出産後、ホルモンバランス変化による”産後うつ”について

出産後にホルモンバランスが乱れることによって起こる、産後うつについて解説していきます。

view327

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後うつとは?

  • 「産後うつ」とはうつ病の一種です。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 産後うつの原因とは

  • 産後うつの原因ははっきりとわからないことが多いものの、出産を境に起こる急激な女性ホルモンの変化が、心に影響を及ぼす要因のひとつになっているといわれています。
    出典 :産後の“うつ”な気持ちはなぜ起こる? - gooベビー
  • 出産後は、妊娠中に赤ちゃんを胎内に迎えるために変化していたホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るため、乱れます。それによって誘発されるのが「産後うつ」と考えられています
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 最も一般的な原因は、出産したことでエストロゲンやプロゲステンといった女性ホルモンの変化だと言われていますが、現在のところはっきりとした原因は追求されていません。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • ある産婦人科医が実施したアンケートによると、妊娠中にうつを自覚した人は30%、産後うつは40%にものぼるそうです。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 産後うつによって引き起こされる症状

  • ・訳もなくゆううつになってすぐ泣いてしまったり
    ・食欲不振
    ・不眠
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • さらに次の症状が出てきたら危険度大

  • ・体がだるくなり起き上がるのも一苦労
    ・赤ちゃんの泣き声にもイライラ
    ・自分の存在価値が分からない
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 産後うつの予防策とは

  • いえ、もしかしたら急激な環境の変化と慣れない育児が原因でほぼ全員がかかっているにも関わらず、それが出る人と出ない人、気になる人と気づかない人の違いだけなのかもしれませんね。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 産後だけではなく妊娠中からも気をつけて、予防策についても考えておいた方が良いかもしれません。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  •  

    産後うつの原因は、
    ・出産を終えた後の環境の変化
    ・お母さんの性格
    に由来するところが大きいと言えます。

  •  

    環境においては、始めての育児やそれに伴う心身の疲れ、寝不足、社会からの孤立感などがあります。
    これらの現象が少しでも楽になるためには、お父さんの育児への積極的な参加はもちろんですが、おじいちゃんやおばあちゃんにも助けてもらうのをオススメします。

  • 発症時期・期間

  • 出産後約4週間で症状が出始め、数週間でその症状がピークに達し、3か月から12か月の間、それ以上の期間苦しむこともあります。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 見逃されやすい症状

  • 「産後うつ」の症状は見逃されやすいと言われています。産科や地域主催の乳児検診では「産後うつ」に関するチェックがほとんど行われていないことも一因となっているようです。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 「産後うつ」を経験した人は・・・体験談

  • ・授乳の際おっぱいがうまく出なくて、それだけでどん底に落ちたような気がして泣いたりしていた
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • ・なんだかイライラしてしまい、赤ちゃんが泣いていても見て見ぬふりをしてしまった。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • ・子供の泣き声を聞くだけで、気が狂うかと思い逃げ出したくてしょうがなかった
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 産後うつかもしれないと感じたら

  • うつ病は、放っておいたら治るという病気ではなく、病院を受診すべき病気であると、知っておく事は大切です。特に、死にたい気持ちが生じた時は、すぐに病院を受診しましょう。
    出典 :ホルモンが影響? 出産後に多いうつ病とは [うつ病] All About