肥満症の基準、BMIとは?

BMI(ボディ・マス・インデックス)とは1994年にWHOで定めた肥満判定の国際基準、適切な標準が図れます。日本でも健康診断で使っています。「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」という公式に当てはまり、身長と体重を入力すれば計算できます。

view486

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肥満について・・・

  • バーガーキングさん許して! 朝食メニューが驚異の1310キロカロリー!!

     

    仮にこのような朝食を毎日摂っていたら?

  • 肥満は一般的に体が太っているという意味ですが、医学的には、「脂肪」が一定以上に多くなった状態のことを言います。
    人の体は様々な物質で出来ていて、おおまかには水分と、筋肉に多い糖質とたんぱく質、骨に多いミネラル、脂肪から構成されています。肥満というのは、この中の脂肪の割合が多すぎることです。体重が重くても、プロレスラーやハンマー投げ選手など筋肉や骨の割合が多い人は脂肪は少ないから肥満ではありません。

  • 概要

  • 別名「ボディマス指数」とも呼ばれ、体重と身長の関係から算出される肥満度を表す体格指数です。一般にBMIとイニシャルで呼ばれています。

  • ■BMI指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

    これがBMIの計算式です。ネット上にこの指数を計算してくれるサイトがたくさんあります。いろいろ試してみるといいでしょう。ちなみに、BMI指数が「22」のときが最も病気になりにくいことがわかっています。

  • 腹囲測定とBMI

  • 一般健診や特定健診でBMIが使われるのは「腹囲測定」の時です。腹囲の測定が除外できるのは「35歳と40歳以上の人の中でBMIが20未満である者」とされています。BMIが22以上の人は、一般健診や特定健診で腹囲を測定しなければならないことになります。

  • 腹囲測定には問題点も指摘されています。

  • 腹囲測定はBMIと異なり身長が全く考慮されていません。生活習慣改善が必要でない人までも「異常」と分類される可能性があります。現在メタボリックシンドロームの診断基準となる腹囲は、日本では男性85cm以上、女性は90cm以上が目安ですが、米国では男性103cm以上、女性89cm以上です。日本では男性より女性の基準が大きく、米国では男性が女性より大きくなっています。こういった国によっての差というのも、何かおかしな感じです。

  • そうは言っても腹囲測定は心筋梗塞などにかかりやすい者を選び出すのに有効でもあるそうです。男性は腹囲 85cm以上、女性は腹囲80cm以上で高血圧・高血糖などを有する者の割合が特に増えることが疫学的に解析しており、女性については腹囲90cmより80cmから注意が必要なことを報告しています。さらに、腹囲が大きくなるにつれて、心筋梗塞などの疾患にかかるリスクも高くなる可能性も考えられています。

  • BMIがバロメータ!

  • BMIの体重/身長2という指数は、ベルギーの数学者、統計学者で社会学者のアドルフ・ケトレーによって1835年に開発されました。その後ドイツの衛生学者イグナーツ・カウプによって、小児発育指数として利用されて普及し、1972年のKeysらの研究[によってこの指数が体脂肪率とよく相関することが明らかにされました。やがて身体組成研究分野における重要な指数として位置付けられ、以後BMIと呼称されるようになりました。1985年には、GarrowとWebsterの研究によって、肥満度の代替指数としての有効性が検証されています。

  • BMIにある限界とは?

  • 肥満の病態は多様です。この指数は単に身長と体重の関係のみに抽象して算出されています。そこには「体脂肪率」というものが考慮されていないという欠点があります。

  • 分かりやすい事例として、「ボディービルダー」のような人に対し、高体重で体脂肪率が低い場合にも「肥満」と見なされてしまうわけです。また「隠れ肥満」のような、低体重で体脂肪率が高い場合も「痩せ」となってしまいます。激しい運動を伴うスポーツ選手、アスリートに用いるには、体組成計等で体脂肪率を測定した方が有効です。

  • こういった問題は残されつつ、成人の肥満指標として多用されるもののひとつとなっています。

  • BMIと平均余命との関わり

  • 厚生労働省の研究班による40歳代のBMIと平均余命を調査した結果・・・

    太り気味(BMI:25以上30未満)の人が最も長命
    次いで、
    普通体重(BMI:18.5以上25未満)の人

    肥満(BMI:30以上)の人

    やせた(BMI:18.5未満)人

    の順で平均余命が高いことが判明したそうです。

  • 日本肥満学会では、BMIが22の人は最も病気にかかりにくいとされています。