もしも脳出血になってしまったら?後遺症が出てからの生活の仕方とは?

後遺症の出やすい脳障害のひとつ、「脳出血」。気になるポイントを調べたので、お伝えさせていただきます。

view677

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳出血を知らない方のために。

  • 脳出血とは脳内の血管が何らかの原因で破れて、脳内に出血した状態で、脳内出血とも呼ばれています。
    脳内の血腫や脳浮腫により脳組織が圧迫され損傷されていき、生命維持機能が困難になることもあります。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
     

    脳の組織はとても傷つきやすいのです。

  • メタボなどの不健康な方だと、脳出血のリスクが高まります。

  • 脳出血の原因は高血圧が最も多く全体の70%を占め、血圧が上昇する寒冷時や興奮時などに発症しやすくなります。
    脳の血管は健康な人であれば高い血圧であっても耐えられる弾性の構造になっています。しかし、加齢や生活習慣病などにより動脈硬化が進むと、血管壁が硬くなり今まで耐えられていた圧力に耐えられなくなり、血圧上昇時に血管壁が破綻し出血を引き起こします。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
     

    キレたときは、本当に大変です。

  •  

    病院での治療が早ければ、後遺症が出る確率も低くなるのでしょうが…。

  • 脳出血の後遺症として代表的なものは、「麻痺」です。

  • 脳出血の後遺症として「麻痺」は有名です。
    脳出血によりなぜ麻痺が起こるのかというと、運動に関わる神経やその経路が障害されてしまうからです。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
     

    神経回路が潰されてしまうのですね。

  • 損傷があった脳と反対側の半身が麻痺します。神経が交差しているので、反対側に出るのですね。

  • 麻痺にもいろいろな種類があります。
    全く力の入らないものから、手先の細かい動きが難しいというものまで程度も様々です。

    脳出血による麻痺は片麻痺といって左右どちらかの手足が麻痺することがほとんどです。
    右脳の細胞が障害されると左半身麻痺に、左脳の細胞が障害されると右半身麻痺になります。
    これは、脳から脊髄に神経がおりていく経路が途中で左右反対になるように交差しているので、脳の障害部位とは左右逆に麻痺が出現するのです。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
     

    手が麻痺するのは、恐いですよね…。

  •  

    反対側だけが動かなくなるのは、想像以上につらいものです。

  • どちらの脳で出血したかによって、現れる症状が異なります。

  • 右半身麻痺では失語症、左半身麻痺では左半側空間失認といった高次脳機能障害の後遺症を合併しやすいという特徴があります。
    高次脳機能障害とは、脳損傷に起因する認知障害全般を指し、失語、失行、失認などがあります。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
     

    言葉がしゃべれなくなったり、相手が何を言っているのかわからなくなったりします。

  • 実際の事例です。

  • 倒れる前に培われた記憶はほぼあるように思います。
       ただ、失語症があるので言えない。
       それと、失語症や字が書けない点において、
       今から新たに憶えるということはできないようです。
       退院後2年弱、毎日のように話すリハビリ、歩くリハビリ、
       右手を動かすリハビリ、字を書くリハビリを
       日によって量は違いますがやってきて、そう思います。
       字でも言葉でも、単語(ありがとうやこんにちは)以外では
       2文字以上覚えられません。質問も途中で忘れる。
    出典 :左脳の脳内出血の後遺症と付き合う日々: 脳内出血の介護体験記
     

    言葉の理解が失われてしまうのですね。

  • こんな事態になるのは、避けたいものですが…。