近年受け入れられつつある【性同一性障害】

偏見を持ってみる事はいけない
性同一性障害
これで悩んでいる人は意外と多いのです

view449

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どのようなものなの?

  • 反対の性に対する同一感と、自分の性に対する不快感及び性役割に対する不適切感が、強く持続している障害。子供の場合は、反対の性の服装や遊びを強く好み、自分の性器を嫌悪したり否定したりする。第2次性徴は違和感を強めることとなり、青年期・成人期に、自らの身体的な性からの解放・修正(ホルモン療法や手術)を求めるようになる。性同一性形成には、成育環境などの心理社会的な要因もあるが、近年では脳の性別化という視点も注目されている。
    出典 :性同一性障害 とは - コトバンク
  •  

    芸能人でも、この障害の人もいます
    偏見で見る人も少なくなってきましたが
    まだまだ浸透はしていないでしょう

  • 症状は?

  • 大きく分けると3つになります
    同性愛と服装倒錯症とは違いますよ

  • 自らの性別を嫌悪あるいは忌避する
    自分の性器が間違っている、成人になれば反対の性器を持つようになるであろうなどと主張したり、自分の性器はなかったらよかったのにと考えることもあります。
    また、2次性徴期には、男性では声変わりがしたり、喉仏が目立ったり、肩幅が広く、筋肉が張ってくる、陰茎が大きくなるなど、女性では体つきが丸みを帯び、月経が発来したり、乳房が膨らむなどの変化が起こります。こうした男らしい、あるいは女らしい体つきになることに対する嫌悪感や忌避の気持ちが強くなります。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    隠そうと、すねげをそったりするのもこれですね

  • 反対の性別に対する強く、持続的な同一感を抱く
    自分の存在そのものを、自らのジェンダーと同一化したいと願い、反対の性別になりたいと強く望みます。そのために、反対の性別の服装(異性装)をしたり、反対の性別としての遊びを好みます。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    異性との遊びを好んだり、異性の服装をしたいと望む事です
    しっくりするための反動行動と言えるでしょう

  • 反対の性別としての性別役割を果たそうとする
    日常生活の中でも反対の性別として行動したり、義務を果たしたり、家庭や職場、社会的人間関係でも、反対の性別として役割を果たそうとします。また、言葉遣いや身のこなしなど、様々な点で、反対の性別として役割を演じることを希望し、実際そのように実行します。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    女っぽいな
    男っぽいな
    を超えた範囲で行う場合があります

  • 性同一性障害と同性愛、服装倒錯症の違い

    性同一性障害は、同性愛と混同して考えられることが少なくありませんが、両者はまったく別のことです。すでに述べたように、性同一性障害は、自らの性別に関するジェンダー・アイデンティティの問題です。一方、同性愛は性対象として同性の相手を選ぶことを意味しています。したがって、性同一性障害を有する人の中には、異性愛の人もいれば同性愛、あるいは両性愛の人もいます。
    また、性同一性障害では反対の性別の服装をしたり、装飾品を身につける「異性装(服装倒錯症)」がみられます。しかし、異性装をするからといって、性同一性障害とは言えません。
    自分の性別とは反対の服装をする人たちは昔から知られており、一般に異性装と呼ばれていました。20世紀の初め頃、異性装をする人達を学術的に服装倒錯症(transvestism)と呼ぶようになりましたが、その後、異性装によって性的快楽を得る人の他に、自らの生物学的性別とは異なるジェンダーを有する人が、反対の性別の服装を身にまとおうとすることが明らかになりました。
    このように、異性装をする人たちの中には、性的快感を得るための場合と、反対の性別に帰属することを求める場合があります。性同一性障害では、性的快感を求めるためではなく、自らのジェンダーに合った服装をすることを願うために異性装をします。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    別物です
    しっかりと理解しておくようにしましょう
    一緒に考えている人が多いようですが
    色々と理解が変わり、きちんと別物で考える事が出来るようになりました

  • 診断方法は4ステップ

  • 生物学的性(SEX)の決定
    染色体検査、ホルモン検査、内性器、外性器の検査を行って、生物学的性別は、正常な男女のいずれかの性別であることを証明します。
    ジェンダー・アイデンティティの決定
    生育歴、生活史、服装、これまでの言動、人間関係、職業などに基づいて性別役割の状況を調べ、ジェンダーの決定をします。
    その上で、生物学的性別とジェンダー・アイデンティティが不一致であることを明らかにします。
    その際、次のような除外診断に該当しないことを確認します。
    性分化疾患などの異常はない
    精神的障害はない
    社会的理由による性別変更の希望ではない
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
  •  

    中々判断がつき難いのですが
    基本敵には精神科医2名の診断によって
    確定します

  • 具体的な治療法は

  • 精神療法
    これまでの生活の中で、性同一性障害のために受けてきた精神的、社会的、身体的苦痛について十分な時間をかけて聞き、いずれの性別で生活するのが本人にとってふさわしいかの決定・選択を援助します。また、選択した性別で生活することを支援することも精神療法の段階で必要なことです。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    精神的サポート
    カミングアウトの検討
    実生活経験
    精神的安定の確認
    を精神療法としています

  • 選択した性別に対する持続的で、安定した適合感があり、第2段階に移行するための条件を満たしていること。
    十分な身体診察、必要な検査を行い、ホルモン療法に支障がないこと。
    ホルモン療法の手技、効果と限界、起こりうる副作用について十分な説明を行い、文書で同意を得ること。
    家族、パートナーにもホルモン療法の効果と限界、起こりうる副作用について十分な説明を行い、納得を得る努力をすること。
    年齢は満18歳以上であること。(注)
    ホルモン療法中の乳房切除術も容認する。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    以上の事を内分泌療法と呼びます
    しっかりとガイドラインがあります

  • ・精神療法(1st)  健康保険可 千数百円(1回)X10数回~
      自分史作成(患者自身)
      意見書1(1stオピニオン)作成    \6,000-

    ・精神療法(2nd)
      意見書2(2ndオピニオン)作成    \3,000-

      心理検査
      性染色体検査    \4,300~6,500-
      身体的性別の診断 (MtFは泌尿器科、FtMは婦人科で)
      ホルモン治療の同意書
      未成年(18歳以上)は親の承諾書、既婚者はパートナーの承諾書が必要となります。
    この段階で改名への医師からの意見書の提出が可能となります。
    出典 :性同一性障害の治療の流れ
     

    費用の参考です

  • 芸能人やモデル

  • ・はるな愛
    ・椿姫綾菜
    ・諭吉
    ・佐藤かよ
    ・中村中
    まだまだいますが
    芸能人やモデルでも、症状を受け入れて
    お仕事をされている事があるのです

  •  

    偏見で見るのはよくありません
    みなそれぞれ、一人の人として生きています
    性別はそこまで重要な事でもなさそうです
    一個人を尊重する事が
    大事な事だと思います