国内に270万人以上!?ホントはこわいインターネット依存症について

日本国内だけでも270万人以上「中毒者」がいるというインターネット依存症。あなたも知らないうちになってしまっているかも、、、?この記事ではそんなインターネット依存症の症状と克服法をまとめてみました。

view653

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インターネット依存症ってどんな病気?

  •  

    こんなにこわいネット依存症

  • インターネットに熱中するあまり、インターネットを離れると孤独感や絶望感にさいなまれ、睡眠障害や生活リズムの崩れなどの症状に陥る状態。
    出典 :インターネット依存症 とは - コトバンク
     

    「どきっ」とした人、要注意です。

  • インターネット依存症は、「自分の意思で利用をコントロールできない」「常にそのことを考えてしまう」「人にやめるように言われても、やめられない」 「現実から逃避したい心理状況などから、過度利用してしまう」など、アルコール依存症などと同じような状態がみられます。
    出典 :ネット依存症 依存症の症状
     

    アルコール依存と似たようなものとイメージしてみるといいかもしれません。

  • ネットの使い過ぎが原因による「Internet Addiction Disorder」(IAD=インターネット依存症)では、重度の症状になると妄想や幻覚が見えるという。
    出典 :「インターネット依存症」日本国内に270万人 脳が退化、「妄想や幻覚を見る」は本当か (1/2) : J-CASTニュース
     

    IADっていうんですね。

  • IADは1997年、米国の精神科医イヴァン・ゴールドバーグ氏が理論づけた障害だ。
    多くの研究者が定義付けを試みているが、現時点では確立されたものはなく、精神疾患であるかどうかも結論は出ていない。
    研究者のひとりで米セント・ボナベンチャー大学のキンバリー・ヤング教授は、ネットに過度に没入するあまり、パソコンやモバイル機器を利用できないといらだったり、人間関係に煩わしさを感じたりするようになるのが特徴だと説明する。
    久里浜医療センターの2007年の調査では、国内でIADが疑われる20歳以上の人は約270万人と推計されている。
    未成年者はこの数字を上回る可能性が高い。
    出典 :「インターネット依存症」日本国内に270万人 脳が退化、「妄想や幻覚を見る」は本当か (1/2) : J-CASTニュース
     

    まだあまり研究が進んでいない病気のようです。
    それなのに、国内に270万人以上、、、こわいですね、、、!

  • インターネット依存症かどうかはどうやって調べればいいの?

  • 2012年10月~2013年3月に全国の中学校140校と高校124校の約14万人を対象に実施された調査より

     

    厚生労働省研究班(代表・大井田隆日大教授)が2012年10月~2013年3月に全国の中学校140校と高校124校の約14万人を対象に実施した調査の中で、中高生に対してされた質問事項です。

  • A. インターネットの利用時間がコントロールできない
    B. インターネットの利用時間過多により日常生活が困難になる
    C. インターネット接続への強い欲求
    D. インターネットの利用を禁止または制限をすると禁断症状がでる
    E. インターネットの過多利用で、家族間の関係が壊れる
    F. インターネットの利用により、社会的活動に影響がでる
    G. インターネット利用によって起こる奇異な行動
    H. 周囲の協力を得ても、インターネットの利用時間をコントロールすることが困難
    I. 精神面の重度な変化
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
     

    成城墨岡クリニックの墨岡孝医師とエンジェルズアイズが作成した診断基準

    「*チェックリストではないので個人での判断は避け、問題があると 感じた場合は医師の診断を受けてください」ということです。

  • A インターネットの利用時間がコントロールできない

    (ア) 利用目的がないのに長時間だらだらと利用する
    (イ) 自分で設定した時間(もしくはルール)を守れない
    (ウ) 自分ではやめたいという意思はあるのに、切断できない
    (エ) 人からやめるように指摘されても、切断できない
    (オ) 仕事、勉強以外でインターネットに3時間以上費やす
    (カ) 周囲の人からインターネットをやりすぎだと指摘される
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
     

    時間は大切です

  • B インターネットの利用時間過多により日常生活が困難になる

    (ア) インターネット以外のことに関心がない
    (イ) 朝起きてまずインターネットに接続する
    (ウ) インターネットがなにより最優先となる
    (エ) 食事中・お風呂・トイレ中などにネットに接続する
    (オ) 深夜または明け方まで利用するため慢性の睡眠不足
    (カ) 過度の利用により眼精疲労・視力低下など身体に影響
    (キ) 生活のリズムが変化、昼夜逆転の生活
    (ク) 集中力の低下によるけがや事故に遭う
    (ケ) 学力低下、作業効力低下
    (コ) 睡眠不足などから常にイライラしているもしくはボーっとしている
    (サ) 家族、周囲に隠れてネットを利用する
    (シ) 現実逃避にネットをしてしまうことによりますます現実から離れてしまう
    (ス) 部屋にとじこもってインターネットをしている
    (セ) 生活習慣の崩壊(風呂にはいらない、トイレにいかないなど)
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
     

