古い肌を脱ぎ捨てる!お肌の入れ替え法★

肌は毎日生まれ変わっているんです。お肌の新陳代謝が悪いと様々な肌トラブルの原因に…。美白や美肌効果を向上させるためにも古い肌を脱ぎ捨てましょう!

view564

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌が生まれ変わる仕組み

  • 皮膚の細胞は約28日周期で生まれ変わります。
    この皮膚の細胞の生まれ変わりを「ターンオーバー」と言います。
    しかし、加齢などでこの新陳代謝が衰えてくると、メラニン色素の沈着がおこり様々な肌トラブルの原因ともなります。

  • 肌を再生させる方法その①「スキンケア」

  • ホームピーリング

     

    ホームピーリングとして代表的なものは石鹸やジェル、ローションなどがあります。
    それらにピーリング効果のある薬剤が組み込まれており、エステや医療機関で行うほど強い濃度では無いため、比較的安全な効果が得られますが、配合成分や副作用などの注意点はよく読み実施する必要があります。

  • ケミカルピーリング

     

    皮膚科で一般的なのは、ケミカルピーリング。
    「酸性」の薬剤を皮膚の表面に塗り、古い角質を取り除くと同時にコラーゲンやエラスチンを増加させて、皮膚の活性化を進めることにより、新しい皮膚を作る治療方法です。

  • 古い角質や皮脂汚れを取り除いて、肌をリセット『ケミカルピーリング(グリコール酸)』
    出典 :品川スキンクリニック
     

    【メリット】
    ●ピーリングの中でも手軽に行える
    ●ターンオーバーの正常化、新陳代謝の促進
    ●他のピーリングに比べ安価

    【デメリット】
    ●軽度の痛み、赤み(個人差あり)
    ●乾燥と紫外線の影響を受けやすくなる
    ●超敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の人は受けられない

  • レーザーピーリング

     

    エステや医療現場などで使用されるレーザー機器で、光線を患部に照射し、古くなった角質や表皮さまざまな肌トラブルの元となる部分を除去、改善させるピーリングです。
    角質や表皮の奥にある真皮の部分にも届くので、深いニキビ跡などの肌トラブルの改善効果が期待できます。

  • 加齢によるシミやソバカスを効果的に除去『QスイッチYAGレーザー』
    出典 :銀座美容外科クリニック
     

    【メリット】
    ●肌質にかかわらず、誰でも治療可能
    ●ターンオーバーの正常化、新陳代謝の促進
    ●コラーゲンの生成を促進
    ●肌奥への照射が可能

    【デメリット】
    ●軽度の痛み、赤み(個人差あり)
    ●乾燥と紫外線の影響を受けやすくなる
    ●費用がケミカルピーリングに比べ割高

  • クリスタルピーリング、ダイヤモンドピーリング

     

    物理的なピーリングとは薬剤などを使用せずに、粒子の細かい粉末や器具などで物理的にこする・削る・磨くなどして皮膚の表面を均一にピールしさまざまな肌トラブルを改善させます。

  • 薬剤を使わない肌に優しい「ダイヤモンドピーリング」
    出典 : みやた形成外科・皮ふクリニック
     

    【メリット】
    ●肌質にかかわらず、誰でも治療可能
    ●ターンオーバーの正常化
    ●全身に使用可能
    ●副作用の心配がない

    【デメリット】
    ●乾燥と紫外線の影響を受けやすくなる
    ●ケミカルやレーザーピーリングに比べ回数が掛かる場合もある

  • 肌を再生させる方法その②「睡眠」

  •  

    ターンオーバーにおいて重要な役割をするのが「成長ホルモン」。
    様々な研究から、この成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されると言われています。つまり、寝ている間に肌のターンオーバーが起こり、肌は日々新しく生まれ変わっているのです。

  • 肌を再生させる方法その③「食べもの」

  • EGF(ヒトオリゴペプチド-1)を摂取

     

    ツバメの唾液腺の分泌物でできている「ツバメの巣」は、希少なEGFを多く含有していることが知られている天然食材です。