これを見たら禁煙したくなる!妊娠中の喫煙が招く障害ってどんな物があるの??赤ちゃんに影響はあるの??

妊娠中に喫煙してる人って案外多いはず!!
そんな人におすすめの情報をまとめてみました!!
これを見たらきっと禁煙したくなるはずです!!

view4171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中って喫煙しても良いの???

  • タバコは妊娠中のどの時期に吸っても、妊婦さん自身はもちろん、おなかの赤ちゃんに悪影響を与えます。喫煙を続けることによって母体と胎児にトラブルが起こる可能性がいっそう高まるので、妊娠後期まで喫煙していると、当然リスクは大きくなってしまいます。妊娠がわかったら、即刻、禁煙を決意してください。
    出典 :これを読んでスッパリ禁煙! - gooベビー
     

    妊娠中の喫煙は赤ちゃんにとってもママにとっても大変危険だし悪影響があるのです!!

  • たばこの母体への影響!!

  • 子宮ガン

     

    癌を招く危険がある事を知ってる人は少ないはず!!

  • 女性にとってたばこの影響で一番怖いのは子宮ガンです。喫煙者の子宮ガンの死亡確率は非喫煙者に比べてみると、なんと1.6倍にもなります。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  • 肌の大敵

     

    お肌へ与える影響はかなり大きいので注意が必要です!!

  • たばこは女性の肌への大敵です。血管が収縮する事によって血行を悪くし、メラニン色素の代謝が悪くなりシミ・そばかすが出来やすくなります。妊娠中はとくに抵抗力がなくなっているので、なおさらです。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
     

    特に妊娠中はお肌への影響がかなり大きいようです!!

  • 口臭や歯槽膿漏にも

     

    他人に不快な気持ちにさせてしまうこともあるので注意が必要です!!

  • たばこは口臭の原因でもあります。妊娠中は普段より悪化するのが早く、ヤニによって白い歯は失われ歯槽膿漏を引き起こします。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  • たばこの胎児への影響!!

  • 出産時の低体重

  • 喫煙が胎児に及ぼす最も大きな影響は出生時の低体重です。喫煙量が多いほど新生児の体重が少なくなる傾向があり、出産時の胎児の体重が非喫煙者と比べると170g~250g少なくなります。

    これによって未熟児出生のリスクは非喫煙者に比べると2、3倍に増え、知能や発達の遅れ・また発育にも影響します。 これは喫煙によって母体の血管が細くなってしまうため、胎児に十分な栄養や酸素が届かなったからです。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  • 流産・早産の可能性

    流産の原因の多くは胎児の染色体異常ですが、1日20本のたばこを吸うと流産率は非喫煙者の2倍を超えるという報告があります。また早産に関しても同様で早産率が非喫煙者の1.5 倍ほど高いと報告されています
    出典 :妊娠中のたばこの影響
     

    喫煙が影響で赤ちゃんの命を奪う可能性もあるのです!!

  • 常位胎盤早期剥離の発生

    常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)とは妊娠中または分娩時に、正常位置に付着している胎盤が胎児の娩出より先に剥がれてしまうことです。

    胎児仮死、胎児死亡、子宮の摘出、さらには母体死亡なども起こりうる重要な疾患です。発生率は全妊娠の1、2%ですが喫煙している場合、血流の衰えなどが原因で非喫煙者より高くなることがわかっています。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  • 妊娠中の喫煙はこんなに危険です!!