脂肪の吸収を妨げる食べ物♫まとめ

脂の乗ったお肉も揚げ物も大好き♡でも太るし体に良くないのは重々承知。サプリメントや特保飲料に頼らず脂肪の吸収を妨げる食べ物を知りたい!まとめてみました。

view396

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 大豆サポニン

  • 脂肪を吸収するのを妨げる食品

     

    大豆サポニンは肝機能低下を改善させる効果もあるとされているため、様々な病気の予防効果も期待されているそうです。水溶性の性質によって血液中の脂肪やコレステロールを代謝させ、血液をきれいにする働きがある

  • 体内の脂質の酸化を防ぎ、代謝・排出させる効果があります。
    出典 :脂肪吸収を妨げる成分
  • 大豆食品に含まれる

     

    豆腐や納豆・油揚げ・きな粉・おから・高野豆腐・豆乳・湯葉・味噌などから多く摂取することができます。サプリメントとしても販売されていますが、一日一杯の豆腐の味噌汁を実践したいですね。

  • キトサン

  • キトサンが吸着して排出を促す

     

    キトサンは消化吸収されない成分です。ですから、摂取されたキトサンは血液中を流れて排出されます。この血液中を流れる時に、キトサンは体内に吸収されることがなく、また、様々な有害物質を吸着すると言われています。そして、一度吸着された有害物質はキトサンに吸着されたまま、体内に吸収されることなく、体外に排出されることが知られているのです。

  • 本来なら体内に吸収されるはずだった脂質の吸収を妨げる効果があるのですね
    出典 :脂肪吸収を妨げる成分
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

  • 血液中のコレステロール沈着を防ぐ効果が知られています

     

    牛や豚の脂から摂取される飽和脂肪酸がコレステロールや中性脂肪を増やし、成人病の原因となるのに対して、不飽和脂肪酸は逆にコレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあることが知られています

  • 摂取しすぎると、血液が固まるのを阻害してしまう効果もあるため、その摂取には注意が必要です。EPAは熱にも強いため、調味した青魚からも摂取することができます。
    出典 :脂肪吸収を妨げる成分
  • 黒豆イソフラボン

  • アントシアニンが血液をさらさらにする

     

    黒豆にはイソフラボンだけでなく、アントシアニンも多く含まれているため、大豆よりも優れた食品なんですね。前述したように、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、とても女性にはありがたい成分なのですが、アントシアニンも大変美容効果がある成分です。血液をサラサラにする効果があり、活性酸素を減らす働きもあります。

  • 食物繊維

  • 脂肪を吸収せずに体外に排出させる効果と、脂肪燃焼を高める効果の両方がある
    出典 :脂肪吸収を妨げる成分
  • 全てが消化されないため、脂肪も一緒に排出させる

     

    全ての食物繊維は消化されません。
    食物繊維は腸で消化されずに体外に排出される。
    その時に同時に摂取した脂肪やタンパク質なども一緒に排出させるという働きもある。
    余分なものを吸収させずに排出させるため、便秘解消と摂取カロリーを抑える効果があるということになります。

  • 糖分の燃焼よりも体脂肪の燃焼を優先させる効果

     

    ダイエット効果を実感しやすいのが食物繊維。