自然妊娠する方法、調べました!

なるべく赤ちゃんを自然妊娠で授かりたい、そう思っている夫婦は少なくないんじゃないでしょうか。自然妊娠をするための方法を調べてまとめてみました。

  • Hachi 更新日:2013/12/25

view739

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自然妊娠の確立

  • 25歳~30代前半の自然妊娠の確率は25~30%、30代後半での確率は18%、 40代前半での確率は5%、40代後半での確率は1%と言われています。
    出典 :妊娠する確率について-赤ちゃんの部屋
  • 基礎体温をつける

  •  

    基礎体温をつけることで排卵日を予測することができます。

  • 朝、目が覚めたらすぐに測る体温のことで、専用の体温表を使って記録します。グラフを数周期つけてみると自分の月経や排卵のパターンがつかみやすくなるかもしれません。ちゃんと排卵があれば、基礎体温は月経から排卵までの低温相(低温期)、そのあとの高温相(高温期)の二相になります。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】正しく知る 基礎体温
  • 基礎体温のような細かい温度を測るには、安静にした状態で測ります。
    時間帯で一番適している時は、朝、目覚めたとき。まだカラダの内部が休んでいる状態で、体温を測ります。毎日同じ時間帯で体温を測りましょう。
    また、口の中で測るのも基礎体温の特徴。舌の下にはさみこんで、じっと安静にしましょう。

    出典 :妊娠したいを応援♪ VEAUTY ~基礎体温管理と排卵日予測~
  • もちろん個人差はありますが、一般的に「低温相」と「高温相」と呼ばれている時期があり、その温相の分かれ目の前後に「排卵」と呼ばれる時期があります。健康な状態であれば、毎月この3つ(低温相、排卵、高温相があります。
    出典 :妊娠したいを応援♪ VEAUTY ~基礎体温管理と排卵日予測~
  • タイミングをはかる

  • 受精卵が正常に分裂を繰り返しながら卵管内を移動し、胚盤胞まで分化した後に子宮内膜に着床するためには、 排卵後6時間の卵子と射精後48時間以内の精子が出合う必要があるのです。 卵子の老化は進行が早く、排卵後2~3時間以内の受精が理想的ではあるようです。 ポイントは、「排卵したときに、卵管に精子が待機していること」
    出典 :妊娠しやすいタイミングのコツ|自然妊娠応援ネット
  • マカを飲む

  • マカは夫婦ともに飲むのが理想的です。マカは女性に原因がある不妊にも、男性に原因が不妊にも効果があるからです。
    夫婦で飲めば、それだけ不妊を招いている悪条件が解消され、妊娠のチャンスが増えるからです。
    夫婦そろって妊娠しやすい体質になれば、妊娠する可能性はさらに高いものになります。
    出典 :マカサポートデラックス飲み方
  • マカはアブラナ科の植物で、たまねぎのような形をした根菜類です。栄養価が非常に高く昔から滋養強壮や疲労回復に効果があると親しまれてきました。
    近年では不妊症に効果があると取り上げられるようになり、研究の結果によると、女性は受胎率をアップさせ男性は精子の数や運動量を増量するという報告があります。
    出典 :マカと妊娠 e-妊娠
  • マカのちからの秘密はズバリ、「アミノ酸」「ミネラル」の栄養素がバランスよく豊富に含まれている事です。アミノ酸は体の基を作る大切な栄養素で、ホルモンバランスを正常に整えるサポートをしてくれるのです。
    栄養素のバランスの素晴らしさは専門家も驚くもので、マカの故郷ペルーでは、実際にホルモン療法としてマカが使われたりするそうです。 そういったマカのちからで体が整い、その結果、妊娠にも繋がりやすくなるといわれているのです。

    出典 :教えて、ヤマノのマカのこと!
  •  

    サプリメントを飲むだけならすぐに始められますね!

  • ストレス

  • なるべくストレスを溜めないように・・・って思っていても妊娠したいと強く思えば思うほど、
    それがストレスになってしまったりしてるんですよね。

  • 人間の心と体というのは、強く結びついています。強いストレスがあると、その弊害が体にまで及んでしまい、体調を崩してしまうこともあります。逆にストレスもなく、心が元気だと、自然と体の調子もよくなったりします。
    いままで強いストレスを感じながら不妊治療を受けていた人が、あきらめて治療をやめた途端、妊娠したという話はよく聞きます。また、周りからのプレッシャーで強いストレスを受けていた人が、引っ越して環境が変わった途端、妊娠したという話もよくあることです。
    出典 :自然妊娠できない原因とストレス
  • ストレスは精神的なことだけでなく、体が反応して女性ホルモンのバランスが悪くなります。
    ホルモンバランスが崩れると当然子宮に悪影響を与え妊娠しにくくなります。
    たとえ妊娠したとしても、流産や死産が多くなりますし、胎児の発育にも影響を及ぼします。
    出典 :不妊治療とストレス
  • 規則正しい生活をする

  • 一日三食、規則正しい食事をする
    栄養を定期的に摂取できるように、朝昼晩を4、5時間おきに、規則正しく食べる。
    晩ご飯は、だいたい3時間前迄には済ませる。
    時間がなかったり、面倒だという理由で、朝食を抜く方も多いですが、しっかり朝食をとる。
    出典 :妊娠しやすい体質作り | 妊娠する方法~自然妊娠の智恵袋
  • 生活が不規則で寝る時間がバラバラ、それに睡眠時間も多かったり少なかったりするとママのからだに影響します。寝る時間、睡眠時間はなるべく規則正しく。
    出典 :妊娠したい e-妊娠
  • 生活のリズムと妊娠力の関係は、私たちが想像している以上に大きいようです。卵巣の中で出番を待っている卵子の元を、良好な状態に育てて排卵させるのは、規則的な月経サイクルです。月経サイクルに限らず、人間のカラダのさまざまな働きは、決まったリズムや周期で活動と休息を繰り返しています。
    例えば、「睡眠(眠ること)」と「覚醒(目覚めていること)」は、1日単位で繰り返され、全身に血液を送り出す心臓の動きは、1分間に60~80回と秒単位で繰り返されます。これが、それぞれの周期です。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】妊娠力をUPする 睡 眠
  •  

    睡眠不足はストレスの原因にもなります。