    日常生活に支障をきたしはじめたら要注意です

  • C インターネット接続への強い欲求

    (ア) つねにインターネットのことが頭から離れない
    (イ) 禁止場所でも接続してしまう
    (ウ) 自転車などにのりながら、接続してしまう
    (エ) 常にネットにつないでいる
    (オ) 常に手にインターネット端末(携帯・スマートフォン)を持っている(手放さない)
    (カ) インターネットがないと生きていけないと感じる
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
  • D インターネットの利用を禁止または制限をすると禁断症状がでる

    (ア) インターネットの利用を止められると、イライラする、周囲にあたる
    (イ) インターネットの利用を止められると、不安になる
    (ウ) インターネットの利用を止められると、激しい怒りに襲われる
    (エ) インターネットの利用を止められると、物を破壊したり人に暴力をふるう
    (オ) インターネットの利用を止められると、手が震える、ジンマシンが出る
    (カ) インターネットの利用を止められると、泣く、大声を出す
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
     

    禁断症状が出始めるといよいよです

  • E インターネットの過多利用で、家族間の関係が壊れる

    (ア) 家族間のコミュニケーションの時間がない
    (イ) 家庭における責任・関係を放棄する
    (ウ) 家族に対して、暴言、暴力をふるう
    (エ) 離婚・家出・ひきこもりなど深刻な家庭崩壊をしている
    (オ) 家族を巻き込み家族にも精神的・経済的などの負担がかかる
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
     

    ネットが原因で家族との関係が崩れてしまうのはかなしいですね

  • F インターネットの利用により、社会的活動に影響がでる

    (ア) インターネットをするために学校・会社を遅刻、早退したり、休むこともある
    (イ) 仕事・授業・課題などが疎かにする、またはまったくしない。
    (ウ) 成績の低下、仕事能力の低下がみられる
    (エ) 仕事、学業、主婦業など責任の放棄(不登校・学校をやめる。仕事、会社をやめる。)
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
  • G インターネット利用によっておこる奇異な行動

    (ア) 周囲が目に入らない(他の事に関心をもたない)
    (イ) 頻繁にメールをチェックする
    (ウ) PCに向かって話しかける(チャットではなく独り言)
    (エ) ひどい言葉を使ったり、残酷な行動をとる
    (オ) わざと人を挑発するようなことを書きこむ
    (カ) 人と一緒にいるときも、一人で携帯電話・スマートフォンをいじっている
    (キ) ベッド、布団の中にパソコンを持ち込む
    (ク) ネットに多額の金銭を使う(ゲーム・SNSに月数万円使う)
    (ケ) ネット利用時と非利用時の性格が違う
    (コ) 依存に対して開き直る
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
  • H 周囲の協力を得ても、インターネットの利用時間をコントロールすることが困難

    (ア) 家族間で話し合いルールを作っても守れない
    (イ) フィルターなどで時間制限をかけても、フィルター解除を求める(方法を探り自分で解除)
    (ウ) PCを捨てる、携帯を捨てるなどをしても再度購入してしまう
    (エ) 周囲からネット以外の事へ働きかけをしても興味を持てない(拒否する)
    (オ) オンライン上の人間関係以外を否定する
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
  • I 精神的面の重度な変化

    (ア) 別人格をもつようになる
    (イ) 現実とネットの境界線がなくなる
    (ウ) 疑心暗鬼に陥りなにも信じられなくなる
    (エ) 自暴自棄になる
    (オ) 幻聴・幻覚があらわれる
    (カ) 万能感を抱いていると思わせる発言をする
    (キ) 他人に対して腹をたてている。傷つけたいと思う
    (ク) 自殺衝動がある(リストカットなどの行為)
    出典 :ネット依存症 チェックリスト
  • どうやって克服したらいいの?

  • ネットを使わない時間をつくる
    出典 :ネット中毒から脱け出し、一日を有意義に使うための5つの習慣 : ライフハッカー[日本版]
     

    意識してネットに触れない時間を作るのが大事みたいです。

  • 1日に利用するコンピューターの使用時間を事前に決めておく
    出典 :インターネット中毒予防相談センター>I WILL センター
     

    利用は計画的に

  • 特に目的もなくインターネットを1時間以上、使わないようにする
    出典 :インターネット中毒予防相談センター>I WILL センター
     

    目的をしっかり意識して利用しましょう

  • インターネット以外の面白い活動を増やす
    出典 :インターネット中毒予防相談センター>I WILL センター
     

    趣味を作りましょう