一人目は問題なく妊娠したのに・・・二人目不妊の原因

二人目が中々授からない・・・どうしてでしょう。二人目不妊の原因をまとえてみました。

  • kei 更新日:2014/02/13

view305

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二人目不妊とは?

  • 二人目不妊とはどういう状態のことでしょう。

  •  

    そろそろ二人目と考えているのに中々できない・・・

  • 二人目不妊とは、一人目は自然に授かったのにも関わらず、二人目(以降)がなかなか授からない不妊症のことです。二人目不妊かどうかの目安となる期間は、通常の不妊症と同様に避妊をやめてから2年です。正確には、前回出産後の授乳期間を終えた後に避妊をやめてから2年となり、この期間に授からなければ二人目不妊が疑われます。
    出典 :二人目が授からない「二人目不妊」|不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』
  • どのような特徴があるのでしょうか。

  • 1.一人目は結婚後、早い段階で自然妊娠している
    2.不妊症の基本検査をおこなっても大きな異常がない
    3.実際に一般不妊治療をおこなってもすぐには妊娠しない
    出典 :二人目が授からない「二人目不妊」|不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』
  • どこからが二人目不妊となるのでしょうか

  • 前回の出産後に母乳をあげている期間が終了してから不妊期間としてカウントします。例えば、4年前に出産して1年間の母乳期間があったとすると、不妊期間は3年間となります。
    一般的な不妊の定義では、避妊をせずに2年間妊娠しなかったら不妊とされますので、このような場合は二人目不妊と考えられます。
    出典 :二人目不妊|妊娠したいコム
  • 二人目不妊の原因

  • どのようなことが原因なのでしょうか。

  • 二人目不妊になってしまう具体的な原因として、主に以下のものが想定されます。
    •年齢や生活環境の変化/•卵子の状態/•精子の状態/•セックスの変化
    出典 :二人目不妊|妊娠したいコム
  • 二人目不妊のもっとも大きな原因と言われているのが「加齢」

  • 近年は女性の晩婚化に伴い、一人目の出産後、二人目を授かろうとした時にはすでに年齢が30代後半という場合も珍しくありません。ところが女性は35歳を過ぎると、ホルモン分泌が悪くなったり子宮機能や卵子の質が徐々に低下してくるため、前回よりもさらに妊娠しにくくなると言われています。
    出典 :二人目が授からない「二人目不妊」|不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』
  • 出産を経て月経周期などに変化が起こることはあっても、排卵自体が起こらなくなることはありません。

  • 排卵の「質」には変化が起こっている可能性があります。加齢に伴う卵子の質の低下は35歳を過ぎると始まり、40歳以降ではその影響は深刻なものとなります。また育児や生活環境の変化などのストレスが、生殖機能に何らかの影響を及ぼしている可能性があると考えられます。
    出典 :二人目不妊|妊娠したいコム
  • 卵子と同様に、精子も加齢による影響を受けると考えられています。ただし男性には女性の閉経に相当するような大きな生殖機能の変化がないため、女性と比較すると長い期間生殖機能が続きます。実際に60歳を越えても子供に恵まれる人もいることから、女性ほど加齢が不妊の原因となりにくいと言えるでしょう。
    出典 :二人目不妊|妊娠したいコム
  •  

    一人目出産後のセックスの変化はどうでしょう。

  • 仲良しの回数が減ってしまうことも、二人目不妊の原因としてあります。仲良しの回数は多ければ多いほど妊娠しやすいことが分かっていますので、一人目を妊娠した時から仲良しの回数が減っていたら要注意です。
    出典 :二人目不妊の原因 -赤ちゃんが欲しいナビ-
  • よく勘違いされるのですが、「仲良しを頻繁にすると、精子が薄くなり妊娠しにくくなる」と思っている方が多いようです。ところがそんなことは全くなく、週に1回未満の仲良しでは半年以内に妊娠する確率はわずか20%未満というデータもあるくらいです。逆に週4回以上仲良しをした夫婦は、妊娠率は実に80%以上にもなるそうです。
    出典 :二人目不妊の原因 -赤ちゃんが欲しいナビ-
  • 二人目不妊かな、と思ったら早めに検査をしましょう。そうであれば早めの不妊治療が必要になってきます。年齢とともにリスクも高まり、妊娠効果も薄れていくそうです。少しでも早く、専門医に相談し早めの対策を練られることをお勧めいたします。