蚊に刺されにくくなる【テクニック】

テクニックがあれば
蚊なんて怖くない!
まとめてみました!!!

view392

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 被害を受ける率は違う

  • 蚊が飛び交う季節になってきましたが、一度刺されると患部が赤くはれかゆくなり困りますよね。

    実は蚊に刺されやすい人には特徴があり、同じ部屋にいても被害を受ける率は違ってくるのだそうです。

    そもそも蚊がなぜ人の血を吸うのかと言うと、メスの蚊が産卵のための栄養分を吸収するためなのです。

    では何故その時に蚊は刺す人を選別しているのかかというと、血がおいしそうだと思う人を判別していることが研究で分かっています。つまりかに刺されやすい人には、ちゃんと特徴があるということです。
    出典 :蚊に刺されやすい人の特徴
  • 蚊に刺されてから不快な思いをすることがないように、下記のテクニックを駆使して未然に防ぎましょう。
    出典 :刺される人は何がダメ?「蚊」が寄り付かないようにするテク6つ - Peachy - ライブドアニュース
  • 市販の虫よけスプレーや虫よけリングをつけたり、蚊取り線香をたく

  •  

    昔からずっと使われている
    蚊取り線香は効果が良いのです
    今ではデザインが良いものもでていますよね 

  • 蚊が嫌がるレモンの香りのアロマスプレーを体にふきつける

  •  

    レモンの香りは
    蚊が嫌がります
    アロマの力も蚊に効果的なのです

  • 汗はこまめに拭き取る

  •  

    汗で蚊は寄ってきます
    制汗スプレーで抑えるなど
    汗の対策も必要になってくるのです

  • パーカーなどの羽織ものを着用して、肌の露出を減らす

  •  

    熱いかもしれません
    しかし通気性の良い
    パーカーを使用するだけでも
    全然違うのです

  • 蚊が繁殖する水まわりには近寄らない

  •  

    こういうところにはボウフラが良くいるので
    蚊が増殖しています
    近づくだけで
    刺される確率がかなりあがります

  • 蚊は二酸化炭素を目印に近寄ってくるので、炭酸水を近くに置いておとりにする

  •  

    炭酸水には蚊がよってきます
    その効果を利用しましょう
    二酸化炭素が蚊を引き付けてくれます

  • 蚊に刺されてしまうと30分ほど痒みが持続するので、耐え切れずに掻きむしって、肌に傷をつけてしまうことがあります。もし刺されてしまったら、患部を冷やし、虫刺されの薬を塗るようにしましょう。

    今年の夏は完璧な虫刺され対策をして、屋外でのレジャーを思い切り楽しんじゃいましょうね。
    出典 :刺される人は何がダメ?「蚊」が寄り付かないようにするテク6つ - Peachy - ライブドアニュース