花粉やハウスダストが原因の涙目に効く目薬は?

市販の目薬の中には、涙目に効く目薬がいくつかあります。
涙目の大きな原因と言えば、花粉やハウスダストなどのアレルギーではないでしょうか。
アレルギーによる涙目に悩んでいるなら、これらの市販の目薬を試してみましょう。

view67

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 涙目はアレルギーのせい!?

  •  

    最近では、涙目の症状に悩まされる人が増えていると言われています。
    その原因は、アレルギーにあります。
    日本人の約30%の人は、何らかのアレルギーを持っています。
    中でも、目はアレルギーの症状が表れやすい部位なのです。
    その理由は、目は常に外の空気に触れており、尚且つデリケートな部位だからです。
    また、一度アレルギーの症状が表れてしまうと、改善するのには長い期間が掛かってしまうという特徴があります。
    そのため、アレルギーによる涙目は何らかの対策が必要になるでしょう。

  • ◆ 季節性アレルギー性結膜炎
    ◆ 通年性アレルギー性結膜炎
    出典 :アレルギーによる目の病気
     

    アレルギーによる病気と言っても、原因によって2つに分けられます。
    まず、季節性アレルギー性結膜炎とは主に花粉症のことを指します。
    原因となる植物によりますが、症状が表れるのは一定の期間だけです。
    それ以外の期間は全く症状が表れないという特徴がある病気です。
    一方で通年性アレルギー性結膜炎は、1年中アレルギーによる症状に悩まされる病気です。
    原因となるのはホコリやダニなどのハウスダストです。
    ペットを飼っている場合には、ペットの毛が原因で通年性アレルギー性結膜炎になることもあるようです。
    どちらも共通して涙目や目のかゆみなどの症状がありますが、どんな時に症状が表れるかによって分けられているのです。

  • 涙目に効く目薬はコレ!

  •  

    アレルギーによる涙目に悩まされている場合、効果的なのが目薬です。
    最近では、涙目に効く目薬にも様々な種類があります。
    どんな目薬が効果的なのか、見ていきましょう。

  • ロートクリア
    異物感(コロコロ・チクチクする感じ)、目のかゆみ、結膜充血、なみだ目、目やにの多いときの目のかすみ
    出典 :ロートクリア | ロート製薬: 商品情報サイト
     

    ロート製薬のロートクリアはアレルギーによる涙目に効く目薬です。
    同じくロート製薬のロートアルガードクリアブロックも涙目に効果があるそうです。
    花粉やハウスダストによるアレルギー症状がある場合には、試してみる価値があるのではないでしょうか。

  • 涙目に効く目薬は他にもいくつかあります。
    大正製薬のアイリスガードP、千寿製薬のマイティアアイテクト、久光製薬の眼涼アルファーストEXなども試してみる価値はありそうです。
    これらの涙目に効く目薬に共通しているのが、プラノプロフェンという成分が含まれていることです。
    このプラノプロフェンとはどんな成分なのでしょうか?
    プラノプロフェンには、目の炎症を抑える効果があります。
    そのため、眼科などでもアレルギーの症状に対してよく使われる成分なのです。
    季節性アレルギー性結膜炎も通年性アレルギー性結膜炎も目が炎症を起こしている状態です。
    この炎症の原因となっているのが、プロスタグランジンと呼ばれる物質です。
    プラノプロフェンには、炎症の原因物質であるプロスタグランジンの働きを弱める効果があります。
    このようなことから、涙目に効く目薬を選ぶならプラノプロフェンが配合された目薬がおすすめです。

  •  

    市販の目薬を使う際には使用上の注意をよく読み、使い方や回数を守って使用しましょう。
    また、コンタクトレンズを装着したまま点眼できるものとそうでないものもあるため、コンタクトレンズを使用している人は注意が必要です。
    万が一、市販の目薬を使っていても涙目の症状が改善されない場合は、眼科医の診察を受けることをおすすめします。
    診察を受ける目安としては、目薬を使い始めてから2日から3日です。
    このような場合、涙目が何らかの目の病気のサインとなっているかもしれません。
    眼科医で診察を受ける際には、使っていた目薬を持参し眼科医に伝えましょう。