眼筋が障害されやすいので、60~70%の人が眼瞼下垂がんけんかすい(まぶたがたれる)、複視ふくし(物が2つに見える)、眼筋麻痺がんきんまひ、斜視しゃし(左右の眼の焦点が合わない)といった眼の症状で発症します。90%以上の人に眼の症状が現れます。眼の症状だけの眼筋型無力症は20~30%ほどです。
    出典 :筋無力症| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 一般的な治療法

  • まず、血液検査などによって筋無力症であることを確定診断してください。治療は、抗コリンエステラーゼ薬の内服を第一選択として、効果がなければステロイド薬を用います。まひ性斜視に対しては薬物療法を行い、効果がなければ手術による矯正を行います。
    出典 :眼筋型筋無力症の疑い… 治療法は?
  • 瞼が垂れ下がる眼瞼下垂(がんけんかすい)。

  • 眼瞼下垂(がんけんかすい)

     

    先天性と、コンタクトや加齢、眼筋疾患による後天性がある。

  • 視界が制限され、無意識に眉毛を挙上して瞼を開こうとするため、あるいは顎を挙上するため、頭痛や肩こり、猫背から腰痛、まぶたを開ける筋肉に過度な負担がかかるため眼精疲労を併発することがある。

    眼筋疾患による眼瞼下垂は、筋肉疲労により症状が出現し、休息により回復するのが特徴。
    出典 :眼瞼下垂 - Wikipedia
  • 治療法は、原因である挙筋腱膜のズレを修復する手術が一般的です。まぶたの外側から切開するもの、内側から行うものなど種類はさまざまですが、最近では切らない手術(まぶたの内側から糸で修復する)もある
    出典 :後天性眼瞼下垂の特徴と治療法
     

    休息すると一時期回復するものの、治療は手術が一般的らしい

  • ものが二重に見える複視(ふくし)。

  • 複視(ふくし)-ものが二重に見える

  • 両目で見たときに物が二重に見え、片方の目で見たときにはひとつに見える(両眼複視。双眼複視とも言う)。 時に片目だけのときに二重に見えることがある(単眼複視。片眼複視とも言う)。 症状が一日中ずっと出現している場合と一日の中で疲労により出現し、休息により軽減または消失する(日内変動・月内変動)。
    出典 :複視 - Wikipedia
  • 両目が同じ方向を向いていない状態、斜視(しゃし)

  • 斜視(しゃし)

  • 「両眼が同じ方向を向いていない状態が常時続いている状態」、ないしは、「両眼が同じ方向を向いていることもあるが、時に自分の意思に反して同じ方向にならなくなる状態」を「斜視」と呼んでいます。
    出典 :斜視とは…斜視の原因・治療・手術 [目の病気] All About