インフルエンザの症状と潜伏期間

毎年のように流行するインフルエンザの症状と潜伏期間について調べてみました。

view295

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザとは、どんな病気?

  • インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。日本では毎年11月~4月に流行が見られます。
    出典 :インフルエンザ~症状と種類、予防まで~
     

    2009年春、「新型インフルエンザ」が流行したことは、まだ記憶に新しいところです。

  • インフルエンザの原因は?

  • インフルエンザウイルス

     

    インフルエンザウイルスは、直径が1万分の1ミリ(100nm、1/10μm)の球形です。
    1個のウイルスが細胞に感染して増殖すると、8時間後に約100個、1日で100万個になるといわれています。
    ヒトに感染性を示すインフルエンザウイルスはA型、B型、C型の3種類あります。A型インフルエンザはヒト以外に、トリ、ブタ、ウマに感染し、B型はヒトです。C型は軽いかぜ様の症状のみで、流行を起こすのはA型とB型です。

  • インフルエンザの症状と潜伏期間

  • インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。
    出典 :インフルエンザ~症状と種類、予防まで~
  • かかったら、どううする?

  • ・早めに医療機関を受診しましょう。
    ・安静にし、休養を。特に、睡眠を十分にとることが大切。
    ・水分を十分に補給。お茶、スープなど飲みたいものでOK。
    ・咳・くしゃみなどの症状があるときは、まわりの人にうつさないように、不織布製マスクを着用。
    出典 :インフルエンザQ&A (厚生労働省)
     

    インフルエンザを軽くみてはいけません。一人の罹患者の不注意で多くの人にうつってしまいます。

  • 大流行を起こすのは?

  • 大きな流行を起こすのは「A型」と「B型」

     

    A型、B型は毎年冬期(まれに春期)に流行を繰り返し、多くの場合のヒトのインフルエンザの原因になります。A型は世界的な大流行を起こしやすいことが知られています。B型はA型に比べると流行の規模は小さいのですが、流行を毎年繰り返しています。

  • インフルエンザの症状、風邪との違い

  • インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症で、鼻、のど、気管支などに感染します。症状は、突然の38~39℃を超える発熱と頭痛、関節痛、筋肉痛などのほか、鼻みず、のどの痛み、咳などの上気道炎症状がみられ、体がだるいなどの全身症状が強いのが特徴。流行期(例年11月~4月)にこれらの症状がみられたら、インフルエンザを疑いましょう。
    出典 :かぜとインフルエンザについて/発熱したら/テルモ体温研究所
     

    インフルエンザの大きな特徴は全身症状です。

  • インフルエンザはどのようにして感染するのか

  • 飛沫感染

     

    インフルエンザは、飛沫感染します。咳とかくしゃみで飛び散って空中感染するので、マスク着用がとても大事です。

  • 1シーズンに2回もかかる人がいる!

  • インフルエンザにかかると、そのウイルスに対する免疫ができるので、そのシーズン中に同じウイルスに2度かかることはありません。しかし、3種類あるウイルスが同時流行することがあるので、さらに別の型にかかることもあります。それを防ぐために、インフルエンザのワクチンは、あらかじめ3種類の型を混合したものとなっています。
    出典 :かぜとインフルエンザについて/発熱したら/テルモ体温研究所
     

    インフルエンザのワクチンは、3種類のうウイルスを予防するようにつくられている。だから、予防接種は大事です。

  • インフルエンザウイルスは「変異」し続けている

  • 10~40年に一度起きる変異が「不連続変異」で、ウイルスの病原性や毒性とともにHAやNAが全く違う型に置き換わることがあります。日本では、2008年まで毎年インフルエンザ(Aソ連型、A香港型、B型)が流行したが、2009年に「新型インフルエンザ」の世界的大流行(パンデミック)があり、その後、「パンデミックインフルエンザ」のA香港型、B型の流行が毎年確認されています。
    出典 :アステラス製薬/なるほど病気ガイド/インフルエンザ
     

    新型インフルエンザが発生すると、免疫がないので大流行し、たいへんなことになります。2009年の世界的大流行がそれでした。