【胃粘膜下腫瘍 】は胃の粘膜層よりも深い胃壁内にできる腫瘍。その【原因は】?胃癌との違いは?

【胃粘膜下腫瘍 】は胃の粘膜層よりも下にできるもので、進行してくると胃の内部に突出てくることになる。
【原因】はよく解らないものや 寄生虫などによるものまで様々。
悪性の場合には出血があり吐血することがあるので切除が必要であるが、胃癌とは異なりリンパへの転移がしにくいので、患部の局所切除となる。

view784

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 【胃粘膜下腫瘍 】とは

  • 【胃粘膜下腫瘍】 の原因は

  • 胃粘膜下腫瘍の原因については、不規則な生活、アンバランスな食事、はたまた寄生虫など様々なことが考えられていますが、結局は「原因不明」という事のようです。
    癌、潰瘍を含め、規則正しい生活を送ることを心がけなければなりませんね。

  • 胃癌とは

  • 日本人の死因第2位!

  • 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になったものです。細胞の分類としては、組織型(顕微鏡で観察したがん細胞の外見)のほとんどが腺がん用語集アイコンで、分化度用語集アイコンは大きく分類すると、分化型と未分化型に分けられます。同じ胃がんでも、細胞の組織型や分化度で治療方針は異なります。
    出典 :胃がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 胃粘膜下腫瘍の症状

  •  一般に、腫瘍が小さい場合はほとんど無症状で、多くは健診などで偶然発見されていますが、時に心窩部痛(しんかぶつう)や腹部不快感を伴う場合があります。悪性では腫瘍が崩れて出血し、吐血や下血を生じることがあります。

    出典 :胃粘膜下腫瘍(良性) - goo ヘルスケア
  • 粘膜下腫瘍は一般的にはあまり聞くことはない疾患だと思いますが、内視鏡検査では比較的みられることの多い疾患です。

    粘膜下腫瘍は粘膜の下に病変の主体があるため、通常の内視鏡のみでは、診断が難しいことが多く、これらの腫瘍の鑑別診断には超音波内視鏡検査(EUS)が有用です。

    症状はなく小さいものは良性であることがほとんどであるため、治療としては経過観察のみとなります。経過を見ていく中で大きくなってきた粘膜下腫瘍の場合は、悪性化を疑う必要がありますので、3cm以上のものや増大傾向のあるものに関しては超音波内視鏡検査等を行い、悪性が疑われる場合には手術が必要となります。
    出典 :胃粘膜下腫瘍症状と治療
  • 【胃粘膜下腫瘍 】と胃癌の手術の違い

  • 【胃粘膜下腫瘍 】と胃癌の違いはリンパ節への転移の有無

     

    【胃粘膜下腫瘍 】はリンパ節への転移が無い事が殆どで、手術は腫瘍の部分のみを切除する事となる。
    胃癌はリンパ節への転移が有る為、腫瘍の大きさ進行具合によっては胃を全て切除する事もある。

  • 典型的な胃がんの手術では、胃の半分以上を切り取り、胃のまわりにある決められたリンパ節を一緒に取ってきます。その後、残った胃と十二指腸や小腸をつなぐ手術になります。これに対し、胃粘膜下腫瘍の手術は、局所切除(きょくしょせつじょ)と呼ばれる方法が基本です。局所切除では腫瘍だけを完全に切り取ります。まわりのリンパ節は取りません。局所切除では胃のほとんどが残ります。
    出典 :GIST04
  • 【胃粘膜下腫瘍】の予防

  • まずは規則正しい生活、食事となります。
    食事ではビタミンC,ビタミンAを含む食品を積極的に摂ると良いそうです。
    やはりこまめな健康診断が必要ですね。