真面目・几帳面・頑張りやさんは特に多い!誰でもかかりうる現代病【仮面うつ病】

仮面うつ病は誰でもかかりうる病気です。現代社会人に多いうつ病の一つです。
一般的なうつ病と違い、身体症状が強く出ます。
多くの場合、本人も家族も気づかないうちににかかっているそうです。
本人は辛抱強くて、自分からなかなか助けのサインを出さないため、家族や職場など周囲の人は察することができません。

view547

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 仮面うつ病とは

  • うつ病でありながら、身体の症状が全面に出てくるため、精神症状がマスク(仮面)されているという意味で、「仮面うつ病」と呼ばれています。
    出典 :仮面うつ病
  • 仮面うつ病になりやすい人

  • 責任感の強いまじめな人間

  • 几帳面な気配り人間

     

    メランコリー親和型性格ともよばれる

  • こうした性格の人は、いつも秩序を重んじ仕事を完璧にこなして、周りの期待に応えようとします。人間関係では他人に献身的に尽くし、自己への要求水準が高いため、たえず自分の至らなさを責め、ささいな失敗にも罪悪感を抱きやすいのです。不完全な結果が出たときには、ひどく落ち込み「自分は駄目な人間だ」と責めるようになってしまいます。
    出典 :仮面うつ病になりやすい人
  • 本人の社会的地位の変化や子どもの受験などが同時にやってくる中高年世代では、誰がかかってもおかしくない

  • 過剰なストレスや急激な環境変化などが原因といわれています。しかも、悪条件がいくつか重なったときに発症します
    出典 :仮面うつ病になりやすい人
  • ホルモンのバランスの不安定な更年期の女性も仮面うつ病にかかりやすい

     

    そのほか頑張りやさんの学生や、猛烈サラリーマンタイプも多いようです。

  • 仮面うつ病の症状

  • 朝起きられない...

     

    外出したくない、人に会いたくない、ボーッと閉じこもって何もしない、出社しない、登校しないなども特徴です

  • 便秘や食欲不振などの消化器症状、頭痛・めまいなどの神経症状、身体各部の慢性的な痛みなどの身体症状を訴え、うつ症状についてはあまり訴えません。

    睡眠障害、寝付きが悪い、朝早く目覚める、眠りが浅い、食欲低下、性欲低下、だるい、下痢、便秘、腹痛、頭痛、筋肉痛、四肢痛、肩こり、しびれ、めまい、動悸、発汗、口のかわき、胸やけ、息苦しさ、胸の圧迫感、熱感、目のつかれ、食べ物の味がしない、頻尿など多彩な症状がみられます。最近では、「過食むやみに食べてしまう」タイプがみられます。
    出典 :仮面うつ病
  • 軽いうちは、本人は、会社ではがんばって症状を見せないようにします。しかし、家では、たとえば朝起きられないとか、出勤がつらいとか、比較的早く症状をあらわす人が多いのです。
    出典 :うつ病の治療 心療内科 光洋クリニック
  • 精神症状を自覚しないため、患者のほとんどは身体症状に応じて一般診療科を受診しますが、検査をしても異常は発見されず、心配なしと診断される場合が少なくおりません。



    また、自律神経失調症、神経症、不定愁訴、更年期障害などと診断されるケースもみられます。いくら内科的な治療をしても症状が改善されないときは、仮面うつ病の可能性を考慮することも必要です。
    出典 :仮面うつ病とは
  • 原因が分からない体調不良が続くのでしたら、【仮面うつ】を疑ってみましょう。

     

    心療内科や精神科に受診することをおすすめします。