低酸素に低栄養!?【胎盤機能不全症候群】酸素や栄養素足りてますか?

胎盤の機能が衰えてくるこの症状とはどのようなものなのでしょうか
酸素や栄養素がたりていますか?
低酸素や低栄養は良くないのです

view397

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 一体どんな病気なの?



  • どんな病気か
    .
     胎児は胎盤を介して母体から酸素や栄養をもらって大きくなりますが、その胎盤機能が低下したために胎児が低酸素・低栄養となり、いろいろな症状を起こすものです。
    出典 :胎盤機能不全症候群| 子どもの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    胎児にとてもよくないのがわかりますね

  •  

    胎児は胎盤を介して母体から酸素や栄養をもらって大きくなりますが、胎盤機能不全症候群とは胎盤の機能が低下して、赤ちゃんに酸素や栄養が十分に届かなくなり、発育が悪くなったり仮死状態になったりしてしまうことです。妊娠高血圧症候群や糖尿病、腎炎などの合併症がある場合に起こりやすいので、その兆候がないか常に注意深くチェックしていきます。

  • 胎盤の働きは以下の点

  • ●栄養や酸素を受け取る
    ●赤ちゃんの成長を助ける
    ●赤ちゃんに免疫を伝える
    ●お産に必要なホルモンを分泌
    ●細菌をシャットアウト
    出典 :胎盤機能不全症候群の症状と原因
  • 原因もちゃんとある

  • 胎盤機能不全症候群とは、胎盤の働きが何らかの原因によってうまくいかなくなり、胎児に酸素や栄養が十分に行き渡らなくなる状態です。
    胎盤機能不全症候群を引き起こす原因として、妊娠42週以上を経過しても分娩に至らない「過期妊娠」、母体が妊娠中毒症、腎炎、糖尿病などの既往症がある場合、高齢出産である場合などが挙げられます。
    出典 :胎盤機能不全症候群 / 病気診断.net
  • 胎盤の機能が低下し赤ちゃんへ充分な栄養や酸素が届かなくなるため、陣痛促進剤を投与しできるだけ早く分娩を終えるようにしますが、胎児の状態が悪化すれば帝王切開となる場合があります
    出典 :胎盤機能不全|プレママタウン
     

    悪化する前に何とかしたいですよね

  • 意外とすくないが経験している

  •  


    Q.いままでに胎盤機能不全を経験したことはありますか?(回答者数=1711名)



    胎盤機能不全と診断された方は1.1%。決して多い割合ではありませんが、特別なことでもありません。妊娠高血圧症候群が原因になることもあるので、食生活などには注意しておきたいものですね。


  • 36週の健診時に胎盤機能不全と診断され、即入院。翌日朝9時から、赤ちゃんの心音を聞きながら陣痛促進剤投与。夕方5時投与中断。子宮口わずか2センチ。分娩台で一夜明け、翌日9時から再び陣痛促進剤投与。子宮口を柔らかくする薬も何度か注射。赤ちゃんも何とか頑張ってくれて、帝王切開にならず、夕方5時に出産。



    snoopyさん[埼玉県]

    出典 :胎盤機能不全|プレママタウン

  • 毎回の尿の検査で胎盤機能不全と診断されましたが、特にひどい訳ではなかったので、毎度赤ちゃんの心拍を確認し、少しでも早く出産することを望まれました。(臨月に入っていたので)出産時に異常等はありませんでしたが、予定日を5日過ぎていたのに低体重児で生まれてきました。取り出した胎盤の結果、胎盤が2つに割れており、栄養が行き届かなかったのでは。。。とのことでした。我が子は元気そのものでした。



    よっぴぃさん[兵庫県]

    出典 :胎盤機能不全|プレママタウン
     

    低体重のリスクもあるのですね

  • 症状の出方もそれぞれ

  •  低栄養のため、やせて細長い体型、しわしわの皮膚、皮膚の亀裂や表皮の剥離(はくり)、大人びた顔、長い髪の毛、長い爪などがみられます。また、低酸素のため、胎内で胎便を排泄していることがあり、羊水が胎便でにごっていることがあります。そのために皮膚や臍帯(さいたい)が黄緑色に着色していることがあります。多血症(たけつしょう)や低血糖がみられることもあります。
    出典 :胎盤機能不全症候群 - goo ヘルスケア
  • 治療方法は

  • 低血糖、多血症など、合併する症状に対して治療を行います。
    出典 :胎盤機能不全症候群 - goo ヘルスケア
     

    合併症の方を重点的にされるそう

  • 胎盤機能不全症候群と認められた場合、出産前では陣痛促進剤を投与し、できるだけ早く分娩に至るようにします。
    胎児の状態が悪化する場合には帝王切開が選択されることもあります。
    また、胎盤機能不全症候群で生まれてきた赤ちゃんには低血糖、多血症など現れている症状に対する対症療法が行われます。
    出典 :胎盤機能不全症候群| 子どもの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    生まれた直後から症状があらわれているそうです
    早めに小児科に連れて行きましょうね