冷房病にならない為に【対策】まとめ

冷房病にならない為に出来る事を
まとめてみました
参考にしてくださいね

view216

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 冷房から身を守るスカーフなどを用意

  •  

    通勤電車の中や出先での冷房対策用に、大きめのスカーフやカーディガンなどを持ち歩く。職場ではひざかけ、厚手の靴下などを用意し、冷風を直接体にあてないように。また、体を締めつける服や靴は血行を妨げるので避けたい。

  • 体を動かして血行を促す

  •  長い時間同じ姿勢で仕事をしていると、血行が悪くなり、冷房病にかかりやすくなる。ときおり休憩をとったり、軽くストレッチをして、体の血行を促したい。汗をかくのは体温調節機能を正常に保つのに効果があるため、ウオーキングなど、軽く汗をかく運動を毎日続けるとよい。
    出典 :あなどらないで! 冷房病 - goo ヘルスケア
     

    運動不足の解消に努める事にもつながりそうですね

  • 1.足の冷え解消のツボ:築賓(ちくひん)
    2.足の冷えと腰痛解消のツボ:胞肓(ほうこう)
    3.下腹の冷え解消・更年期障害・月経不順のツボ:三陰交(さんいんこう)
    4.肩こり解消のツボ:肩井(けんせい)
    5.頭痛や目の疲れに効くツボ:風池(ふうち)
    6.顔のむくみ解消のツボ:四白(しはく)
    出典 :冷え性対策 6つのツボ|たけしの本当は怖い家庭の医学 | 健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状・恋愛・結婚
     

    ツボ押しも効果テキメン

  • 汗をかくことです

  • 汗をかくことで冷房のために機能が低下した汗腺を復活させ、自律神経を刺激することになります。そのためには半身浴やサウナがよいでしょう。半身浴ではお湯を少なくしてみぞおち以下の下半身を40℃以下のぬるめのお湯に20分~30分程度ゆっくりとつけましょう。お湯の量を少なくするのは身体に対する水圧を減らし、下半身の血液を良く温め、全身にめぐらせるためです。汗の出の悪い人には大さじ1~2杯(15~30g)の少量の塩をいれると汗が出やすくなります。
    出典 :健康プラザ
     

    もちろん汗をかいた後はしっかりと水分補給をしてくださいね

  • 適度な冷房で快眠を

  •  あらかじめ寝室の温度をエアコンで下げておき、寝る前にスイッチを切ったり、タイマーを利用して2時間程度で冷房を切るようにして、冷えすぎを予防。
    出典 :あなどらないで! 冷房病 - goo ヘルスケア
     

    寝ている間はあまり気にならない人も多いので
    寝ている間は消えている状態が好ましいですね

  • 身体を暖める食材を利用すること

  • アイスコーヒーや牛乳、生野菜、果物は身体を冷やす原因であり、これらを取りすぎた時にはごぼう、にんじん、れんこん、イモ類のほかショウガ、お寿司のがりなどが手軽で身体を暖める食材として効果的と言われております。   

    暑さで食欲がないとあっさりしたそうめんやざるものばかりをとっている方も多いと思いますが、暑いときこそ栄養のある暖かいものを食べるようにしたいものです。
    出典 :健康プラザ
     

    冷房自体を切り、冷たい飲み物を使う事も
    良い手かもしれませんね

  • 熱のもととなる食事(特にたんぱく質)を摂るようにして、また定期的に運動をすることで筋力アップをすると、熱が作られるようになります。
    出典 :冷房病|冷房病の症状・原因・対策
  • お腹を冷やさないこと

  • 夜寝る時などは腹巻などをしてお腹を冷やさないようにしましょう。クーラーの代わりに氷枕で首の後ろを冷やしてあげると不思議と身体全体の表面温度が低下することが確認されており、快適に涼しく過ごせます
    出典 :健康プラザ
     

    お腹を冷やして下痢になってしまわないように注意してくださいね
    冷房で冷えてお腹調子を悪くするなんて本末転倒ですよ
    冷房の電気代より治療費の方が高くついたりする場合もあるようです

  • 腹式呼吸で自律神経を整える

  • 腹式呼吸は自律神経を整えるのに効果的。息を吸ったとき下腹部と胸部を一緒にふくらませる「胸腹式呼吸」なら簡単にできる。軽く背筋を伸ばし、息を吸うときは一気に吸い(口からでも鼻からでもOK)、吐くときは口から、細く長く時間をかけるのがコツ。これを心身がリラックスするまで繰り返す。
    出典 :あなどらないで! 冷房病 - goo ヘルスケア
  • 自律神経(特に交感神経)の働きを良くするためには、運動をすると良いようです。

    20~30分ほどの運動(ウォーキングなど)をすると、交感神経の働きが上手になってくるようです。

    交感神経の働きがよくなると、皮膚の血管を締めて、熱を逃がさなくなるようです。
    出典 :冷房病|冷房病の症状・原因・対策
  •  

    ドローインでもこの腹式呼吸が使われています
    ダイエットのついでに自律神経も整えましょう


    上記の方法をしっかりとつかって
    夏バテの予防に努めましょうね

    冷房離れする事で電気代の節約にも一役買いますよ