顔を引っかいた!転んですりむいた!子どもの傷跡を残さない対処法

子どもの顔に傷!自分で引っ掻いてしまったり、お友達に引っ掻かれたり・・・とよくある話です。
時間が経てば治るとか目立たなくなるとかはあるようですが、中にはずーっと茶色く跡に残ってしまうことも。
傷の手当は最初が肝心。出来るだけ跡を残さない対処法を調べてみました。

view1602

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    きれいに元通りにしてあげたい!

  • 湿潤療法とは?

  •  

    傷口からは、しばらくの間、「滲出液」という液が出続けます。この液は傷を治すために必要なもので、このジュクジュクした成分を使って傷口を治していく方法を「湿潤療法」といいます。

    治りが早い+痛くない+薬がいらないとあって、ここ数年で主流になっている治療方法です。
    昔からある「消毒して、ガーゼして・・・」という治療とはまったく異なるものです。

  • 消毒もガーゼも通常の絆創膏もNOです!

  •  

    すぐに洗うのが吉。
    消毒は、再生に必要な細胞までも殺してしまうので、絶対にしないこと。
    水道水で傷口をきれいに洗って砂などを取り除きましょう。

  •  

    きれいに傷口を洗ったら、傷を乾燥させないように傷口を湿った状態で塞ぎます。ここが肝です。
    傷がそんなに大きくなければ、市販の「キズパワーパッド」や「ハイドロコロイド」などを使いましょう。市販のもので事足ります。

  •  

    市販の物が手に入らなかったり、傷の範囲が大きいようであれば、ラップでも十分に代用できます。
    白色ワセリンがあれば、それをラップに塗って傷口を多い、周りをテープでしっかり止めましょう。

  •  

    夏場は一日2回、冬場は一日一回取り替えましょう。

  • 湿潤療法の治癒経過例(写真付き)

  • 湿潤療法をしてはいけない場合

  • ・刃物を深く刺した
    ・異物(木片、金属、魚骨など)を刺し、中に破片が残っている。
    ・古い釘を踏んだ。
    ・動物に咬まれて血が出ている。
    ・動物に咬まれて腫れている。
    ・深い切り傷、大きな切り傷。
    ・皮膚がなくなっている(欠損している)。
    ・切り傷で出血が止まらない。
    ・指や手足が動かない。
    ・指などが痺れている。
    ・大きな水疱ができているヤケド。
    ・面積が広いヤケド。
    ・貼るタイプのアンカ、湯たんぽ、電気カーペットなどによる低温熱傷。
    ・砂や泥が入り込んでいる切り傷、擦りむき傷。
    ・赤く腫れて痛みがある傷。
    出典 :傷を消毒せず、乾かさずに、早くきれいに治す “湿潤治療” のやり方まとめ
  • ぶつかってパックリ裂けたキズや刃物で切った傷(切創)などは、対象外!この時は、表面の皮膚はダメージを受けていないので、テープもしくは縫合できっちりと創をあわせることが常識です。もしも、なんか治りがよさそう~♪ってこれをしてしまうと、逆にキズが開いたままパッドで覆ってしまうので、新しく生まれた細胞で埋まり見栄えは正直良くない。あと、パックリ裂けてる時は、いろんな菌がそこに付着していることが多いので密閉することで菌が繁殖し、かえってひどいことになりやすいのです…。
    出典 :パックリ傷に湿潤療法(モイストヒーリング)は対象外ですよ|看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~
     

    おっと・・・素人判断だと、うっかり刃物で切った傷にも湿潤療法をしてしまいそうです。
    「パックリと切れた傷に湿潤療法はだめ!」は覚えておきましょう。

  • 湿潤療法(モイストヒーリング)は、表面擦りむく「傷」の時。
    摩擦で表面が削られる横の力がかかったってできたキズ。皮がすりむけた時などの表面のケガの時。

    乾燥療法(ドライクリーニング)は、縦にパックリ「創」の時。
    皮膚がパックリ!と別々になる縦のキズ。ぶつかった、切ったなどの皮膚の中身までみえそうなケガの時。
    出典 :パックリ傷に湿潤療法(モイストヒーリング)は対象外ですよ|看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~
  • 湿潤治療が適用されるかどうかの診断は必要であり、治療前後の受診は必ず行うようにすることが望ましい。家庭での治療は、軽度の創傷(軽度の擦過傷、切創)に限って用いられるべきであり、化膿が発生した場合は速やかに医師の診察を受ける必要がある。
    出典 :湿潤療法 - Wikipedia
     

    湿潤療法が効果的らしい!とはいえ、できるならばお医者さんに一回見てもらってからのほうがいいのは確か。