女性必見!お腹が張って痛いのは婦人病のせい!?

お腹が張って痛いという症状は、男性よりも女性に多く見られます。
女性の場合、お腹が張って痛いのは婦人病が関係しているかもしれません。
婦人病は不妊症の大きな原因となるため、早期発見・早期治療をお勧めします。

view88

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お腹が張って痛い!考えられる病気は?

  •  

    女性は、月経前になると体の不調を感じやすくなります。
    全く無症状の人も居ますが、月経前からお腹の張りや痛み、頭痛、熱っぽい、肌荒れなどが表れることも珍しくはありません。
    このような不調は女性ホルモンの影響で起こりますが、あまりにも症状が酷い場合には注意が必要です。
    お腹が張って痛いせいでベッドから起き上がることができない、学校や職場に行けないなど生活に支障をきたしている場合、それは月経困難症かも知れません。
    月経困難症は、特に月経が始まってから1日目と2日目に症状が酷くなります。
    酷い月経痛は何らかの病気のサインである可能性もあるため、検査を受けてみましょう。

  • 子宮筋腫は子宮をつくっている子宮筋のなかにできる良性の腫瘍です。
    出典 :子宮筋腫
     

    お腹が張って痛い原因は子宮筋腫かも知れません。
    子宮筋腫は30歳以上の女性に多く見られ、4人に1人くらいの割合で発症すると言われています。
    しかし、腫瘍と言ってもがんになることはほとんどないため、命に関わる病気ではありません。
    症状は、酷い月経痛や経血量が異常に多い、貧血、腰痛などが挙げられます。
    子宮筋腫は、子宮の中で卵管などを圧迫してしまいます。
    これが不妊の原因となっていることもあるのです。
    このように子宮筋腫は命に関わる病気ではありませんが、妊娠を望む場合は治療を行うことが望ましいでしょう。
    もちろん、妊娠を望まなくても症状がある場合は治療が必要です。

  • 卵巣のう腫は卵巣にできる良性の腫瘍(コブのようなもの)です。
    出典 :卵巣のう腫
     

    腫瘍が卵巣にできた場合には卵巣のう腫となります。
    これも良性の腫瘍で、初期の頃は自覚症状が無いと言われています。
    しかし、腫瘍が大きくなってくると次第にお腹が張って痛いなどの症状が表れてきます。
    そのため、症状で病気に気付くころには腫瘍はかなり大きくなっていると言えるでしょう。
    主な治療方法は腫瘍の摘出手術です。
    腫瘍だけ摘出する場合もあれば、卵巣ごと摘出することもあるようです。

  •  

    お腹が張って痛い婦人病には、更年期障害も挙げられます。
    この病気は閉経前後の45歳から50歳あたりの女性特有の病気です。
    原因としては、ホルモン分泌の乱れが最も大きいようです。
    症状は人によって様々ですが、多くの人はのぼせ、発汗、冷え、動悸、息切れ、腰痛、肩こり、吐き気、頭痛、腹痛などの症状を訴えます。
    また、更年期障害は精神面にも不調が表れます。
    憂鬱、イライラ、落ち込むなど情緒不安定になることもあるようです。
    あまりにも症状が酷い場合には、治療を受けることをお勧めします。

  • OHSS(卵巣過剰刺激症候群)
    出典 :OHSS(卵巣過剰刺激症候群)
     

    不妊治療として排卵誘発剤を使っている人は、卵巣過剰刺激症候群の可能性もあります。
    原因は、排卵誘発剤によって卵胞に過剰な刺激が加わったことが挙げられます。
    お腹が張って痛いだけでなく吐き気や下痢、体重が増えるといった症状が見られます。
    卵巣過剰刺激症候群の場合、排卵剤の使用は中止します。

  •  

    お腹が張って痛いという症状が表れる婦人病はいくつかあります。
    中でも月経困難症、子宮筋腫、卵巣のう腫は早い段階で治療をする必要があるでしょう。
    しかし、これらは病気を自覚していない人が多いのも事実です。
    目立った症状がなくても、病気はどんどん進行してしまうのです。
    そのため、このような婦人病を早めに発見するためには婦人科検診がとても重要になります。
    子宮頸がん検診、子宮体がん検診、乳がん検診は毎年1回必ず受けましょう。
    このような健診を積極的に受けることで、病気の早期発見に繋がり不妊症の改善になります。