なんと【ひば油】でしぶとい【アトピー性皮膚炎】が劇的に緩和される!?

良くなったり悪化したりと繰り返しのしつこいアトピー性皮膚炎。
病気ではなく、体質なので【完治】という事は難しいかもしれないが、なんと【ひば油】で劇的に緩和されステロイド剤から離れられた筆者の経験から元にまとめて書いていきたいと思います。

view8262

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • アトピー性皮膚炎とは?

  • アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が全身のいろいろなところにできることが特徴です。皮脂の分泌量が極端に少なく、角質層の水分を保つ力が弱い状態なのです。皮膚が乾燥しやすいだけでなく、バリア機能が低下しているため外からの刺激にとても弱くなっています。

    またアレルギーを起しやすい体質を持ち合わせている場合が多いです。良くなったかと思えばまた症状が悪化する、ということを繰り替えすことも特徴のひとつで、多くの方を悩ませます。
    出典 :アトピー性皮膚炎とは | スキンケア大学
  • アトピー性皮膚炎でみられる主な皮膚の症状

     

    ・乾燥…かさかさと皮膚の水分が少ない乾燥した状態。

    ・鱗屑(りんせつ)…フケのようなかさかさしたものが落ちる。

    ・紅斑(こうはん)…赤い腫れ。

    ・丘疹(きゅうしん)…ぶつぶつした小さなドームの形の盛り上がり。

    ・痂皮(かひ)…掻きむしった後にできるかさぶた。

    ・びらん…皮膚の浅い部分がはがれて、じくじくとただれた状態。

    ・苔癬化(たいせんか)…掻きむしることをくりかえして、ごわごわと皮膚が厚く硬くなってしまった状態。

  • 左右対称に現れることが多く、患者さんの年齢によって現れるパーツが変わってきます。

    乳児は主に頬や額で、ひどくなると胸や背中、手足に広がることも。もう少し大きくなったお子さんは、首の周りやひじの内側、ひざの裏側といった関節の内側にできやすくなります。成人は顔、首、胸、背中など、繰り返し引っかいてしまう手が届きやすい部分に、症状の重い湿疹ができやすい傾向があります。
    出典 :アトピー性皮膚炎とは | スキンケア大学
  • アトピー性皮膚炎の原因

  • アトピー性皮膚炎の原因は「はっきりと分かっていない」というのが現状。というのも、遺伝による体質であったり、欧米化した食生活、不規則な生活スタイル、ダニ・ハウスダスト・真菌などの環境因子、かきむしったり洋服ですれたりなどの物理的刺激、人によって原因が違うのです。また乳児では食べ物が関係する場合もあります。

    ちなみに、家族や自分にアレルギーを起しやすい体質があることを「アトピー素因がある」と言います。ですが、アトピー素因があってもアトピー性皮膚炎にならない人もいれば、アトピー素因がないのにアトピー性皮膚炎の症状が出る人もいます。ここからお分かりいただけるように、まだまだ分かっていないことが多い疾患なのです。
    出典 :アトピー性皮膚炎とは | スキンケア大学
  • 原因不明のアトピー性皮膚炎。でもこれでステロイド剤を辞められました。

  • 青森ひば

     

     ヒバは、ヒノキ科アスナロ属に属し、アスナロ属の変種としてヒノキアスナロとアスナロに分類され、日本にだけ分布している。
     青森県を中心とするヒノキアスナロは北方型、木曽地方を中心とするアスナロは南方型の二つに区分される。青森ヒバは、特にヒノキアスナロと呼ばれている。
     アスナロ属を植物学者が命名したのは、天保13年(1842年)に、シーボルトらによって木曽地方から採取されたものがアスナロと名づけられたのが初めてである。その後、明治34年(1901年)に、本多静六氏が青森地方から採取した標本を、牧野富太郎氏が、球果の形や色が違うことから、ヒノキアスナロと命名した。
     ヒノキアスナロやアスナロをいつ頃から「ヒバ」と呼んだかは、はっきりした記述はなく、東北森林管理局青森分局に保管されている文書では、明治41年の施業案説明書の中にヒバという名称が使用されている。東北森林管理局青森分局の「特定地域(ヒバ林)森林施業基本調査」によると、ヒバの呼び名は46種類に及ぶことが記載されている。

  • 青森ひば油とは?

  • 青森ひば油とは、青森県地方で育った天然の青森ヒバという樹から、水蒸気蒸留にて抽出された精油です。
    青森ヒバの樹にはヒノキチオールが多く含まれているのが特徴で、抽出された天然ヒバ油にも多くのヒノキチオールが含まれています。

    このヒノキチオールというのは、多くの細菌の繁殖を阻止する高い抗菌効果を持っていて、
    カビ類、蚊やシロアリ、ダニやゴキブリなど害虫の忌避効果、殺虫活性にも力を発揮します。
    出典 :青森ひば油って知ってますか? - ★碧色生活★働くママvs2歳児 - Yahoo!ブログ
  • 【青森ひば油の主な効果】

     


