過睡眠の原因について

過眠症というのは実際には睡眠覚醒障害の症状の一つだと考えられています。やたら長い時間の睡眠を取るようになったり居眠りが頻発する場合には要注意です。

  • rinko 更新日:2014/03/25

view77

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過睡眠とはなに?

  • 睡眠の悩みの中で、中々寝られないという不眠症に関するような悩みの他に、やたら眠たくてなって仕方がないというものもあります。単に疲れているという場合も多いのですが、そのような症状は、もしかしたら過眠症と言われる病気かもしれません。
    出典 :過眠症チェック
     

    睡眠時間を取っているのにまだ眠い・・まだ眠り足りないという場合には気を付けたほうが良いサインかもしれません。

  •  

    仕事中に眠ってしまうなど社会的に批判されてしまうことになってしまいます。

  • 夜間十分な睡眠を摂っているにも関わらず、少なくとも1ヶ月以上に渡って日中に耐え難い眠気が生じる状態です。その眠気のために、社会生活、学校生活に支障を生じていれば過眠症の可能性があります。また、眠気を自覚していなくても、仕事中や授業中に(気付かないうちに)眠りに落ちているという状態も同様に過眠症の可能性があります。
    出典 :過眠症|港区新橋 新橋スリープ・メンタルクリニック 心療内科 精神科  睡眠障害
     

    基本的に睡眠時間をきちんと確保できているのかそうでないのかを見極めて異常を認識するべきだと思います。

  •  

    眠気が継続している場合には本腰を入れて治療を選択することも考え始めるタイミングだと思います。

  • 過睡眠の原因は?

  • ・鬱病などの精神疾患・脳に関する障害・過剰な日常のストレス・不規則な生活習慣・睡眠薬の副作用
    ・アルコールの過剰摂取・肥満
    出典 :睡眠時間が長い人の主な3つのタイプと対処方法 | iGotit
     

    これらが過睡眠の原因になってしまいます。思い当る場合には気を付けた方がよいです。

  •  

    不規則な生活は精神まで蝕みます。そして睡眠の質を下げてしまうのです。

  • 不眠であるために、夜、十分な眠りを得ることができない、あるいは睡眠の質が低下してしまい、昼間、強い眠気に襲われ寝てしまうということがあります。この場合は、不眠が原因となっている過眠ということになります。また、日中の強い眠気に耐えられず昼寝をとってしまい、そのため、夜の良質の眠りが妨げられるということにもなります。
    出典 :過眠症の種類
     

    不眠という状態を長く続けていることで体調面にも影響が及びます。専門医の診察を受けましょう。過睡眠と不眠は背中合わせです。

  •  

    睡眠障害を引き起こしている可能性がある場合には少しでも早く普通の睡眠を取り戻すことに努力をしましょう。

  • 過睡眠の改善について

  • 睡眠障害としての過眠症が身体的・精神的な疾患が原因の場合には治療をすることとなります。睡眠障害として過眠症の治療を受ける場合には、多くの場合には病院での薬物治療が中心となります。精神的な疾患の場合には、どうしても医師による薬物の治療を受けて過眠症及び睡眠障害の原因となっている病気の原因の治療をすることが必要となります。
    出典 :安易に見逃すことができない睡眠障害の症状としての過眠症 | iGotit
     

    気長に向き合う症状だと思います。まずは適切な診断を仰ぐことから始めるべきです。

  •  

    一つでも当てはまる場合にはこれからのためにも治療を考えてください。

  • 遺伝的な体質と、精神的ストレスなどが重なると起きやすいようです。また、身体的ストレス、たとえば、睡眠不足が長く続いたとき、手術後、頭部に外傷を受けた時などの直後に発症することがあります。体内リズムを整えて、質の良い深い睡眠を取ることが大切です。もし、発作的眠けや、情動脱力発作が続くようであれば、睡眠外来を受診することをお薦めします。
    出典 :過眠症という睡眠障害もある :睡眠障害の種類と症状
     

    最近では睡眠外来も増えて来ています。躊躇せずに自分のために受診してください。