50代で出産した有名人

50代で出産した有名人

超高齢出産となる50代での出産。
女性としては・・・ちょっと、気になりますね。
50代での妊娠、出産についても併せてまとめてみました。

view1367

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 53歳で出産した、坂上みきさん!

  •  

    大阪出身の坂上はテレビ新潟の局アナを振り出しに、大阪、東京のラジオ、テレビ出演。イベントの司会などで幅広く活躍。40代後半でフルマラソンに挑戦し、2010年の東京マラソンでは、3時間58分台の自己ベストを出すタフさでも知られる。6年前に12歳年下のニュージーランド人の男性と結婚。高齢の身での妊娠を目指し不妊治療に取り組んできた。

    引用)http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120730/enn1207301537009-n1.htm

  • フルマラソンに挑戦したり、そのためにも体を鍛えていたんですね~。

  • 「超高齢出産」とは?

  • 超高齢出産とは、50代以上の閉経後の女性の妊娠・出産を指します。医学の発達によって精子や卵子が凍結できるようになり、また人工ホルモンを注射し続けることで閉経後の女性でも妊娠・出産することが可能となりました。海外では、こうした技術を使って妊娠するケースがわずかながらに出てきています。超高齢出産には生命倫理や哲学的な問題も山積しています。妊娠が確認され、出産まではとても多くのリスクを伴うだけでなく、出産後の育児などにも問題があるといわれます。しかし、50代の女性も妊娠・出産する可能性があるという点では、「もう産めないかも知れない」と思っている40代の女性にとって、希望となるでしょう。
    出典 :超高齢出産とは|赤ちゃん成長ナビ
     

    閉経後の女性にも妊娠、出産の可能性が・・・でも、やっぱり色々とリスクがあるんですね~。

  • 53歳で妊娠、出産は「奇跡」に近い!

  •  

    誰もが医学の力で超高齢出産が可能かというと、ノーと言わざるをえない。受精卵を子宮に戻したときにまず着床するかの問題があるからだ。「体外受精で妊娠まで至る年齢の壁は、38歳にひとつのピークがあります。42歳を超えると急激に下がり、2%程度の人しか妊娠することができません。坂上さんのように53歳で妊娠8カ月を迎えることは、『奇跡』に近い」と河村センター長はいう。着床して妊娠が確認できた後も、超高齢出産にはさまざまな壁が立ちはだかる。「医学が進歩したとはいえ、高齢出産になればなるほど胎児の染色体異常は多く、そのリスクは過去と比較してもあまり変わりはありません。また、老化に伴い母体も、自然分娩が難しくなるだけでなく、妊娠高血圧症候群などの合併症も起こりやすい。持病も悪化しやすく、母体へのリスクも高くなるのです」(河村センター長)

    引用)http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120730/enn1207301537009-n1.htm

  • 高齢出産 50代出産は51万人に8人

  • 超高齢出産が可能になっても・・・賛否はあるようです。

  • 医学の発達でこれからますます超高齢出産を試そうと思う人が出てくるでしょう。
    色々なリスクについてもそうですが、妊娠、出産後のこともきちんと考えておかないといけませんね。