突然起きる奇声や運動!?もしかしたらチック症かも

4~11歳くらいの子供に多いこの症状
どの様な物があるのでしょうか?
まとめてみました

view2473

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • チック症とはどんな病気なのでしょうか

  • チックとは一種の癖のようなもので、乳幼児期から学童期にかけ、心と体の成長・発達の過程で多くの子どもにみられるものです。これが固定・慢性化して激症化するとチック症と診断されます。
     子どもにみられるチックは、一過性・発達性チックといわれるものが大多数です。しかし、子ども専門の精神科では、心身症ないし神経症レベルのチック症が比較的多くみられます。チック症の重症型といわれる慢性多発性のチック症(トゥーレット症候群)は、学童・思春期に比較的多くみられます。
    出典 :チック(チック症) - goo ヘルスケア
     

    3~4歳の幼児期から始まり
    7~8歳の学童期に多くみられます

  • 子どもに多く、だいたい5~10人に1人が経験するといわれているチック。まばたき、首振り、肩すくめ、顔しかめなど、一見すると普通の癖のように見える神経疾患です。

    症状は乳幼児期からの心と体の成長に伴って見られ、大人になるにつれ普通は自然と消失しますが、学童・思春期まで続いて生活に支障がでる場合もあります。このように慢性化するものはチックではなく、「トゥーレット症候群」と呼ばれます。
    出典 :チック症の症状・原因・治療 [脳・神経の病気] All About
  •  

    癖のように見えるそのしぐさが
    もしかしたらチック症の症状かもしれません
    もしそうなったら
    チック症を治すではなく
    チック症の子供を治療する事になります

  • 原因は何か?

  • 発症の原因としては、身体因(チックの中枢として脳の線状体(せんじょうたい)の障害説などがある)と心因が相互に関係しあっていると考えられています(図1)。とくに、子どもの発症に際しては、母子関係が重要な要因であるとする従来からの説もありますが、最近では素質としての身体因を重視する傾向があります。
    出典 :チック(チック症) - goo ヘルスケア
  •  

    原因は解明されていません
    と言うよりは憶測を立てる程度しか出来ないのかもしれません
    病原菌があるわけではなく
    心の病気なのですから

  • 症状と特徴

  • チックは、「ある限局した一定の筋肉群に、突発的、無目的に、しかも不随意(ふずいい)に急速な運動や発声が起きるもの」とされています。
     症状は、まばたき(瞬目(しゅんもく))、首振り、顔しかめ、口すぼめ、肩上げなど上位の身体部位によく現れますが、飛び跳ね、足踏み、足けりなど全身に及ぶ運動性チックといわれるものもあります。また、咳払い、鼻ならし、叫びや単語を連発する発声チックといわれるものもあります。
     発症年齢は、3〜4歳の幼児期から始まり(初発)、7〜8歳の学童期(ピーク)に多くみられます。男児に多い傾向にあり(男女比は3対1)、その意味づけに関して定説はありませんが、一応この時期の男女の成長・発達の特異性によるものと考えられています。
    出典 :チック(チック症) - goo ヘルスケア
  • チック症は、動きが中心の「運動チック」と発声が中心な「音声チック」の2つに分類できます。

    ■運動チック
    具体的には、まばたきを繰り返す、目を動かす、顔をしかめる、首を振るなど、多くは首から上の動作として症状が出ることが多いです。ときには手足の動きや、ジャンプ、スキップなどのに見える発作もあります。

    ■音声チック
    咳払いや「あー」「うん」など短い言葉を繰り返し発します。

    実はこれらの症状は本人がコントロールできないものではなく、止めようと思ったときには一時的に止めることができます。しかし、チックを出したい衝動や、その動作をしなくてはならないという強迫観念が強くなったとき、それらの動作を一気に行うことで解放感を感じてしまうのが特徴です。
    出典 :チック症の症状・原因・治療 [脳・神経の病気] All About
  •  

    気楽にテレビや本を見ているとき
    不安感やイライラが強い時
    この時は多く出現します

    学校や医師の前、睡眠中や集中しているときは
    症状が少なくなる傾向にあるようです

  • 治療と対応はコレ

  • 治療は、「チック症という病気を治すのではなく、チック症の子どもを治療する」ことになります。治療の目標は、ストレスなどへの適応性を高め、人格の発達援助を目指すことです。
     子ども専門の精神科などでは比較的重症な患児が多く、その場合には薬物療法(主としてハロペリドールやリスペリドンなどの向精神薬)が行われます。一方、軽症の場合は、遊戯(ゆうぎ)療法などの行動療法的なアプローチが有効とされています。その際は、親へのカウンセリングが重要になります。
     対応としては、症状を誘発する緊張や不安を軽減、除去することや、それへの耐性(たいせい)(精神的抵抗力)を高めるように援助することが肝要ですが、症状の出現をやめるように、いたずらに叱責して注意を促すことは避けるべきです。
     むしろ、本人が症状にとらわれすぎないように配慮し、全身運動の発散に関心を向けさせ、一方では、何か興味を抱いて熱中できるもの(趣味的なもの)をもたせることが有効です。
     しかし、症状が長期・慢性化し、多発・激症化する場合には、子ども専門の精神科などの医療機関への受診が必要になります。
    出典 :チック(チック症) - goo ヘルスケア
  • チック症の治療は生活指導と薬物治療が中心になります。本人が症状にとらわれすぎないよう、不安感をとりのぞくことが大事で、むやみに怒ったり注意したりすることは避けましょう。

    全身運動をして特定の動作を繰り返したいという衝動を発散させることや、何かに興味を抱けるよう、熱中できるものを持たせてあげることも有効です。

    薬物治療の中心は、ハロペリドールなどの向精神薬を使用することが多いです。しかし、眠気やふらつきなどの副作用があるので、とくに年少者に使用するときには注意が必要です。

    チックはいずれ自然と改善することが多いので、周囲があまり神経質にならないことが大切。症状に理解を示し、注意したりせずに受け入れるようにしましょう。
    出典 :チック症の症状・原因・治療 [脳・神経の病気] All About
  • チックは小児期によく出現します
    また、男児に多いとされています
    10歳を過ぎればチックは徐々に減少しますが、一部では
    [大人になっても症状が残る大人のチック症]
    もあります

    チック症に本人がとらわれたりしないように
    怒らず
    上手に付き合っていきましょう