【生理前の肌荒れ原因】はこれ!

生理前は気分もダウンしたりイライラしたり、おまけに肌荒れまで!
これには原因があったのです!!!

view296

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理とホルモンバランスの関係

  • 女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、これら2種類のホルモンの分泌量は28日周期で変化します。
    生理が始まる直前の7日間は、黄体ホルモンの分泌量が最も多くなる、「黄体期後期」と呼ばれます。

    黄体期後期は、生理直前の不調期。黄体ホルモンの影響でお肌はオイリーになるので吹き出物ができやすく、紫外線にも過敏になるのでシミ、そばかすもできやくなります。身体はむくみやすく、心は揺れやすい不安定な時期です。
    出典 :生理前に肌荒れが起きやすいのはなぜ? | スキンケア大学
  • なぜ生理前になると肌トラブルを起こすのか

  • 黄体ホルモンには皮脂を増加させる作用があります。そのため、生理前に黄体ホルモンの分泌量が多くなることで、毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因となるのです。

    生理前になると、ニキビや肌荒れを起こすという方は、黄体ホルモンの影響によるものかもしれません。
    出典 :生理前に肌荒れが起きやすいのはなぜ? | スキンケア大学
  • 月経でなぜ肌荒れするの?

     

    女性には、毎月月経があります。月経には、女性ホルモンが大きく関わっています。生理後、女性ホルモンの一つである、卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンが分泌し始め、排卵の時期にピークになります。

    エストロゲンは、コラーゲンを生成を促したり、肌に張りを与えたりして女性らしさを作りだすホルモンなので、月経終了後~排卵直前のこの時期、女性は一番綺麗になると言われているのです。

    排卵後には、エストロゲンは減少して、次にプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが増えるのです。ここで、エストロゲンとプロゲステロンの量が急激に入れ替わります。このホルモンが入れ替わる時期が、肌荒れをする一番危険な時期なのです。

    プロゲステロンは、皮脂分泌を過剰にしたりする為、ニキビや肌荒れが起こりやすいといわれています。又、ホルモンバランスが乱れてしまう事により、イライラしたり精神的にも不安定になったりします。

    このように月経前には、女性らしさの基であるエストロゲンが減少し、肌荒れを起こしやすくなってしまうのです。そして月経中には、エストロゲンとプロゲステロンの両方のホルモンが、減少してしまいます。そこでも、また別の肌荒れの危険があるのです。

  • 生理前のスキンケア

  • 生理前はいつも以上に肌ケアには慎重になる必要があります。 朝晩の洗顔はしっかり行い、肌がべた付いているとしても、保湿ケアを十分にすることが大切です。もし、肌のべた付きが気になるようであれば、脂とり紙などで肌の脂分を押さえるようにしましょう。

    出典 :生理前に肌荒れが起きやすいのはなぜ? | スキンケア大学
  • この時期は紫外線にも敏感になっているため、紫外線対策はしっかりと行いましょう。
    しかし、同時にお肌が非常に敏感になっているため、新しい化粧品を試したり、シェービングやエステなどの特別なケアは控えるようにしてください。
    出典 :生理前に肌荒れが起きやすいのはなぜ? | スキンケア大学
  • 【排卵後~月経前のスキンケア】

    月経前には、エストロゲンとプロゲステロンのホルモン量が大きく入れ替わる時期で、お肌も心も不安定になります。体の中では、プロゲステロンが増える事によって、皮脂の分泌が増えてしまい、お肌はベタベタしやすい状況です。
    そのままにしておくと、ベタベタ皮脂に埃や細菌が付いて、ニキビなどのトラブルの原因になってしまいます。そこで、排卵日~月経前にかけての時期には、洗顔を小まめに行なうようにしましょう。そして、お肌は細菌が繁殖しやすい状況になるので、殺菌作用のある化粧水などを使う事も効果的です。
    出典 :月経中は肌荒れ注意!月経中の肌トラブルを起こさない為にすべきケア | 美容ブログ [女性の美学]
  • 【生理前の肌荒れの対策】

