しっかり知識を付けよう!「オイリー肌のスキンケア」を始めよう!

オイリー肌のスキンケア方法をしっかりと知識をつけて行おう!肌のお手入れは大切なのです。

view106

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • オイリー肌とは

  • 通常お肌は皮脂と汗などの分泌物が乳化し皮脂膜となり、表面を覆って天然のクリームとなり、お肌の内部の水分の蒸発を防ぐとともに、様々な刺激からお肌を守る役割をしています。しかしストレスや睡眠不足、遺伝的なものが要因で男性ホルモンの分泌が活発なため皮脂の分泌が過剰になり、顔が光るほどになっている状態が脂性肌です。
    出典 :脂性肌のお手入れ | スキンケア大学
     

    これがオイリー肌ですね!

  • オイリー肌は

     

    なんだか油が出ているから、しっとりしているイメージがありませんか?もしかしたら違うかもしれません。たいていの人が乾燥肌が隠れているのです。

  • 乳液は必要?不要?

  • オイリー肌で顔がテカテカするから、乳液はちょっと・・・乳液つけたらニキビ悪化したような・・・でも、オイリー肌こそ保湿は必要だって言うし・・・こんな感じで、脂性肌の方であれば「乳液をつけるか問題」がついて回っているかと
    出典 :『脂性肌』(オイリー)に乳液は必要?化粧水はさっぱり?しっとり? | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ
     

    乳液つけたらだめ?良い?気になる事は沢山ありますよね。

  • ○「ストレス」「遺伝」「思春期によるホルモン分泌の乱れ」などが原因で、乾燥は特に関係ない“真”のオイリーの場合・・・ ⇒ 【化粧水は「さっぱり」でOK。乳液も必要ない。】○バリア機能低下などによる「乾燥」が原因の“偽”の見せかけのオイリーの場合・・・⇒ 【化粧水は「しっとり」。乳液も場合によっては使う。】
    出典 :『脂性肌』(オイリー)に乳液は必要?化粧水はさっぱり?しっとり? | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ
     

    このような部分は大切な要素ですね。

  • 洗顔をきちんとしよう

  • オイリー肌の人は皮脂の分泌が多いため、汚れが肌に付着しやすい傾向にあります。この汚れが毛穴に詰まると毛穴の黒ずみや炎症などの原因になるためクレンジングでしっかりと皮脂汚れなどを落とすようにしましょう
    出典 :オイリー肌を改善するためのスキンケア術
     

    クレンジングでしっかりと汚れは落とし切りたいものですね。

  • クレンジング剤選びについてですが、皮脂が多く分泌されているとかなりしっかりした洗浄力のものを選びたくなるかもしれません。しかし皮脂を多く取り除きすぎると肌に負担がかかってしまうので、クリームタイプやミルクタイプなどの比較的マイルドなものを選ぶようにしましょう
    出典 :オイリー肌を改善するためのスキンケア術
  • 洗顔料はできるだけ肌に刺激を与えないものを選ぶようにしましょう。洗顔料による刺激によって、肌を守るために皮脂が過剰に分泌されるケースが考えられます。また、洗浄力が強すぎるのもNG。
    出典 :オイリー肌を改善するためのスキンケア術
  • テカリが気になると、どうしても洗浄力の強いスクラブ洗顔やメンソール配合のものを選びがちですが、洗浄力が強い洗顔料を使うと肌に必要な皮脂が流れてしまい肌の乾燥が進んで皮脂が大量に分泌される原因となります。洗浄力がマイルドで、刺激物無添加の洗顔料を選ぶようにしましょう。
    出典 :オイリー肌を改善するためのスキンケア術
  • 保湿はきちんと

  • 良く泡立てて、特に皮脂の分泌が活発な部分を優しく洗い、洗顔した後は化粧水を顔全体に馴染ませます。皮脂が多いから保湿は必要がないと思っている方が多いのですが、皮脂がたくさん分泌されていても肌内部に水分が足りていない人は意外に多いもの。脂性でも「保湿」はしっかりしてください
    出典 :脂性肌のお手入れ | スキンケア大学
  • あまりこってりしたものを塗ると、肌がべたつきますので、引き締め効果のある収れん化粧水やさっぱりした化粧水をたっぷりつけ、その後油分を含んだ美容液などをつけましょう。
    出典 :脂性肌のお手入れ | スキンケア大学
  • 洗顔については

     

    ごしごしと洗うのは避けましょう。肌に傷がついて炎症が起きる可能性も。優しくそして、洗いにくく汚れが溜まりやすい部分などもしっかりと洗えるようにしておきたいものですね。