サメ肌ってどんな肌のこと?。治療は出来るの?。

サメ肌って、聞いたことはあるけれど、どんな肌の症状を指して言うのでしょう?。サメ肌とアトピー性皮膚炎は、違うものなのでしょうか?。また、サメ肌の治療はできるのでしょうか?。できるとしたら、どんな治療方法があるのでしょうか?。気になるサメ肌についてのまとめです。

view100705

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、サメ肌っどんな肌の症状なの?。

  • サメ肌の症状。

     

    サメ肌というのは、アトピー性皮膚炎とよく似た肌症状であることが多く、鳥肌のように毛穴が隆起して、肌がザラザラとした感触になり、サメの皮のようであることから、サメ肌と呼ばれるものです。また、肌の広い範囲に見られることもあり、かゆみを伴うこともあります。ただし、接触などで、感染する心配はありません。

    サメ肌になるのは、思春期に多いため、特に女性の場合はザラザラととして、毛穴が目立ってしまっているような肌の状態が気になることが多いでしょう。

  • サメ肌の原因は?。

     

    サメ肌になってしまう原因については、ビタミンAの不足などが考えられていますが、現在のところ、まだ根本的な原因については、完全には解明されていません。

    乾燥肌が進行・悪化して、毛穴が隆起してしまうようなサメ肌になってしまうという説や、子どもの頃からサメ肌の人も多いため、遺伝が原因ではないか、などという説もあります。

    また、食生活などの生活習慣が関係しているとも言われています。

  • サメ肌の治療は出来るの?。

  • 残念ながら、現在のところ、サメ肌については、はっきりとした原因がわかっておらず、また有効な治療法も、まだ見つかっていません。
    しかし、症状を緩和する方法は、いくつかありますので、紹介しましょう。

  • 乾燥肌と同様のケアをしよう。

     

    サメ肌は、乾燥肌から移行するとも言われていますから、乾燥肌と同じケアをすることで、改善が見られるようです。要は、肌を乾燥しないように保湿ケアをしっかりとすることが大切なのです。
    ただし、サメ肌はアトピー性皮膚炎とも同様の症状であることが多いことから、使用するスキンケア製品や保湿のクリームなどは、アトピー性皮膚炎の人も使用できるものを用いるようにしましょう。完全無添加で、低刺激のものを用いることが重要です。

    また、初めてのスキンケア製品や保湿クリームなどを用いる際には、患部全体にいきなり使用することは避けて、必ず小さな部分でパッチテストを行って、症状の悪化が見られないことを確認してから、広い範囲に用いるようにしましょう。

  • ビタミンAの摂取なども有効的!!

     

    サメ肌の改善のためには、バランス良く栄養素を摂取するよう、食生活に気を付けることも重要です。サメ肌は、皮膚の角質層に起こるトラブルであり、角質層のトラブルにはビタミンAの不足が関係すると言われていることから、ビタミンA含む食品をを積極的に摂るように心がけることが大切でしょう。

    ビタミンAを多く含む食品としては、レバー、うなぎなどの他、にんじん、ほうれんそう、かぼちゃ、春菊などの緑黄色野菜があげられます。

  • ~たとえばこんなオススメ商品~

     

    ☆☆きらりのおめぐ実☆☆

    何度キレイにしてもできてしまう大人ニキビ。
    繰り返さない秘密のケア、それは内側から治すこと。

  • 今なら特別キャンペーンで初回67%オフ!⇒

  • 規則正しい生活を送ることも大切です。

     

    サメ肌に限らず、健やかで美しい肌を保つためには、睡眠不足は大敵であるといわれています。

    肌のターンオーバーが活発に行われるといわれている午後10時から午前2時の間は、できるだけ眠るようにしたいですし、睡眠時間も7時間から8時間、しっかりと確保したいものです。

    肌を乾燥させないように、しっかりとケアをし、バランス良い食事を心がけ、規則正しい生活を送ることで、サメ肌は改善されます。

    しかし、あまり症状に変化が見られなかったり、もともとの症状が強い場合は、皮膚科で診断をしてもらい、症状に合った薬を処方してもらった方がよいでしょう。