妊娠初期の長湯には注意!

妊娠初期の長湯は大丈夫なのかとお悩みの方も多いはず…。
ここでは、妊娠中のお風呂についての情報をまとめてみました。

  • nelle 更新日:2014/02/09

view703

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    バスタイムは、心身共にリラックスできるもの。
    いつもなら、
    気にせずゆっくり楽しみたいところですが、
    妊娠すると、お腹の赤ちゃんが気になりますね!
    特に、妊娠初期に長湯は大丈夫かしらって…。

    この機会に妊娠中の入浴について
    正しく知っておきましょう。

  • 妊娠中・妊娠初期の長湯について意見を聞いてみましょう!

  • <OK!…大丈夫という意見>

  • 妊娠8週以前の初期に胎児が39度くらいの熱にさらされると、
    神経管閉鎖不全を起こすリスクがやや高くなるという報告はありますが、
    適温のお風呂にゆっくりつかることで、
    赤ちゃんに直接影響がある心配はありません。
    出典 :5/7 妊娠中の日常生活の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
  • 妊娠中に長湯を控えるようにと言われるのは、妊娠前と血液量、
    体の代謝が変わってきて、のぼせやすくなるからでしょう。
    ゆったり入浴はリラックスする効果もあります。
    体調に気配りながら、湯あたりをしないように楽しんでください。
    出典 :5/7 妊娠中の日常生活の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
  • <NO!…しないほうがいいという意見>

  • 熱いお湯は心臓に負担がかかり、血圧も上がりますから、
    40度位のややぬるめのお湯に入り、長湯をしないようにしましょう。
    出典 :周産期心筋症|病気について|国立循環器病情報サービス
  • 妊娠初期(妊娠8週より前)に,39℃ 前後の熱にさらされると
    無脳症や二分脊椎を起こすリスクがあると報告されています。
    胎児が高い熱環境にさらされなかった人に比べて
    1.8〜2.8倍リスクが大きくなります。
    出典 :入浴 | 長湯 | 熱いお風呂 | 妊娠中 | からだと心の相談室 | ベビカム
  • おふろが好きなら、じっくりつかってもかまいませんが、
    くれぐれものぼせには注意しましょう。
    妊娠後期の人、血圧が高くなりがちな太めの人は長湯はNOです。
    出典 :妊娠・出産のしていいことと、ダメなこと【毎日の生活編 1】 - gooベビー
  • 妊娠中にしばしば起こる低血圧やめまい…、また子宮は
    肺を押し上げ容積を小さくするので呼吸数が増え息苦しくなります。
    妊娠中の長湯や半身浴は、
    このような状態を助長するのでお勧めできません。
    出典 :月経・妊娠中・出産後の入浴:磯部レディースクリニック
  • 妊娠中の長湯や熱いお湯に入る事は、子宮への循環が良くなり、
    出血しやすくなったり、お腹がよく張ったりするようになります。
    そのために普通の場合より、さらに極力短く、
    適温で入浴して頂くのがよいと思います。
    出典 :中山クリニック[Q&A]
  • 体を温めようと長湯するのはお勧めできません。
    妊娠初期の身体に長湯は負担が大きすぎます。
    出典 :妊娠初期の低体温|低体温を改善するための基礎知識
  •  

    よくないという意見の方が多いように感じました。
    大丈夫という意見もありますが、
    こういう場合は、やはり避ける方がいいですね。
    リスクをおかしてまで、
    長湯をする必要はありませんから…。

    ぬるめのお湯にして、
    短い時間の入浴を楽しみましょう。

  • 母子手帳の副読本にはこう書かれています!

  • 妊娠中は新陳代謝がさかんになりますから、
    毎日入浴するかシャワーを浴び、洗髪もこまめにしたいものです。
    ただし熱すぎる湯や長湯は避けましょう。
    また、おなかが大きくなると足下が見えにくくなるので、
    浴室などですべって転倒しないように気をつけましょう。
    出典 :妊娠中の日常生活 - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
  • 妊娠中の入浴の注意点!

  • 妊娠初期はお風呂に入ると気分が悪くなる人も多いと思います。
    調子が悪いときは無理に入浴せず、身体を拭いたり、
    陰部をシャワーで洗ったり清潔を心がけましょう。
    出典 :無理は禁物!妊娠初期の家の中での過ごし方 | nanapi [ナナピ]
  •  


    バスルームはリラックスできる場所ですが、
    滑って転倒なんてことになったら大変!
    特に妊娠初期には半数以上の妊婦さんが、
    たちくらみを経験しているそうです。

    入浴するときに気を付けるべきポイントを
    しっかり押さえておきましょう!

  • ① 家族がいるときに入浴!

  • 体調の変化が急に起こった際に対応してくれる
    家族がいる時間帯を選びます。
    鍵をかけると具合が悪くなった際の救助に手間取るので、
    可能ならば鍵はかけずに入浴しましょう。
    出典 :妊娠中の入浴
  • ② 浴室内は温めてから!

  • 入浴前に浴室を温めておくと体が冷えません。
    出典 :妊娠中の入浴
  • ③ 湯舟や洗い場に滑り止めマットを!

  • 浴室で裸のまま転倒や滑ってしまうと、
    お腹にダメージが大きくなりがちです。
    浴室内ではシャンプーや石鹸、ボディーソープが床や手すりに
    残らないようにします。汚れが残ると次回、入浴時に滑りやすくなります。
    最後に床や手すり、浴槽の縁にシャワーをかけておきましょう。
    出典 :妊娠中の入浴
  • ④ 入浴剤は刺激の少ないものを!

  • エッセンシャルオイルには様々な効能がありますが、
    妊娠中は禁忌となるものがありますので注意が必要です。
    出典 :妊娠しても入浴剤は使えますか?