      *精神安定効果(アロマ効果)
      *抗菌効果 
      *防虫効果
      *消臭脱臭効果
      *植物活性効果  

  • 青森ヒバ油には、カビなどの多くの菌に対する抗菌性があることが判っています。
    この力は、青森ヒバ油に含まれるヒノキチオール等の成分によるもので、ひのきやすぎ等の樹木に比べて抜群の効果を発揮します。また、抗菌スペクトルが非常に広いこと、カビや腐朽菌に対して特に活性が高いこと、耐性菌の出現を許さないという特徴があります。また黄色ブドウ球菌を例にとると、1リットル中に青森ヒバ油が僅か0.8g入っていれば黄色ブドウ球菌が近寄れないことが判っています。
    出典 :青森ひばが、アトピーの症状を緩和します.(有)みずほ工務店
  • ひば油とヒノキチオールの各種菌類に対する最小発育阻止濃度

  • 【青森ひば油の使い方】

     

    *お風呂に:お風呂のお湯に数滴落とす
     <リラックス効果・抗菌効果・体臭予防・アトピー緩和>

    *台所に:水やアルコールで薄めてスプレーする 
     <抗菌防虫効果>

    *洗濯に:すすぎ時に数滴落とす
     <抗菌・消臭効果>

    *押入れ・タンスに:水などで薄めてスプレーする
     <抗菌防虫効果・芳香>

    *部屋・車の中に:コットンに数滴しみ込ませて置く
     <芳香・消臭・リラックス・安眠>

    *肌に:ベースオイルに混ぜて塗る、水などで薄めてスプレーする
     <保湿・虫除け>

  • ヒバ油に含まれているヒノキチオールの効果が、さまざまな分野で注目を集めている中、青森市で27日、ヒバ油の有効活用に関する講演会が開かれた。講演会では、4人の専門家が医療面での活用の可能性を取り上げたが、この中でヒノキチオールが院内感染の原因となっているMRSA(抗生物質に抵抗性のある黄色ブドウ球菌)に効果があることや、子供のアトピー性皮膚炎にも効能があることなどが報告され、約200人の出席者の関心を呼んでいた。

    出典 :MRSA
     


    院内感染予防で注目 青森で講演会 アトピー性皮膚炎にも 

  • 昭和63年 青森県工業試験場では青森ひばの有効活用を図るため「ひば油開発研究プロジェクトチーム」を 結成し、岡部敏弘研究員をリーダーに、これまでの暗赤色のひば油とは異なる清澄な色調のひば油の抽出装置の開発、 ひば油の形状での用途開発に取り組み、一定の効果を上げた。
    折りしも、天然物質志向ブームになかで急激にひば油の需要が高まり、 平成に入り生産量が20トンを越え、新たな用途として浴用剤、りんご腐乱病防除、防腐・防蟻剤、 みつばち病防除、MRSA対策剤、アトピー性皮膚炎沈静等に関心がもたれている。
    出典 :株式会社 北秋:ひば油関連
  • 取り扱い中意

     


    ひば油のヒノキチオールは金属と反応しやすいので金属の容器に入れると赤く着色します。そのため、 ポリ缶などの金属ではない容器に入れて使用して下さい。また、金物には多量に塗布しないでください。

  • 早い人で3日、遅くて半年で効果アリ!?

  • こんなうたい文句で紹介されていたこちらの製品。ちなみに個人差はあると思います。

  • ちなみに筆者が使用した【ひば油】はコレ

     

    森の泉 天然ヒバ芳香液

    800円(税別


    芳香液で充分効果がありました。

    というか、これ芳香液だったんですね。はじめて知った。

    適度な温度のお風呂のお湯に、適量注ぎ入れ
    よく混ぜるとヒバの良い香りが広がります。

    筆者は入って3日目頃からなんとなく効果が出始め、
    2週間で完全にアトピーが嘘のように引いて行きました。

    その間、ステロイド剤も我慢しました。




  • こちらが天然ひば油

     

    大:1000ml 12,000円(税別)

    小:10ml 400円(税別)



    天然物は結構値が張ります

  • 天然ヒバ油の使い方

  • ◆芳香オイル(アロマオイル)として
    アロマテラピー用エッセンシャルオイルとして、アロマポットなどにてご使用ください。
    さわやかなヒバの香りで、リラックス!
    出典 :天然ヒバ精油の使い方:天然ヒノキ油・ヒバ油・天然樹木油販売・通販のイーストエコ
  • ◆お風呂に
    お風呂のお湯に数滴落とし、軽くお湯を混ぜると ひばの香りが広がります。
    天然ヒノキチ オールが、お肌の雑菌を抑制し、清潔に保ちます。
    また湯冷め防止効果もございます。
    出典 :天然ヒバ精油の使い方:天然ヒノキ油・ヒバ油・天然樹木油販売・通販のイーストエコ
     





  • ◆スキンケアオイルとして
    スキンケアオイル作成時、ベースオイルにヒバ油を添加しご使用ください。天然ヒノキチオールなど精油成分の抗菌効果で、お肌の雑菌などを抑制し、お肌を清潔ですべすべに保ちます。
    出典 :天然ヒバ精油の使い方:天然ヒノキ油・ヒバ油・天然樹木油販売・通販のイーストエコ