    ・毎日、規則正しく睡眠をとり、寝だめをしない。
    ・緑黄食野菜を摂るために工夫をする。
    ・ホルモンバランスを整える漢方薬を飲む(婦人科の先生に処方された場合)
    ・ウォーキングなどの軽い運動をする。運動をすると自律神経を安定させてくれ、
     ストレスに対する抵抗力を高めるのに役立つ。
    ・スキンケアはクリームなど油分の多い化粧品を控えて、保湿効果の高い美容液や
     ビタミンC誘導 体配合の化粧品を使いましょう。
    出典 :生理前の肌荒れの本当の原因は?|その対策を婦人科の先生にお聞きしました
  • 食事は“冷”より“温”

     

    生理前は女性ホルモンのバランスが崩れて新陳代謝の力が弱っています。脂肪燃焼が活発に行われないだけではなく老廃物も体に溜まりやすい時期なので、普段はツルンとした肌でも生理前になると肌が荒れてしまいます。体が水分や老廃物を外へ上手に排出できないので、汗をたっぷり流せるように体を内側からしっかり温めてあげましょう。飲み物は、冷たいものよりも温かいものを。食べ物も、冷えたものよりも温かいものを。毎食スープなどの温かい汁物を用意して食事の前に頂くのが正解です。内臓がしっかり温められるので代謝が上がります。冷蔵庫から取り出すものは、常温になってから食べる心がけも大切です。食べ始める15分位前に冷蔵庫から取り出しておくと良いでしょう。体を温める作用のあるショウガ、唐辛子、にんにく、カレー粉などの香辛料もふんだんに使うと、料理もおいしくなります。
    ただし、コーヒーやお茶などは、温かくてもカフェインが多く含まれているので体を冷やす飲み物です。生理前は避け、ハーブティーや麦茶などノンカフェインのものを選びましょう。(もちろんホットで!)

  • サプリを活用する

     

    代謝を上げるサプリを運動前に飲む人も多いですが、ホルモンバランスに左右されやすい女性は、体のサイクルに合わせてサプリを活用するのが賢い方法です。代謝を上げるサプリとしてLカルニチン、αリポ酸、ビタミンB群、アルギニン、カプサイシン等がありますが、生理前の肌荒れやむくみがひどい人はこれらのサプリを生理が始まる1週間前から摂取すると良いでしょう。活発な代謝を促せます。デトックスティーなどもおすすめです。

  • アロマトリートメントがおすすめ

     

    精油には実に様々な効果があることが科学的に証明されていて、リラクゼーションだけではなく、血行促進、冷え解消、皮脂の分泌調整、便秘改善、殺菌、消化促進、新陳代謝を活発にする、肌を柔らかくする、シワを予防するなどその効果は多岐に渡ります。リラックスしながら代謝を活発にしたり肌をキレイにできるのは、アロマトリートメントの最大の魅力です。
     
    生理サイクルに合わせて精油を選べば、生理前の様々な不快な症状も和らぐでしょう。そのためには、担当スタッフに体のサイクルを知ってもらうことも大切です。生理サイクルを記録しておくと良いですね。

  • 【運動と温浴で汗を流す】

    新陳代謝力が衰えていると、水分も老廃物も体に溜まりっぱなしです。代謝力が落ちているのなら、運動や温浴で汗をたっぷり流す機会を積極的に作りましょう。運動は、筋トレよりも汗をじっくりかける有酸素運動がおすすめです。生理前で体がだるくなっているのでジョギングのように走り込む必要はありませんが、汗がうっすら出るくらいの早歩きペースのウォーキングが良いでしょう。サイクリングや水泳でも良いですね。さらに、自宅で半身浴をしたり、施設を利用して岩盤浴、サウナで汗をしっかりかけば、体内の老廃物も水分もしっかり排出できます。
    出典 :何とかしたい!生理前の肌荒れ撃退策!
  • 最近は排卵の時期なども分かりやすく表示してくれる携帯アプリやサイトなどもありますね!
    上手に活用して自分の体が、どの時期にどのような状態になるのかを知ってスキンケアも小まめに変えてみましょう♪