妊娠中の電磁波の影響で遺伝子が損傷を受けるというデータもあります。

妊娠中の電磁波の影響ははっきりしていないものの、大人では修復可能でも胎児や赤ちゃんなどは遺伝子が傷つけられるために避けたほうが良いと言われています。欧米では日本より気を使っていることも含めてまとめています。

view480

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の電磁波の影響は?

  • 電磁波問題は、身体にどう有害なのかといったメカニズムがまだ解明されていないため、なかなか社会全体に認知されていません。
    出典 :妊娠と電磁波:babycom エコロジー
     

    確かに社会に広くは浸透していないですよね。

  • 私たちは、OA機器、テレビ、ラジオ、電子レンジ、携帯電話、パソコンなど、電磁波を出す製品に囲まれて生活しています。
    これらの製品が与える人体への影響については、確固たる情報がないというのが現状です。
    出典 :ママにやさしい情報
  • 携帯電話やPHSの電磁波が与える人体への影響の指標となる基準として「SAR値※」と呼ばれる数値があります。日本では携帯電話のSARの許容値は「2.0W/kg」です。この値は国内で販売される全ての携帯電話やPHSが数値をクリアしていますが、携帯電話・PHS事業者及び機種により数値が異なりますPHSは携帯電話に比べてこのSAR値が低いことが特徴で、病院などで利用される理由のひとつとなっています。
    出典 :ママにやさしい情報
     

    だから医療現場ではPHSなんですね。

  • 少しでも電磁波を低く!

  • 大人はOKで胎児をはじめ子供が×な訳!

  • 成人では細胞分裂の周期が長いため、この修復できない期間の割合は小さく、大部分のDNAの損傷は修復され、 成人はほぼ安全とされています。しかし細胞分裂が活発な胎児や乳児は、修復できない期間の割合が増えるので、DNAが修復されず遺伝子に障害が残る確率が増えます。
    出典 :アイピピの原理*妊婦や赤ちゃんが浴びる携帯電話の電磁波を、アンテナで除去します
     

    病院などではいち早くPHSなどにしているのですからもっと電磁波に対する認識が広がって欲しいですね。

  • 携帯電話やスマート フォンの電磁波(電波)は体内で活性酸素を発生して遺伝子を損傷します。赤ちゃんの将来における健康リスクを避けるため、フランス、イギリス、ロシア、アメリカの政府、公的機関は妊娠中は携帯電話を使わない、あるいは腹部に電磁波(電波)を浴びないように、また、16歳以下の小児の携帯電話使用も控えるように、と勧告しています。
    出典 :アイピピの原理*妊婦や赤ちゃんが浴びる携帯電話の電磁波を、アンテナで除去します
     

    電磁波は遺伝子を損傷するんですか。

  • 胎児の遺伝子障害は、生まれてくる赤ちゃんの先天奇形やガンの確率を増やします。胎児や赤ちゃんのように細胞分裂が活発な時は、遺伝子損傷が障害の発生原因となり易い、と言うことが100年以上も前からエックス線の防護の観点から知られています。
    出典 :アイピピの原理*妊婦や赤ちゃんが浴びる携帯電話の電磁波を、アンテナで除去します
  • 妊婦さんは携帯電話を極力使わないようにして、使うにしてもお腹のあたりに電磁波が当たるようなことは避けた方が無難だと思います。あとは夫や両親などの身近な人たちにも理解してもらうことも大切だと思いますよ」
    出典 :妊娠と電磁波:babycom エコロジー
  • 職場では中々言いづらいけど・・・

  • 病院によっては電磁波過敏症の診断書を出したり、妊婦に電磁波を避けるように指導するところもありますからね。そういったことを職場に伝えてみることもいいかも。
    出典 :妊娠と電磁波:babycom エコロジー
  • 電磁波をカットするメガネもありますね。

  • 電磁波や化学物質等の環境リスクに対して、もっとも敏感で影響を受けやすい存在が、妊婦さんや胎児です。
    出典 :妊娠と電磁波:babycom エコロジー
     

    情報がないと中々理解してもらえないものですがお腹の赤ちゃんのために周りにも協力して欲しいですね。