産後ママ必見!!!産後も綺麗なスタイルを保つためにおすすめの産褥体操!!!産褥体操まとめ☆☆

産後ママにおすすめの産褥体操って一体何???
産褥体操のやり方や効果は???
気になる産褥体操に関する情報をまとめてみました!!!

view596

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産褥体操って一体何???

  • 産褥体操とは????

     

    産褥体操とは体の血行を促し、子宮の回復や分娩時に使った筋肉の疲労回復に効果的な体操です。

  • 産褥体操は産後異常がなければ行うことができますが、担当の医師や看護師の許可が出てから行いましょう。帝王切開で出産した場合も許可が出てから行うようにし、産褥体操を行う際は傷口に負担ががからないように注意が必要です。産褥体操は体に無理のない程度にし、自分の体に合わせて回数や強さを少しずつ増やしていきましょう
    出典 :かんたん産褥体操 -妊娠・出産・育児のママベビ
     

    産後体操は産後1日目から可能です!!!

  • 産褥体操にはどんな効果があるの???

  • 妊娠前の体形に戻すために、妊娠中にゆるんだ筋肉を鍛える体操。体調に合わせて無理のない程度にはじめます。産後すぐから1週間くらいは、膣、会陰、子宮などを回復させる体操を。骨盤底の筋肉を強くする骨盤底トレーニングは産後3週間を目安に始めましょう。1カ月以降は腹筋や少しハードなシェイプアップ体操を加えてもよいでしょう。
    出典 :産褥体操|プレママタウン
  • 産褥体操のメリット
    ・お産によって疲れた筋肉をほぐす。
    ・産後のベッド中心の生活の運動不足を補う。
    ・妊娠、出産で緩んだ筋肉を再び引き締める。
    ・子宮の収縮を促して、産後の悪露の排泄をすすめる。
    ・子宮や骨盤の緩んでしまった部分の回復を後押しする。
    ・産後の睡眠不足などで疲れた体をリラックスさせる。
    ・体を動かして血液の循環を良くすることで母乳分泌を促す。
    ・妊娠で緩んだお腹や腰回り、産道付近の筋肉を引き締める準備。
    出典 :産褥体操とは
     

    こんなに沢山のメリットがあります!!!

  • 産褥体操を始める時の注意点!!!

     

    ・発熱や寝不足、疲労が溜まっている時は避ける。
    ・食前食後の1時間は避ける。
    ・新生児のお世話が優先。

  • 簡単な体操といっても産後の疲れた体には、程良い疲労感を与えるものです。ちょっと疲れたなと感じていたり、赤ちゃんのお世話で一緒に睡眠をとっておきたいなと思う時は休息を優先しましょう。
    産後のママは自分の体調の回復と、赤ちゃんのお世話で24時間フル稼働です。産褥体操は、産後の体に効果がありますが、無理やり行う必要はありません。眠くなったら先ずは睡眠をとって体力を維持しましょう。
    出典 :産褥体操とは
     

    自分の体の状態を確認してから産褥体操を始めましょう!!!

  • 産褥体操のやり方まとめ☆☆

  • 足首の曲げ伸ばし体操 / 10~15回程度 産後1日目から

     

    座った姿勢でも仰向けで横になった姿勢でもできます。

  • 膝をまっすぐ伸ばします。
    足首を前後にゆっくり動かします。
    左右交互に動かしてもいいです。
    赤い部分を意識しながら行うと力が入りやすいです。
    出典 :かんたん産褥体操 -妊娠・出産・育児のママベビ
  • 足首を左右に曲げる体操 / 10~15回程度 産後1日目から

     

    膝をまっすぐ伸ばします。
    足首を左右にゆっくり動かします。
    赤い部分を意識しながら行うと力が入りやすいです。
    座った姿勢でも仰向けで横になった姿勢でも大丈夫です。

  • 首を前後に曲げる体操 / 5回程度 産後1日目から

     

    背筋を伸ばしたまま首を前後にゆっくりと曲げます。赤い部分の筋肉が伸びていることを意識しながら行いましょう。
    最後に2、3回首を回転させます。
    座った姿勢でも大丈夫です。
    バランスが取りづらい時は椅子や壁につかまって行います。
    ふらふらする時は止めましょう。

  • ウエストをひねる体操 / 3~5回程度 産後3日目から

     

    足を交差させ上側の足の方向に体をゆっくりとひねります。この時両手も体と同じ方向にもっていきます。
    赤い部分が伸びていることを意識しながらひねりましょう

  • 脇腹を伸ばす体操 / 5回程度 産後3日目から

     

    背筋を伸ばして立ち体を横にゆっくりと曲げます。元に戻したら次は反対にゆっくり曲げまた元に戻します。
    赤い部分が伸びていることを意識しながら行います。

  • 脇腹を伸ばす体操 / 5回程度 産後3日目から

     

    背筋を伸ばして立ち体を横にゆっくりと曲げます。元に戻したら次は反対にゆっくり曲げまた元に戻します。
    赤い部分が伸びていることを意識しながら行います。

  • 肩の筋肉をほぐす体操 / 5~10回程度 肩がこっている時

     

    両肩をゆっくり上に持ち上げ、ゆっくりと下げます。
    赤い部分の筋肉が伸びていることを意識して、猫背にならないように気をつけます。
    授乳で赤ちゃんを抱き肩の筋肉が疲れた時にもお勧めです。

  • 出来る範囲から始めてみましょう!!!