視野が暗い、視力の低下。中心性漿液性脈絡網膜症治療の方法

30代から40代の働き盛りの男性に多い目の病気、中心性漿液性脈絡網膜症治療法を調べました。
症状としては、視野の中心が暗い、視力の低下などです。

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中心性漿液性脈絡網膜症とは

  • 中心性漿液性脈絡網膜症は、光を感じる神経の膜である網膜の中で、最も視力に関係する部分(黄斑)に網膜剥離が発生する病気です。30~50代の働き盛りの男性に多くみられます。
    出典 :日本眼科学会:目の病気 中心性漿液性脈絡網膜症
     

    片方の目に発症する場合が多いのですが、時に、両目に発症する場合があります。
    ほとんどは自然に治る場合が多いです。

  •  

    網膜黄斑部の下の感覚網膜と網膜色素上皮の間に、円形または楕円形状の小さな水溜りのようなものができ、その部分が盛り上がって軽い網膜剥離を起こすのが中心性漿液性脈絡網膜症です。

  • 中心性漿液性脈絡網膜症の症状

  • 物を見ようとしても、中心部が暗くかすんで見えにくくなる「中心暗点」が主な症状です。そのほか、ものが実際より小さく見える「小視症」や、ものがゆがんで見える「変視症」などが起こることがあります。これらの症状も、視野の中心部だけに現れるのが、中心性網膜症の特徴です。
    出典 :中心性漿液性脈絡網膜症の症状と治療法
     

    遠視になることもありますが、眼鏡で対応可能なものです。

  • 中心性漿液性脈絡網膜症の原因

  • 中心性漿液性網脈絡膜症の原因は、睡眠不足や過労、ストレスなどの影響が考えられています。
    この病気の治療や予防には、本当は時間をとって、ゆっくり身体と心を休めるのが一番だともいえます。
    出典 :中心性漿液性網脈絡膜症の治療 | 医療法人社団 星英会 眼科スターアイクリニック
  • 中心性漿液性脈絡網膜症治療方法

  • 3ヵ月~半年くらいで自然に治る傾向があるため、循環改善薬やビタミン剤などの内服で経過をみることもあります。経過が長引いたり、再発をくり返す場合で、水のもれ出している場所がものをみる中心から離れているときは、積極的にレーザー治療などをおこないます。
    出典 :中心性漿液性脈絡網膜症|目の病気について|医療法人 藤田眼科
  • 薬物治療として、消炎酵素剤や網脈絡膜循環改善剤を内服します。 視力低下があって長期化しそうであれば、眼底造影検査で見つけた造影剤の漏出点に対し、レーザー網膜光凝固術で治療を外来で行います。
    蛍光眼底造影で発見された液体の漏出点に、軽いレーザー光線を照射して細胞を凝固します。
    出典 :中心漿液性脈絡膜症 可児市 眼科【西可児眼科クリニック】
  • レーザー治療

  • 網膜色素上皮の障害部位が、黄班部の中心部分から離れている場合は、レーザーによる光凝固術を行います。レーザー光凝固術は、脈絡網からの漏出点にレーザーを照射し、細胞を凝固させます。こうすることにより、凝固された細胞を修復しようと活動が活発化し、結果バリア機能が再構築されます。
    出典 :かみもと眼科 眼科
     

    この後、漏出した液の吸収が始まり、数週間後には自覚症状が改善されます。

  •  

    麻酔の目薬をしたあとにレーザー用のコンタクトレンズをつけて行います。
    多少の痛みを伴う場合がありますが、10分から15分程で1回の治療は終わります。
    また必要に応じてレーザーを追加する場合があります。
    レーザー直後は暗く感じて見えにくくなることがありますが、普通は15分程で戻ってきます

  • レーザー治療には、回復までの期間を早めたり再発を予防したりする効果があります。しかし、しみ出し部分が中心に極めて近い場合、レーザー治療はできないので内服薬による治療が一般に行われます。
    出典 :中心性漿液性脈絡網膜症 | 川口あおぞら眼科 川口市 眼科|白内障日帰り手術