テキトーに薬を飲んでもダメ?高血圧には自分に合った薬を選ぼう!

年をとったら必ず飲まないといけない、とまで言われる高血圧の薬、「降圧剤」。様々な種類があるので、自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。

view389

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あなたは自分の飲んでいる高血圧の薬の種類をすぐに答えられますか?

  •  

    答えられないと、ちょっと危ないかもしれません。自分の体質に合ったものが出されているかどうか、判断できていないということですからね。

  • 高血圧の薬、「降圧剤」には、いくつかの種類があることは意外に知られていません。

  • 患者さんごとの処方が大切! 降圧剤の種類

    病院で処方される血圧の薬(降圧剤)はさまざま。メインの作用はもちろん血圧を下げることですが、それ以外の効果が実証されているものもあります。また、頻度は少ないですが副作用が認められることもあるため、実際に患者さんに降圧剤を処方する際には、これらのサブの作用や副作用などを加味しながら、個々の患者さんに合った薬を選ぶことになります。
    出典 :高血圧薬・降圧剤の種類・作用・副作用 [高血圧症] All About
     

    医師の言うことをうのみにしては、まずいですよ。

  • どんなものがあるのか、お伝えさせていただきます。

  • 降圧剤は、以下の7種類に大きく分けられます。

  • 降圧剤は、主に以下の7種類に分けられます。

    カルシウム拮抗薬 (ジヒドロピリジン系/ベンゾチアゼピン系)
    アンギオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)
    ACE阻害薬
    利尿薬 (サイアザイド系/ループ利尿薬)
    β遮断薬
    α遮断薬
    合剤 (利尿剤+ARB/カルシウム拮抗薬+ARB)
    出典 :高血圧薬・降圧剤の種類・作用・副作用 [高血圧症] All About
     

    名前だけ書かれても分からないですよね。

  • その中でも、以下の二つがよく飲まれているので、だいたいの作用をおさえておきましょう。

  • ①カルシウム拮抗薬

  • カルシウム拮抗薬の作用・効果
    もっとも多く処方されている降圧剤。血管の壁のなかに存在する筋肉(血管平滑筋)にカルシウムイオンが入ってくると、この筋肉が収縮します。これをブロックすることでこの筋肉を弛緩させ、血管の収縮を妨げ、血圧を下げます。

    主に以下の2種類が使われています。

    a) ジヒドロピリジン系 (DHP系) 
    現在使用されている降圧薬のなかで最も有効性が高い薬。急速に強力に血圧を下げるため、内服された患者さんの多くから「薬は本当に効くんですね」と驚きの感想を聞くことも少なくありません。高齢者も含め、多くの症例で第一選択となる薬です。また、狭心症、とくに冠攣縮性の患者さんには著明な効果があります。商品名では、ノルバスク、アダラート、カルブロック、アテレックなど。

    b) ベンゾチアゼピン系 (BTZ系) 
    血圧を下げる作用はより緩徐で弱く、マイルドな降圧、徐脈作用を期待するときに用いることがあります。心臓抑制作用を伴うので、心不全や除脈など、心臓疾患のある方には使用しません。
    出典 :高血圧薬・降圧剤の種類・作用・副作用 [高血圧症] All About
     

    どんな効果があるのか、大まかに覚えておいてくださいね。

  • 注意点です。

  • カルシウム拮抗薬の副作用・注意点

    動悸、頭痛、ほてり感、浮腫み、歯肉増生、便秘など。
    出典 :高血圧薬・降圧剤の種類・作用・副作用 [高血圧症] All About
     

    こういった症状が出るので、気をつけておきましょう。

  • ②ARB

  • ARBの作用・効果

    日本ではカルシウム拮抗薬に次いでよく使用されている薬。血管収縮や体液貯留、交感神経活性亢進を抑制することで血圧を下げます。この薬にはメインの血圧を下げる以外にも以下のような効果が報告されています。
    心臓保護作用……心肥大を抑制し、心不全の予後を改善
    腎臓保護作用……降圧とは独立に腎臓の機能を保護
    インスリン感受性改善作用……インスリンの効きにくい体質を改善、糖尿病の発症を抑制
    このため、心臓や腎臓の病気を合併したり、糖尿病を有するような症例で第一選択薬として使われます。また、利尿剤と併用すると、相乗的に血圧を下げる作用があるため、しばしば併用します。
    出典 :高血圧薬・降圧剤の種類・作用・副作用 [高血圧症] All About
     

    あなたの飲んでいる薬は、これでしょうか?

  • 注意点です。

  • 副作用は少ないですが、妊婦や授乳婦は内服が禁止されています。また、腎臓と肝臓で代謝・排泄されるので、重症肝障害や腎障害の場合には注意が必要です。
    出典 :高血圧薬・降圧剤の種類・作用・副作用 [高血圧症] All About
     

    上記に当てはまる方は、飲むのを控えましょう。

  •  

    自分が飲んでいる薬の効果を、覚えておくだけでも安心ですよね。