ダイエット中の方、必見!詳しく知りた~い!!豆乳ダイエットの効果

豆乳がダイエットにどんな効果をもたらすのでしょうか?まとめてみました。

  • rotta 更新日:2014/02/25

view331

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヘルシーで、栄養素もしっかりとれる豆乳!

  • 豆乳は大豆とほぼ同じ成分を含み、豆腐などの固形よりも栄養分を吸収しやすく、低カロリーなのに様々な栄養素が含まれています。また、腸内の余分な脂肪や糖質を吸収させない働きや、善玉コレステロールを増やす働きがあり、便秘防止にもよいとされ、過剰な栄養が摂取されるのを防ぐ効果も期待できます。
    出典 :豆乳ダイエットその効果とは?
  • 大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれるため、女性ホルモンのバランスを整えてくれたり、基礎代謝を高める働きがあり、基礎代謝が上がれば、太りにくくなり、たくさん食べても脂肪がつきにくくなります。
    出典 :豆乳ダイエットその効果とは?
  •  

    牛乳よりヘルシーでダイエッターにはうれしいですね。

  • 生理前豆乳ダイエットが効果的!

  • 毎朝、朝食前に豆乳を200ml飲むだけ
    生理前の7日前から10日前から豆乳を飲み始めて、生理が始まったら飲むことをやめる。豆乳には豊富な栄養素がたっぷり含まれているので毎日飲んでももちろんいいのですが、体は同じものを毎日とり続けているとそれに慣れてしまい効果が半減するそうです
    出典 :ホルモンバランス 痩せやすい体を作る|自然に痩せる正しいダイエットの方法
  •  

    朝食前に飲むと、満腹感も得られ食べ過ぎ防止にもなりそうですよね。

  • 豆乳ダイエットの注意点!!

  • 過剰摂取すると、逆にホルモンバランスが崩れる原因に。生理が遅れたり、子宮内膜増殖症などのリスクが高まることが報告されています。1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安は、適量は40~45mg、上限は70~75mg。適量は、納豆なら1パックで約51mg、豆腐なら半丁で51mg、豆乳は200mlで40mgです。
    出典 :生理周期(女性ホルモン)でダイエットできる?
  • 大豆イソフラボンは、卵胞ホルモンと似た働きをするので、毎日飲んでいると、人によっては、生理の量が半端なく多くなったり、生理周期が整ってきた人もいるようですが、反対に狂ってくる人もいたり、子宮疾患を持っている人は、ひどくなってしまう、なんて場合もあります。
    出典 :生理前に豆乳を飲むと痩せる?ちょこっと注意点も | 産後ダイエットで目指せ!キレイなママ
  • 豆乳ダイエットの楽しみ方

  • 朝だけじゃない楽しみ方もあります。

  • 豆乳鍋

     

    この時期、鍋は暖まりますよね!!たくさんの野菜も取れてヘルシーで満腹感も得られます!

  • 豆乳ダイエットして、オススメなのは豆乳鍋です。豆乳鍋は、スープなどで味をつけた豆乳に、好きな野菜を切り、煮て食べるだけの簡単な料理です。鍋にすることで、豆乳臭さが抑えられ食べやすくなります。野菜からもたくさんの水分が出るので無調整豆乳を使った方がよいでしょう、また、無調整豆乳を使った鍋の場合には、湯葉も楽しめます。
    出典 :豆乳ダイエットその効果とは?
  • おやつタイムにも最適~!!

  • 間食として豆乳を飲む方法です。ポイントは温めて飲むこと! カップに豆乳を入れ3分くらいレンジにかけて温めれば豆乳の甘さが増し、甘いものを食べたい気持ちも満たしてくれるはず。お菓子など余計なものに手を出す習慣を防ぐことができるでしょう。また「豆乳のみはちょっと苦手……」という人は、インスタントコーヒーを混ぜてソイラテに
    出典 :2/2 豆乳ダイエットで痩せる理由と実践方法 [食事ダイエット] All About
  •  

    ヘルシーで温かいソイラテ飲んで、きもちもほっこり落ち着きリラックス~!