痩せる油!?「オメガ3」についてのまとめ

「油はダイエットの大敵!」「ダイエットするときはいかに油の摂取を減らすかが大切」というのが今までの常識。しかし最近、ダイエットを助けてくれる油もあるということがわかって、ネットで話題なんだそうです。

view827

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 衝撃!油を減らすと身体に悪い!?

  • 栄養素の1つである脂質は、私達が生きていく上で必要な栄養素です。
    ダイエットだからといって、全く摂らないのはかえって逆効果です。
    油は脂肪燃焼効率を上げ、脂肪代謝を上げる役割も果たしているのです。
    良い油を摂ることで、脳の働きを活性化させ本来あるべき体の機能を正常に導きます。
    また、ホルモンの分泌や美しい肌を作るためにも油は必要です。
    出典 :油を味方にする! |【 フィットネスクラブニュース】スポーツクラブ情報満載!
     

    知らなかったです・・・

  • 油=脂質。脂質は糖質やたんぱく質とならび“三大栄養素”と言われています。脂質は1gあたり9kcalのエネルギーを貯えているため、私たちが生きていくエネルギー源としてなくてはならないものです。
    出典 :あすけん - 知っておこう!カラダの中での油の必要性
     

    油って大事なんですね~。

  • 【カラダでの油の働き】
    ・カラダを動かすエネルギー源になる
    ・神経組織・細胞膜・ホルモンを作る材料になる
    ・カラダを守るクッションになり、貯蔵脂肪として貯えられる
    ・体温を保つ
    ・血液成分になる
    出典 :あすけん - 知っておこう!カラダの中での油の必要性
  • 【油が不足すると】
    ・エネルギー不足で抵抗力がなくなり、病気を招きやすい
    ・脂溶性ビタミンが不足し、カラダや肌の老化を促進する
    ・カラダの構成成分が不足するため、血管がもろくなり切れやすくなる
    ・ホルモン異常を招き、トラブルが起こる
    出典 :あすけん - 知っておこう!カラダの中での油の必要性
     

    結構大変なことになりそうです・・・

  • 新事実!"良い油"もあるんです!

  • 「油はダイエットの大敵」と思い込みがちだが、やせる手助けをしてくれる油もある。

    「体の代謝を活発にして脂肪細胞の増加を抑制する、やせるのに向いた油もあります。ダイエットを考えるなら、油の性質を見極めて良い油を選ぶことが大切です」と、脂質代謝に詳しいエミリオ森口クリニック院長の板倉弘重さんは言う。
    出典 :ダイエットにいい油、悪い油  :日本経済新聞
     

    コペルニクス的展開です・・・!

  • 油の分類

     

    油の性質は、それを構成する脂肪酸によって決まり、動物性脂肪に多い飽和脂肪酸と、植物の油や魚介類に多い不飽和脂肪酸とに大別されるそうです。

    さらに不飽和脂肪酸は、化学構造の違いからオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系に分類されるんだそう。

  • その名も・・・!「オメガ3」!!

  • 「代謝を促し、脂肪を燃やす効果」や「善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす」など、美容にも健康にも効果が期待できるのがオメガ3だそう。
    出典 :ダイエット中だからこそ摂りたい! 痩せる油「オメガ3」 : ライフハッカー[日本版]
     

    夢のようですね・・・!

  • 良質な油は体を温めて代謝アップをサポートし、女性特有のお悩みや美肌にも重要な栄養素です。美しく健康的でありたいと願う方は、良質の油=オメガ3を毎日の食事で補給しましょう。
    出典 :コラボ・おすすめ商品 | ナチュラルローソン
     

    管理栄養士の伊達友美さんのコメントです

  • オメガ3系脂肪酸は、油の中で最も優秀な脂肪酸です。
    健康面でも美容面でも素晴らしい働きをもたらし、
    ダイエットをする上でも心強い味方です。
    出典 :良い油:積極的に摂りたい油 |【 フィットネスクラブニュース】スポーツクラブ情報満載!
     

    最も優秀・・・すごい・・・!

  • 「オメガ3」ってどんな油?

