海外旅行に行く人必見!!マラリアってどんな病気??予防接種ってあるの??

マラリアという病名を聞いたことはあるけどどんな症状なのか知らない人も多いはず!!
気になる症状&予防接種などについてまとめてみました!!

view389

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マラリアってどんな病気なの???


  • 世界中で年間、3億人以上がマラリアに感染し、その犠牲者は200万人以上に達します。特にサハラ以南の熱帯性のアフリカ諸国に多数の患者が発生します。熱帯諸国への海外渡航者やこの地域から来日した外国人によって、毎年、110名前後のマラリア患者が国内で発生しております。国内の感染症新法ではマラリアは4類感染症に分類され、診断した医師は7日以内に保健所に届け出る必要があります。
    出典 :マラリア
     

    未だに犠牲者が多い国もある!!
    国内でも発生しているので要注意!!

  • マラリアはどうして起こるの??

  • マラリアは、熱帯地方にいる夜間吸血性の雌ハマダラカに媒介されるマラリア原虫により感染します。熱帯熱マラリア原虫、三日熱マラリア原虫、四日熱マラリア原虫、卵形マラリア原虫の4種類の原虫がいます。
    出典 :マラリア
     

    虫が媒介してる恐ろしい病気!!

  • マラリアを媒介してる蚊!!

     

    こんな小さな蚊が媒介してるのかと思うと恐ろしい!!

  • マラリアの感染経路

  • マラリアの症状はどんななの???

  • 一定の潜伏期間後、悪寒、震えと共に熱発作が1~2時間続きます。この熱発作の間隔は、四日熱マラリアで72時間ごと、三日熱・卵型マラリアで48時間ごと、熱帯マラリアで24時間ごとに起こります。その後、体温は更に上昇し、顔面紅潮、呼吸切迫、口渇、頻脈、嘔吐、頭痛、筋肉痛などが4~5時間続き、その後、解熱します。熱帯熱マラリアでは高熱が持続し、意識障害、腎不全などを起こしやすいのです。日本では、感染者数が少ないために正確にマラリアと診断することが困難で、風邪などと誤診されて、治療が遅れ、死亡するケースも報告されております。
    出典 :マラリア
     

    日本では中々マラリア患者が居ないので見逃されやすい!!
    旅行などの後に体調が悪くなった時は医師に伝えよう!!

  • マラリアはどのような場所で流行してるの???

  • アジアでは中国南部、フィリピン、ベトナム、ラオス、タイ、カンボジア、ミャンマー、インドネシア、マレーシア、パプアニューギニア、モルジブ、セイシェルなどです。アフリカではサハラ砂漠以南のアフリカ諸国である中央アフリカ、コンゴ民主共和国、カボン、ケニア、カメルーン、ナイジェリア、ベナン、ガーナ、コートジボワール、シエラレオネ、ギニア、セネガルなどです。中南米ではグアテマラ、ホンジュラス、コロンビア、エクアドル、ペルー、ガイアナなどです。
    出典 :マラリア
     

    アフリカや中南米での流行が見られる!!
    旅行などで訪れる人は要注意!!

  • マラリアのリスクのある国!!

  • どうやって予防するの???

  • どうしても熱帯アフリカや東南アジアに行かなければならない場合は、肌を露出しないようにして、厚手の服装を着用して蚊に刺されないようにします。防虫スプレーで手足や顔に散布します。歩行時は携帯蚊とり線香をベルトに吊るします。就寝時には蚊帳を使います。
    出典 :マラリア
     

    蚊にさされないように気をつけよう!!

  • マラリアの予防接種はあるの??

  • マラリア予防薬については、例えば、メフロキンという薬の場合は、マラリア流行地域到着1週間前から飲み始める必要があるので、それまでに医師から処方を受けることが必要です。
     マラリア予防薬は、副作用が現れることもあるので、医師とよく相談して処方してもらうことが必要です。
     また、予防内服をしていてもマラリアに感染することがあるので注意が必要です。 マラリア流行地域へ行かれる方は、マラリアに罹らないためには、夜間の外出を控えたり、虫除けスプレーを利用するなどして蚊に刺されないようにするなど工夫が必要です。
     熱帯・亜熱帯地域を中心に毎年多くのマラリア患者が発生しています。マラリア原虫を持った蚊に刺されることによって感染しますが、この原虫を媒介する蚊は、主として、夕方から夜明けにかけて現れて人や動物を吸血します。
     マラリア予防薬は熱帯・亜熱帯地域に行かれる方すべてに必要なわけではありませんが、患者の発生が多い地域に行かれる方、その中でもキャンプ、山村、森林地帯などに滞在するようなプランを立てている方には、予防薬の内服を勧めます。すなわち、マラリア予防薬の必要性は、滞在地、滞在時期や期間、現地での行動などによって異なります。
    出典 :黄熱以外の予防接種とマラリア予防薬の処方案内
     

    予防薬はあるが必ず予防できるわけではないので注意が必要です!!

  • 場所によっても予防策が異なってくる