あなたのブラッシングは正しい??気になる艶髪になれるブラッシングの方法まとめ☆艶髪を目指しましょう!

女性にとって髪の毛は命のように大切なものです!!!
気になる艶髪になれるブラッシングなどの情報をまとめてみました!!
実践して艶髪美人を目指しましょう!!!

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ブラッシングは必ず毎日行うようにしましょう!!

  • 今大人気のゆるふわヘア

     

    いわゆる「ゆるふわ」な髪型が流行で、
    まとめ髪ですら、ふんわり感を出すことが当たり前で、
    1日に1回もブラッシングしない人が増えています。

  • ブラッシングの効果とは???

  • ブラッシングには様々な効果があります!!!

     

    第一は、からんだ髪をほぐして抜け毛や汚れを取り除く整髪効果。髪や頭皮に付着したホコリやフケを取り去り、毛髪環境を清潔にします。

  • 第二は、うるおい効果。根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂をゆきわたらせ、つややかでうるおいのある髪をつくります。
    出典 :ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座
  • 第三は、マッサージ効果です。頭皮を適度に刺激することで血行がよくなり、髪に栄養がしっかり届くようになります。髪の成長促進にもいい影響を与えるので、髪の発育を促します。ただし、頭皮を強くこすったりたたいたりするのは、地肌を傷めるので絶対にやめましょう。
    出典 :ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座
  • ブラッシングのタイミングは???

     

    基本的にはいつ行っても構いませんが、シャンプー前や育毛剤をつける前にはぜひ行いましょう。シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケが落ちるので洗浄効果がアップ。髪のもつれを解いて、洗髪時の抜け毛を防ぐ働きもあります。

  • ブラッシングのポイントとは??

  • 髪を傷めない

    無理矢理ブラッシングをすると、髪のキューティクルが傷つき、髪を傷める原因になります。
    そこで、ブラッシングする際は、地肌からいきなりとかすのではなく、毛先から少しずつ髪をほぐしながらとかしていきます。まず、毛先のもつれを解き、徐々に上の部分へととかしていきます。
    髪の毛の真ん中をとかし、最後に毛の根元を、という順番でブラッシングしましょう。
    出典 :美しい髪になる!傷まないブラッシングのポイント | nanapi [ナナピ]
  • 濡れた髪の毛はブラッシングしないようにしましょう!!

     

    洗髪後の濡れたままの髪にはブラッシングしないでください。濡れた髪は非常にデリケートで傷みやすくなっています。必ずある程度乾かしてから、ブラシを通すようにしましょう。

  • 頭皮を傷つけない

    ブラッシングする際は、なるべく頭皮にブラシを当てないようにしましょう。頭皮を傷つけないようにするためです。
    血行がよくなると思って、ブラシをゴシゴシ頭皮にこすりつける人がいますが、間違いです。フケの原因にもなり、炎症を起こしやすくなります
    出典 :美しい髪になる!傷まないブラッシングのポイント | nanapi [ナナピ]
  • ブラシ選びにも気をつけましょう!!!

     

    ブラシの先端はとがっていないものを選びましょう。ほどよい弾力があって、ブラシの目は粗いものがおすすめです。細かすぎるとどうしても引っかかりやすくなります。

  • ブラッシングには、必ずブラッシング専用ブラシを使うこと。目の細いくしやブロー用のロールブラシは不向きです。素材は、静電気を発生させず毛先の柔らかいものがベスト。豚毛や猪毛のブラシなどなら理想的です。ナイロン製のブラシは静電気が起きやすいため、髪を傷めてしまう危険性が大。硬くて弾力性のない金属製のものも、頭皮や髪には刺激が強すぎてあまりよくありません。
    出典 :ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座
  • NGなブラッシングとは??

  • 素早くブラシを動かす

    ブラシを動かすスピードが速いと、摩擦でキューティクルを傷めたり、髪がもつれて切れ毛になりやすくなります。ゆっくり、やさしく行いましょう。
    出典 :ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座
  • 下から上へブラッシングする

    髪の毛のキューティクルは、根元から毛先に向かって並んでいるので、必ずその流れに沿ってブラッシングすること。逆毛を立てるのもおすすめしません。
    出典 :ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座
  • 表面の髪だけをブラッシングする

    髪全体にブラシを通さないと、ブラッシングの効果は半減です。ロングヘアの場合は、髪を少しずつ取り分けて行うと、まんべんなくブラッシングできます。
    出典 :ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座