  • ω-3脂肪酸(おめが-さん しぼうさん、ω-3 fatty acid、ω3とも表記、オメガ-スリー、Omega-3)または、n-3脂肪酸(n−3 fatty acid)は、不飽和脂肪酸の分類の一つで、一般にω-3位に炭素-炭素二重結合を持つものを指す。
    出典 :ω-3脂肪酸 - Wikipedia
     

    ちょっとむずかしいですが、こんな定義のようです。

  • 青魚に含まれるDHA・EPAやえごまに含まれるαリノレン酸は、オメガ3に分類される脂肪酸で、この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには不可欠なものであることがわかってきました。
    出典 :オメガ3脂肪酸|オメガ3の効能・効果・オメガ3ダイエット
  •  

    オメガ3系必須脂肪酸には、α-リノレン酸、EPA、DHAなどが分類されます。

  • α-リノレン酸は多価(高度)不飽和脂肪酸の一つです。脂質の主な構成分である脂肪酸の中で、飽和脂肪酸や単価(モノ)不飽和脂肪酸と違い、α-リノレン酸は人体内では合成や蓄積をすることができず、食事から摂取する必須栄養素です。

    α-リノレン酸は体の中でEPA・DHAに変換されるため、血中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしたり、ガンの発生や増殖を抑制したりするなどの働きをします。
    出典 :α-リノレン酸 - 健康マトリックス
  • ●DHA(ドコサヘキサエン酸)

    脳や網膜のリン脂質の成分であり、脳や神経組織の発育や機能の維持に欠かせない成分です。このDHAを摂取することで、脳が活性化されて、情報伝達がスムーズになるという効果があります。
    出典 :オメガ3の健康効果・効能まるわかりサイト
     

    DHAはよく聞きますね。

  • ●EPA(エイコサペンタエン酸)

    血液をサラサラにする効果の高い成分です。血液の粘度を減らして血液を流れやすくしたり、血小板を凝集させる物質の生成を抑える作用があります。
    出典 :オメガ3の健康効果・効能まるわかりサイト
  • ●DPA(ドコサペンタエン酸)

    血管に悪玉コレステロールや脂質が付着するのを防ぎ、さらに血液もサラサラにしてくれます。EPAと似た働きをする成分ですが、血管の傷を修復する効果はEPAの10倍以上とされています

    これらの働きによって、生活習慣病の予防、血液循環の向上、脳の活性化(認知症予防)といった効果が期待できるのです。
    出典 :オメガ3の健康効果・効能まるわかりサイト
  • 「オメガ3」はどんな食品に含まれているの?

  • オメガ3脂肪酸は青魚をはじめ、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品から摂取できます。
    出典 :オメガ3脂肪酸|オメガ3の効能・効果・オメガ3ダイエット
  • 陸上の植物に含まれているオメガ3脂肪酸は、主にアルファリノレン酸である。しかしながら、典型的な食用油には、オメガ3脂肪酸はあまり含まれていない。それでも、菜種油と大豆油には幾分か入っているが、これらはリノール酸も多く含んでいる。そのため、オメガ6/オメガ3の比率を低くする目的で菜種油や大豆油を摂取しても、あまり効果的ではない。それに対して、亜麻仁[あまに]油、荏胡麻[えごま]油、紫蘇[しそ]油には大量(概ね5~6割)のアルファリノレン酸が含まれている。
    出典 :オメガ3脂肪酸の摂取法
     

    最近はスーパーなんかで売っていたりもしますね。

  • 青身の魚に多いEPA、DHA

    EPA、DHAは白身、赤身の魚よりも青い魚の油に多く含まれています。EPAは、養殖ハマチ、イワシ、マグロ(トロ)、サバの順に多く含まれています。
    DHAはマグロ(トロ)、養殖マダイ、ブリ、サバ、養殖ハマチの順に多く含まれています。
    魚の脂肪は酸化されやすいので鮮度の高いものを選ぶこと、またEPA、DHAを多く含む魚の油を取れるように、鍋やムニエルなどの調理方法が適しています。
    出典 :n-3系脂肪酸はこんな食品で取れる|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    養殖のお魚にも多いんですね!